過走行車・多走行車の買取で高額査定は得られる?そもそも値段はつくの?

今回は多走行車や過走行車を高く売る方法についてご紹介します。

国内市場で多走行の中古車が不人気なのは確かですが、スクラップしかないというわけではなく、査定で高い値段が付くこともあるんですよ。

下取りや廃車にして大損しないよう、多走行の車を高値で売却するコツを詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

過走行車・多走行車でも買取査定なら価格が付く!

ポイント
買取査定では、需要さえあればどんな状態の車でも高額査定されます!

走行距離が多いと価値はないと考えている人は少なくありませんが、多走行車・過走行車でも買い取ってくれる業者は多く、高額売却できるケースも多いです。

買取業者が多走行車・過走行車を買い求めている理由は、走行距離が多い車にもそれだけの価値があるからです。実際に、買取査定で走行距離10万㎞・10年落ちの車に100万円以上の査定額が付くケースも珍しくありません。

買取査定で走行距離は人気を表す数値です。走行距離が多い=人気がない、のかというとそうでもありません。

人によっては、多走行車・過走行車は「寿命が近い」、「故障が多い」などと敬遠されることもありますが、走行距離の多い車は「通常よりも安く買える」という大きなメリットがあります。

多走行車・過走行車の高額買取を実施している買取業者は全国に数多く存在していますので、より高く売れる業者を探すことが大切です。

そもそも多走行車・過走行車の定義とは?

車査定では走行距離に応じて評価されることをご存知の方は多いと思います。

自動車業界で標準的な車の走行距離は1年間で8,000㎞~1万㎞とされています。そのため、車査定では日本自動車査定協会が定めた「1年で1万㎞」を基準としています。

つまり、世間一般で言われている走行距離が10万㎞を超えると多走行車・過走行車になるわけではありません。そもそも、多走行車・過走行車は中古車業界の査定の目安として設けられた言葉です。

補足説明
極端に言えば、車査定では15年で10万㎞の車は多走行とはならず、2年で3万㎞の車は多走行車・過走行車として扱われてしまうということです。

車査定で走行距離が重視される理由

買取査定では、中古車の価値を決めるポイントとして走行距離が重視されます。

車査定で走行距離が重視される理由は、走行距離が多くなると車の耐久年数が短くなり、多走行車・過走行車は中古車としての人気が下がってしまうからです。

そのため、多くのケースで走行距離の多い車は査定額がマイナスされてしまいます。

どれくらいマイナスされるかというと、2015年式のグレードAのプリウス(走行距離5万㎞の相場は約160万円)を例とすると、走行距離1万㎞の車と10万㎞で相場に50万円程度の差が付きます。

ご注意
ただし、車は適度に走らせる必要があります。エンジンは適度に回さないと回らなくなるからです。

ですので、走行距離が少なければ少ないほど高く評価されるわけではありません。例えば、3年落ちの車で走行距離が3,000㎞しかないとマイナス査定されることもあります。

10万㎞・20万㎞を走った車でも非常に価値がある

10万㎞・20万㎞を走った車は価値がないと考えている人も多いですが、実際は10万㎞・20万㎞超えの車でも非常に価値があります。

日本車は頑丈に作られていますので、自動車メーカーからも定期的なメンテナンスを行っていれば走行距離30万㎞以上は余裕で持つと言われています。

もちろん、車に特定の寿命はありませんが、実は、10万㎞・20万㎞の走行距離が車の寿命と考えているのは世界中で日本だけです。

補足説明
海外では、車を30年くらい使い100万㎞程度は走るのが常識で、完全に動かなくなるまで使います。

つまり、日本で車の寿命と言われている走行距離が10万㎞・20万㎞の車は、海外ユーザーからすればまだまだ新しくこの先も長く使える非常に価値のある車なのです。

走行距離10万キロの車でも、買取や下取りをしてもらえますか?

どれだけ走っても車の価値がゼロになることはない

日本の車はどれだけ走って動かなくなってしまっても、使える部品が数多く残っています。また、車が壊れても故障した部品の交換を行えばエンジンやボディの性能を蘇らせることができます。

さらに、最近は車の再生技術(リサイクル技術)がかなり向上しています。

リビルドエンジンやリビルト部品を利用してエンジンの載せ替え又はオーバーホールすることで、車の状態をリセットし元気に走らせることができます。

そもそも、車は鉄としての価値があります。スクラップ業者に依頼すれば大破した車でも数万円で買い取ってくれます。

自動車業界では、古くてボロボロの車を買い取ることに特化していて、再び使用できる状態まで直してから再販する業者も多いです。

走行距離が多いから、年式が古いからと言って安く買い叩いてくる業者には注意が必要です。

多走行車・過走行車といった一見廃車寸前の車でも価値があります。こちらの記事もどうぞ!

古いポンコツ車が下取りしてもらえる理由!車を処分する良い方法とは?

海外市場で大人気!日本製の多走行車・過走行車

耐久性に優れた日本車は海外で非常に人気があり、世界中で日本車が元気に走り回っていることはご存知の方も多いと思います。

海外では新車市場より中古車市場の方が大きく、ブランド価値が高く品質が保証された日本製の中古車は世界中の市場で取引されています。

特に、日本で定義される多走行車・過走行車は、品質のある日本の中古車を安く入手できるため爆発的人気があります。

日本車の耐久性は世界トップレベルです。さらに、ほとんどの中古車が時期尚早に売却されてしまうため、この先も長く使えます。

このように、日本の中古車が人気の秘密は、海外ユーザーが求める条件が整っているからです。

今も拡大を続けている世界の中古車市場で大人気の日本車は、国内相場以上の高値で取引されています。しかし、需要に対して供給が追いついておらず品薄状態が続いています。

そのため、今後も価値が下がることはなく、日本製中古車の価格相場は上昇傾向にあります。

過走行車・多走行車は、「下取り」や「廃車」にしてしまうと大損する

買い替えを検討している人は、今乗っている車を下取りや廃車にしてしまうケースが多いですが、下取りや廃車にしてしまうと大損することになります。

そもそも、ディーラーや廃車業者は車本来の価値で買い取る業者ではありません。

新車代金の一部として割り引いたり、エンジンやボディなどを鉄くずとして買い取る業者です。

下取りを利用すると、多走行車・過走行車は0円査定される

下取りは、車を販売するディーラーが古い車を引き取るサービスですが、10万㎞超えの多走行車・過走行車は価値がないとして0円査定されることがほとんどです。

下取り査定では基本的にプラス査定(加点)はありません。年式や走行距離、内外装のキズやヘコミを細かくチェックしてマイナス査定(減点)していきます。

そもそも、ディーラーは中古車を高く売れるルートを確保していません。

下取りは相場が最も低いオークション基準を用いていますので、買取では高い値段が付く車でも0円で引き渡さなくてはならないケースも珍しくありません。

ご注意
さらに、車を渡しても1円もお金にならないどころか、ディーラーによっては廃車料金として2万円程度を値引き額から差し引きするケースもあるので注意が必要

廃車にするより、「売却」した方がお金になる

廃車という選択はおすすめできません。

廃車として引き取った業者は、スクラップとして市場に出す以外にも、エンジンやボディーパーツを外して使える部品を車買取・販売店や中古パーツ業者に再販していることをご存知でしょうか。

特に、純正のパーツやカーナビ、マフラーなどは高値で取引できますので、廃車業者は一切リスクを負わず多くの売上を獲得しています。

廃車にすると下取りに出すよりは高く売れますが、鉄くず以上の値段が付くことはありません。

廃車にするよりも、車の買取業車に売却した方が明らかに高値で売れます。

多走行車・過走行車を下取りや廃車に出してしまうと大きく損をする可能性が高いです。まずは買取査定を受けて、どれくらいの値段で売れるのかをチェックしてみましょう。

過走行車・多走行車を少しでも高く売る方法は、買取業者への売却

買取業者であれば多走行車・過走行車でも高く売れる可能性があります。

諦めてしまわずに少しでも高く売ることに専念することが大切です。

買取業者は中古車の買取を専門とするプロの業者です。日本で不人気の多走行車・過走行車でも海外ルートを活用して高く販売することが可能です。

もちろん、正常に動かない場合でも中古エンジンや中古パーツとして販売することができます。

ただし、買取業者はそれぞれが独自の強みを持っていますので、依頼する業者によって査定額に差が付くことがあります。特に、多走行車・過走行車の場合はこの差がより大きくなってしまいます。

補足説明
買取業者に多走行車・過走行車を高く買い取ってもらうためには、自分の車に適切なお店を選ぶ必要があります。

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

実際の査定額を公開!

事例1:トヨタランドクルーザーの買取相場
事例2:日産エルグランドの買取相場
事例3:ダイハツムーブの買取相場
相場を知って愛車を一番高く売ろう!車買取の一括査定サービスの利用をおすすめ!


車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。

過走行車・多走行車の売却まとめ

今回は、今日は多走行車・過走行車は買取査定でどう評価されるのか?

そして、多走行車・過走行車を高く売るにはどうすればいいのか!?という点について紹介しました。

多走行車・過走行車は「価値がないので高く売れない」と思っている人も多いですが、実際はとても価値のある車です。

下取りや廃車ではなく、買取業者に売却することで多走行車・過走行車を高く売れる可能性があります!

愛車を最高額で売却するためにも、買取サービスはぜひ利用してみてくださいね!