北海道の冬道はFFでも大丈夫?道民が4WDを選ぶ理由!

本記事では、北海道の冬道をFFで乗り切れるかについてご紹介します。

また、道民が4WDを選ぶ理由についてもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

なお、自動車のFFとは、フロントエンジン・フロントドライブ(Front Engine・Front Drive)の頭文字を取った略称です。

エンジンが自動車の前方にあり、前輪駆動の方式を取っている自動車の事を言います。

北海道の冬は、FF車では乗り切れない

結論から言うと、運転に自信がないのであれば北海道の冬をFFで乗り切るのは危険です。

FF車でも、運転技術があれば北海道の冬を乗り切ることは可能ですが「道外からの旅行」「転勤」など雪道の運転に慣れていない方であれば、FFはお勧めできません。

安全かつ、トラブルを少しでも避けて北海道の冬を乗り切りたいのであれば、断然4WDをおすすめします

FFのメリット

車内空間を広くしやすい

エンジン・駆動輪の両方が前方にあるため、前方後方の車輪を繋ぐドライブシャフトを設ける必要がなく、車内空間を広くとることが出来ます。

コストパフォーマンスが高い

他の駆動輪よりも使用する部品が少ないため、圧倒的に製造コストが安く抑えられ、比較的に購入金額も安くすることが出来ます。

また、共通の部品を使用することができるため、広く普及しているFF車は部品開発の手間を省くことができ、開発費の削減にもなります。

FFはFR(後輪駆動)よりもスタックしにくい

4WDには敵いませんが、FF車は駆動輪の上に重たいエンジンが載っているため、後輪駆動に比べるとトラクションがかかりやすいのが特徴です。

燃費が良い

基本的にはパーツが少なく、車両自体も軽くなるため少ないパワーで走行することが出来ます。

また、エンジンからの駆動力が直接駆動輪に伝わるため、部品同士のパワー損失を防ぐことが出来ます。

FFのデメリット

FFは冬道の発進に弱い

FFは4輪あるうちの前方のみを使用しているため、発進時に前輪が滑ってしまうと全く進むことが出来ません。

パワーを分散させることもないため、アクセルの踏み込む量が少しでも多いと空転してしまい発進が出来ない状態となります。

FFはカーブで膨らみやすい

カーブで膨らんでしまう現象はアンダーステアと呼ばれ、駆動輪で操縦するFF車特有のデメリットです。峠などスピードの出やすくカーブの連続する道では、運転しにくいため疲れてしまう可能性があります。

アンダーステアを起こさないためには、通常よりもスピードを落としてカーブに進入する必要があります。

FFは冬の坂道など上りに弱い

平地ではエンジンの重みがそのまま駆動輪に乗っていても、坂道では重力の関係上前輪にトラクションが掛かりません。

そのため地面に思うように力が伝わらず、冬の坂道では登坂力が弱いのが特徴です。

FFはスタックからの脱出が難しい

北海道では、ほぼ毎日のように豪雪が降る地域もあり除雪が行き届いていない場所も多々あるのが現状です。

スタックするのは日常茶飯事でもあり、FFは一度スタックしてしまうと自力で脱出するのは難しいため注意が必要です。

北海道民が4WDを選ぶ理由

あまり車に詳しくない子どもや女性でも、4WDが冬道に強いのは、知っていて当たり前とも言えるのではないでしょうか。

そんな中、「4WDこそ危ない」「4WDのメリットは発進だけ」といった声も聞こえてきて、実際はどっちなのか分からなくなる方もいると思います。

実際、4WDが他の駆動よりも1番冬道に向いている事実は変わりませんが、4WDに乗っているから大丈夫だと勘違いをして無謀な運転をしてしまうことが危険だと言われる要因です。

大切なのは性能が高い自動車に乗り、過信せずにしっかりと安全運転を行うことです。

発進がしやすい

FF(前方エンジン/前輪駆動)・FR(前方エンジン/後輪駆動)・MR(後方エンジン/後輪駆動)などに比べると4WDは4輪全てが駆動輪です。そのため、前輪が滑っても後輪で進む、後輪が滑っても全輪で進むといったことが可能です。

また、4輪でパワーを分散させることにより初めから空転しにくくすることが出来るため、交差点などツルツルに磨かれた道路でも空転が起こりにくいのが特徴です。

登坂力が強い

緩やかな勾配ではあまり大差がなくても、北海道は山が多いため遠出する際には峠を越えなければならない場合が多々あります。

勾配がキツイ道では、前輪駆動・後輪駆動ともに上れずバックして戻らなければならない場合もあるため北海道では4WDが重宝します。

スタックしにくい/牽引ロープでの救出が可能

北海道では豪雪が降ることや除雪が追い付かない場所などが多いため、公道でスタックしてしまうことも多々あります。

自分がスタックしたくないのはもちろんですが、スタックしている人を助けることが出来るのも4WDの魅力です。

ニュースで豪雪が騒がれているようなときには、同じ場所で何台も立ち往生していたり駐車場から動かせなくなってしまったりとトラブルばかりです。

機能のバランスが良い

いくらFFが直進性能に優れているといっても、「街中で信号のたびに発進が上手くいかない」「遠出する際に坂を上らない」のでは意味がありません。

大雪が降るたびに、「自宅から出られないので仕事に遅れます」では信用を失うことになります。致命的な欠点がないことこそ、道民にとって最大の4WDを選ぶメリットとも言えるでしょう。

ポイント
道民はFFやFRを体験した失敗を得て4WDに移行していくことが多い。北海道で過ごす上で最もトラブルが起こりにくいと言える。

「車体が重ければ重い分、スピードが出ていると止まりにくい」など4WDにもデメリットはあり、意識することで対処することが出来る。(冬道はスピードを出さずゆっくり走る)など。

北海道へ移住するなら4WDに乗り換えるべき

基本的に、雪が一切降らない地域であれば4WDに乗っている人は少ないかもしれません。わざわざお金を掛けてでも乗り換えるべきなのか悩んでしまう方も多いと思います。

事故が起きて車が壊れて膨大な修理費が掛かったり、怪我をして入院をしたり、最悪の場合には命を落としてしまうこともあります。

自分や家族を守り、周りの人間を巻き込まないためにも、乗り換えに掛かるお金は必要な出費と考えましょう

北海道の冬道はFFでも大丈夫?道民が4WDを選ぶ理由まとめ

結論から言うと、運転に自信がないのであればNOです。FFでも、運転技術があれば北海道の冬を乗り切ることは可能ですが「道外からの旅行」「転勤」など雪道の運転に慣れていないのであれば、FFはお勧めできません。

安全かつ、トラブルを少しでも避けて北海道の冬を乗り切りたいのであれば、断然4WDが優れており北海道の冬に慣れていない方にもおすすめです。

北海道では、夏の燃費の良さを削ってでも4WDを選ぶことがあります。

致命的な欠点がないことが、道民にとって最大の4WDを選ぶメリットと言えるでしょう。

もしも4WDではない自動車を所有していて、慣れていない冬道を運転するのであれば「長期的であれば乗り換え」や「短期間ならレンタカーを借りる」などが安心です。

ただでさえ引っ越しや旅行費など出費が大きい時に自動車にもお金を掛けるのは大変です。

自分や家族を守り、周りの人間を巻き込まないためにも、乗り換えやレンタルに掛かるお金は必要な出費と考えましょう。

乗り換えであれば買取業者を利用することで、下取りよりもお得に自動車を入れ替えることが可能です。

複数の業者に査定してもらい最高値で手放すことが出来ます。

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

実際の査定額を公開!

事例1:トヨタランドクルーザーの買取相場
事例2:日産エルグランドの買取相場
事例3:ダイハツムーブの買取相場
相場を知って愛車を一番高く売ろう!車買取の一括査定サービスの利用をおすすめ!


車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。