車買取と下取りの違い、それぞれのメリット・デメリットを把握しよう!

本田ノリオ
今、新車の購入を考えているんですけど、車を売るときの「車買取」と「下取り」の違いはなんですか?それぞれのメリット・デメリットも教えてほしいです。
一ノ瀬スバル

車買取は、買取業者に中古車を高く買い取ってもらう方法だよ。下取りは、新車を購入するディーラーに今まで使っていた中古車を引き取ってもらう方法だよ。

そもそも、車買取と下取りはサービスの内容が全く違うんだ。利用するメリット・デメリットも大きく違うので、どちらを選べばいいのかはそれぞれのメリット・デメリットを把握しておくことがポイントだよ!

本田ノリオ
新車購入のときに失敗しないためにも、車買取と下取りの違いとメリット・デメリットについて詳しくお話してもらってもいいですか。
一ノ瀬スバル

じゃあ今日は、車買取と下取りの違い、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく説明しようか。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

車買取と下取りの違い

ポイント
車買取と下取は似ているようで実は異なります。車買取と下取り、それぞれのサービス内容を理解して、目的に合わせた正しい使い分けを覚えておくことが大切です。

車買取は、今まで使っていた車を中古車買取店に買い取ってもらうサービスです。下取りは、新しい車に買い替える際に、今まで使っていた車をディーラーに引き取ってもらうサービスです。

車を売ることに特化した買取

車買取では「車を売る」ことに特化した様々な要素が盛り込まれています。車買取店は中古車を買い取り、手を加えて価値を高めた後に販売することで利益を生み出すというサイクルを繰り返しています。

ネットでは、中古車の買取業者は「安く買って高く売るのがフツー」という書き込みもありますが、実際の車買取業界は、市場規模が巨大かつ業者間の競争が激しいので、利用者を食い物にしてのし上がれるほど甘くはありません。

大手・中手業者のほとんどは「薄利多売」という手法で自社の評価を高め、1人でも多くの利用者を確保しています。薄利多売を簡単に説明すると、1台当たりの利益を少なくして、たくさんの台数を売ることで全体の利益を多くするということです。

そして、他社に差をつけるために各車買取店が最も力を入れているのは「販路の構築」です。

他社よりも高く売れる販路を確立することで、買取店の利益を利用者の買取価格に大きく還元できます。 つまり、依頼する買取店がどれだけ優れた販路を確保しているかが高額買取に大きく関係します。

車買取では高く買い取るための様々な工夫が盛り込まれている

車買取では、中間マージンをカットしたり、出張査定料や手続き代行料など各種手数料を無料にしたり、買い取った車に付加価値を付けて販売したりと、少しでも高く買い取れるような様々な工夫が盛り込まれています。

もちろん、車買取を利用すると新しい車にスムーズに乗り継げないというわけではありません。車買取のメリットを活かすことで、スムーズで満足のいく乗り継ぎが可能になります。

買取業者を選ぶ際は、会社規模や販路だけではなくサービス内容にも注目することがポイントです。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

新しい車に乗り継ぐことに特化した下取り

下取りは、ディーラーで新車や中古車を購入する際に、購入者がすでに所有している車をディーラーが引き取って、「評価額の分だけ購入代金から割り引くサービス」のことです。

そもそも、ディーラーは車を販売することが専門です。下取りした中古車を販売して利益を得ようとは考えていません。

下取りは、購入者がスムーズに新しい車に乗り継げるように、不要になる車の処分の簡素化と購入費用負担を軽減することが目的で、あくまでも「販売サービス」の一環ということです。

下取りを利用すると、新しい車を購入する際に、今まで使っていた車の処分や購入手続きの手間が省け、スムーズに新しい車に乗り継ぐことができます。

下取りされた車の行く末はどうなるの?

テレビや広告などでよく見る「認定中古車」は、新古車や年式が新しいもの、走行距離が少ないものがほとんどです。

認定中古車は、各ディーラーが設定した基準を満たす優良な中古車のみが取り上げられています。正規ディーラーで販売されている中古車は、デモカー(展示車・試乗車)や新古車がほとんどです。

ディーラー下取りされる車のほとんどは業者オークションで取り引きしたり、海外に輸出たりして元手を回収しています。

ただし、下取りに出すと満足のいく下取り価格が付くことはまずはありません。 下取りは車を高く売って新しい車の購入資金に充てたいという人にとっては不向きな方法です。

「新しい車を購入する際の費用負担を軽くしたい」と考えている人は車買取を選ぶことが鉄則です。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

車買取と下取りのメリットとデメリット

車買取と下取りは、利用用途が違うためメリットとデメリットもそれぞれ違います。 それぞれのメリット・デメリットを理解することで自分はどちらを選択すればメリットが大きいのかが見えてきます。

次に、車買取と下取りそれぞれのメリット・デメリットを解説していきますので、自分に最適な方法を発見してください。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

車買取のメリット

車買取には車を高く売ることに特化した様々なメリットがあります。車買取を利用した際の主なメリットをまとめましたので見ていきましょう。

高く売るポイント
  1. 販売ルートが確立しているので車を高く売れる
  2. 色々な面で柔軟に対応してくれる
  3. 無料出張査定を利用できる
  4. 買取の基準がしっかりしている
  5. 車の種類や状態に関わらず買取可能

1.販売ルートが確立しているので車を高く売れる

車を高く売る要素で最も重要な部分は「販路」です。

車買取では、店舗販売やネット販売、業者オークションなど国内販路だけではなく、海外の大手販売店との連携や海外の販売拠点の構築など、世界中に販路を構築している買取業者も多くあります。

世界中に販路を確保している買取店は、需要がある中古車は店舗販売、低年式車や過走行車など海外需要の高い中古車は海外販売という風に、中古車一台一台に最適な販売ルートを厳選して販売できます。

事故車や故障車などを売ったことのある人から、「ほとんど値段が付かないと思っていた車でも高く売れた!」という話を聞いたことはありませんか?

日本で人気がない車でも高く売れるのは「海外販路」が大きく関係しています。不人気車でも高く買い取れる買取店は優れた販路を構築している買取店です。

逆に、人気車しか高く買い取れない買取店は、販路が限られている買取店です。もちろん買取店に決まった販路の法則があるわけではありません。

それぞれの買取店が独自の販路を確保しています。 一般にあまり知られていませんが、各買取店が独自の査定基準を設けているのは確保している販売ルートの違いからです。

高い基準で査定してもらうために、優れた販路を確保している買取店を探すコツは、取引実績や利用者の評価などから判断するようにしましょう。

もしも判断に困ったときは人気店の中から探すと簡単に見つけることができますよ。

2.色々な面で柔軟に対応してくれる

こちらの要望に柔軟に対応してくれるのも車買取を利用する大きなメリットです。 例えば、車はまだ使いたいけどすぐにお金が必要という人や、売ったその日に全額現金で欲しいという人も多いと思います。

車買取では、半金支払いや即日現金払いというサービスを用意している買取店も多いです。

即日現金払いはその名の通り売ったその日に買取代金を全額現金で支払ってくれるサービスで、半金支払いは車か必要書類を先に渡しておくと買取代金の半分をもらえるサービスです。

他にも、急なキャンセルや時間変更なども柔軟に対応してくれますし、買取後に必要な車を探してくれたり、新しい車がくるまで無料で代車を貸出ししてくれたりとアフターサービスも充実しています。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

3.無料出張査定を利用できる

車を高く売る!大手買取業者の一括査定がベストな4つの理由

車買取店で査定を受けるときは「無料出張買取」を利用できます。 車の現物を見せて査定を受ける方法には、大きく分けて「持込査定」と「出張査定」の2つがあります。基本的に、車買取店はどちらの査定方法も無料で行ってくれます。

無料出張査定は、自宅や車庫、会社など、指定した場所まで買取店の査定士が来てくれて車の査定を実施してくれます。 近くに買取店がないという場合や買取店まで行くのが面倒という場合など、出張査定を利用する理由は問われませんので気軽に利用できます。

もう一点、無料出張査定のメリットは、故障車や車検切れなど動かない又は動かせない車でも査定を受けられることです。

一度に複数台の査定を受けることもできますので、会社の車を複数入れ替えたい、自分の車と一緒に家族の車も買い替えたい、などというときにとても効率的です。

当然、無料出張査定は売らないときも料金は無料ですので、提示された査定額に納得がいかなければ売る必要はありません。

4.買取の基準がしっかりしている

車買取では、「基本情報(メーカーや車種、年式、走行距離など)」「各車ごとの傷み具合」「修復歴の有無」の3つにしっかりと基準が設けられています。

査定の際も、明確に設定した基準を基に車を評価していくので、自分の車の買取相場を把握しておくことで、売ったときの目安を知ることができます。

ただし、相場は業界全体の買取平均ではありません。あくまでも各買取店が買取実績を基に算出した相場です。買取店ごとに相場価格は違います。 車を高く売るためには、自分の車の相場価格が高い買取店を見つけることがポイントです。

5.車の種類や状態に関わらず買取可能

事故車や故障車、過走行車、低年式車、放置車のような車は、買取店にお願いしてもどうせ買ってくれない、反対に処分費用を請求されそう、などと思い込んでいる人も少なくないと思います。

実際は、そんなことありません。車買取店では車の種類や状態に関わらず買取可能です。

日本の車は海外でとても人気があることはご存知の人も多いと思います。 実は、日本で人気がない古い車や走行距離が多い車でも、海外では大人気で毎年10万台以上の中古車が世界各国に輸出されています。

注意が必要なのは、間違えて廃車買取業者に依頼しないことです。廃車買取業者は廃車寸前の事故車や低年式車でも買取可能ですが、車をスクラップ(金属の価値)として買い取りますので、売っても数万円程度にしかなりません。

買取店に売った場合は、たとえ状態が酷くても使えるパーツは中古部品として販売できます。さらにエンジンが生きている場合は中古車として蘇らせて販売することも可能ですので、多くの利益を生み出すことができます。

日本で売るより海外で販売したほうが高い値段で売れる車はたくさんあります。 こんな車高く売れるはずがないと諦めてしまわないで、まずは買取店で査定を受けてみることが大切です。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

車買取のデメリット

車買取には車を高く売れるメリットが沢山ありますが、デメリットがないわけではありません。とは言え、「車買取のデメリットは回避できる」ということを覚えておきましょう。

車買取のデメリット回避法は後ほど詳しくご紹介しますので、まずは車買取のデメリットを見ていきましょう。

市場規模が大きいため相場が変動する

車買取市場は市場規模がとても大きいため、世界的な需要の影響や景気変動の影響を受けやすいという特徴があります。他にも、車を売る時期やモデルチェンジ、人気度など相場を変動させる様々な要因があります。

車買取市場では、常に相場が変動しています。さらに、各買取店が持つ販路によって相場が違うように、各買取店ごとに相場が変動しています。

中古車の相場を正確に予測することは不可能です。車を高く売るためには、多くの買取店で査定を受け、自分が車を売りたいと考えたタイミングに最も高い値段を付ける買取店を探す作業がなによりも重要です。

値上げ交渉には交渉力が必要になる

車を売るときは、誰しもが1万円でも高く売りたいと思っています。そのためには買取店の担当営業マンへの値上げ交渉が欠かせません。

とは言え、買取店の営業マンは交渉のプロフェッショナルです。 あまり評判の良くない買取店に当たってしまった人の事例では、営業マンの巧みな話術にはまってしまい、そのときは高く売れたと思っていたのに実際は相場以下だったというケースもあります。

相場を把握しておくことで安く売ることは避けられても、交渉のプロ相手に満足のいく値上げ交渉を成功するためには専門的な交渉力が必要になります。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

下取りのメリット

下取りは、新しい車を購入するディーラーに今まで使っていた車を引き取ってもらうサービスです。下取りを利用した場合は次のようなメリットがあります。

スムーズに新しい車に乗り換えられる

下取りを利用した際の一番のメリットは、スムーズに新しい車に乗り換えられることです。 本来、新しい車に乗り換えるためには、今まで使っていた車を売って購入費用に充てるのが一般的です。

その際に、自分で色々な買取業者を探して、業者とやり取りしたり、査定を受けたり、必要書類を揃えたりと面倒で時間のかかる作業が必要になります。

ディーラー下取りで必要になるのは、新しく購入する車選び、下取りに出す車の査定を受ける、売買契約書・譲渡証明書に署名捺印、程度です。

自分が行うことは数回担当者と打ち合わせしたり数回お店に足を運ぶくらいです。後は、ディーラーが必要書類を用意して一連の手続きを完了まで行ってくれます。

また、車を売ってから新しい車が納車されるまでの間、無料で代車を貸出ししてくれますので、今まで通りの生活を送りながら新しい車に手軽に乗り換えられます。

競争の影響を受けにくい

買取業者の価格競争はとても激しく、査定後に〇社より高く買うので売ってほしいと言い寄ってくる業者も少なくありません。 新しい車の乗り継ぎをスムーズにしたいと考えている人にとって、買取業者の競争に巻き込まれるのは時間の無駄でしかありません。

ディーラー下取りは、あくまでも新しい車を購入する際のサービスです。下取りには、買取業者の価格競争の影響を受けにくいというメリットがあります。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

下取りのデメリット

下取りは、新しい車にスムーズに乗り換えられるというメリットがあります。

ただし、車を高く売って新しい車の購入費用に充てたいと考えている人にとって、下取りはとても不向きな方法です。 下取りのデメリットを理解して、買取と下取り、自分にとってどっちを選択した方がお得なのかを考えるようにしましょう。

販路が確立していないので下取り価格が安くなることが多い

下取り価格が買取価格を上回ることは絶対にありません。 そもそも、下取りは新しい車の乗り継ぎに特化したサービスです。買取店は車を高く買い取るために常に販路を開拓しています。買取価格と下取り価格に大きな差が出ることは仕方ありません。

ディーラーは、オークションの相場が記されているイエローブック(JAAI一般財団法人日本自動車査定協会発行)やレッドブック(有限会社オートガイド発行)と呼ばれる資料を基に下取り査定価格を算出します。

イエローブックとレットブックは非常にくせ者の資料で、下取りを受けた人に適正価格であると納得させるための道具として利用されることもあります。

限られた販路でしか取引しない下取りで、価格を求めるのはおかしいのかもしれませんが、今まで愛用した車を適正価格で引き取ってほしいのは皆同じです。 高い価格を重視する人は、下取りを利用するメリットはほとんどありません。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

 

下取りでは出張査定してくれない

下取りは、新しく購入する車にスムーズに乗り継ぎができるというメリットに反して出張査定はしてくれないというデメリットがあります。 本来ならば、ディーラーの査定士が自宅まで来てくれて査定を実施してくれてもいいところです。

出張査定をしてくれないのに疑問を抱くかもしれませんが、ディーラーには出張査定ができない理由があります。販売を専門とするディーラーには、きちんとした査定士がいないことが多いからです。

ディーラー査定では、店舗まで車を持っていき、担当営業マンが参考資料の情報だけを頼りに下取り価格を決めるのが一般的です。

オプション装備はあまりプラス査定にならない

新車購入の際は様々なオプション装備を付けることができます。通常なら、カーナビやオーディオなど高価なオプション装備は車の価値を高めてくれるものですが、ディーラーの下取り価格に反映されることはほとんどありません。

買取査定でオプション装備は査定額が大きく加算されるのに対して、下取り査定ではオプション装備があまりプラス査定されません。それはディーラーが下取り車の販売で利益を上げることを前提としていないためです。

買取査定でプラス査定になる代表的なオプションとして「サンルーフ」があります。 サンルーフ装備車は中古車の中でも特に人気があり、買取査定ではオプション価格を上回るほど車の価値がアップするケースもあります。

高額査定の重要な要素である高価なオプションを装備している車は、下取りに出してしまうとかなり損をしてしまうことになります。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

 

ディーラー下取りを利用する際の注意点

ディーラー下取りと買取は明確な利用目的の違いがありますので、サービス内容も全く違います。ディーラー下取りを利用する際は次のようなことに注意してください。

下取りしてもらうディーラーで新しい車を購入しないと利用できない

下取りを利用して今まで使っていた車を引き取ってもらうには、ディーラーで新しい車を購入することが条件です。例えば、下取りは日産、新車購入はトヨタというわけにはいきません。

下取りを利用できるのは新しい車を購入するディーラーに限定されていますので、査定を受けるお店は自分で決めることはできません。思った以上に下取り価格が低くても納得せざるを得ないこともあります。

ディーラー下取りを利用する際は、選択肢がとても少ないということを覚えておきましょう。

ディーラー下取りではメーカーが違うと価格に大きな差が出る

違うメーカーの車でもディーラー下取りは可能ですが、メーカーが違う車を下取りしてもらうときは査定価格に大きな差が出ます。 覚えておきたいのは、ディーラーと違うメーカーの車だから下取り価格が安くなるというわけではありません。

下取りした車のほとんどは業者オークションで取り引きされることになりますので、他社メーカーであっても売却価格に大きな差は生まれません。

再販時に安くならないならどうしてと思うかもしれませんが、実は、ディーラーと同じメーカーの車を下取りするときは高い下取り価格が提示されるのです。

その理由は簡単です。顧客が他社に流れるのを阻止して、これからも自社の車を購入してもらうために自社と同じメーカーの車は高い下取り価格を付けるようにしています。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

車下取りを選択した方がいいケースとは

車買取と車下取りのメリット・デメリットを理解した上で、下取りを選択した方が良いケースを紹介します。

安く売れてもいいので手続きを簡素化したいケース

下取りを利用するのは「買取価格を重視しない」ことが条件と言えます。下取りを利用した際は、車は高く売れない代わりにディーラーが自分に代わって様々な手続きを行ってくれます。

また、下取りを利用すると、手続き期間中も今まで通り車を使うことができますので足に困ることはありません。仕事や旅行など、常に車を使いたいという人にとても便利です。

高く売れなくてもいい!その代わり、手続きを簡単にして楽でスムーズに新車に乗り継ぎたいという人はディーラー下取りが向いています。

これからも同じディーラーと長く付き合いしていくケース

今までずっと同じディーラーで車を購入していて、これからも同じディーラーと長く付き合いしていきたいと考えている人は、ディーラー下取りを利用して車を乗り換えるメリットがあります。

特に、そのような人には特定の担当者が付くケースがほとんどです。担当者は車購入後もあらゆる面でサポートしてくれます。

ディーラーの担当者と良好な関係を築いていれば、定期点検の時期が近づいてくると連絡してきたり、調子が悪いと連絡したときもすぐに対応してくれます。

他にも、エンジンにトラブルが発生したときや突発的な事故で急に修理や台車が必要になったときは担当者が素早く台車や修理スタッフを手配してくれるなど柔軟に対応してくれるようになり、多少無理なお願いでも通してくれます。

車を乗り換える際に今までの車を高く売ることよりも新しく購入する車の調子を維持して寿命を長持ちさせたいと考えている人はディーラーに下取りが向いています。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

 

車買取を選択した方がいいケースとは

車買取を選択した方がいいケースは「車を高く売りたい」と考えたときです。買取の特性を理解することで、高額売却をより有利に導くことができます。

とにかく車を高く売りたいと考えているケース

車買取を選択した方がいいケースは、言うまでもなく「車を高く売りたい」ときです。 買取では、車の価値を正しく評価してくれます。オプションやカスタムに多くのお金を費やした分、加点(プラス査定)されることになります。

さらに、実質的な査定ポイントではないものの、査定前に車をお手入れしてキレイにしておくだけでも、普段から車を大切に扱っていたと判断されて査定でプラスになる傾向にあります。

つまり、買取を利用するときは、事前に査定ポイントを対処することで査定アップも狙えるということです。 買取を利用して車を売ることで、下取り査定より数十万円高い査定価格が付くことも珍しくありません。

そもそも買取と下取りはサービス内容が全く違いますので、「比較する対象ではない」ということを覚えておきましょう。 もちろん、車買取を利用した場合も、新たに車を購入する際はディーラーとの仲を構築できます。

買取は、車を高く売って新しく購入する車の購入資金に多く充てたいと考えている人にとって最適な売却方法と言えます。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

 

相場以上に車を高く売りたいときは車一括査定が欠かせない!

車買取は、車を高く売ることに特化した方法ということは分かりましたよね。 車を高く売るのに重要なポイントは自分の車の相場価格を知り、相場以上に高く売れる買取店を見つけることです。

でも、他社より多くの強みを持つ優良店探しは、専門的な知識も必要になりますし、ある程度の時間もかかります。 そこで利用したいのが「車一括査定」です。

一括査定は誰でも簡単に利用可能で、車買取の強みとメリットを最大限に引き出せるシステムです。そこで、車一括査定のメリット・デメリットについて紹介していきます。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

 

車一括査定のメリット

車一括査定は、多くの車買取店の中から一番高く買い取ってくれるお店を簡単に見つけられる方法です。 注目したいのは、一括査定を利用すると「普通に買取店に出すよりも高く売れる」ということです!

一番高く売れる買取店を見つけられること自体が大きなメリットですが、実は、一括査定の仕組みに相場以上の高額買取の秘密が隠されています。

複数社の査定見積りが一度に入手できる

一括査定とは、言葉からわかる通り、複数の車買取店に一括して査定をかけられるサービスです。 車買取店ごとに高額買取を得意とする車種やメーカーに違いがありますので、もし自分で一番高く売れる買取店を探すとなると多くの時間と手間がかかります。

とは言え、車を売るときは複数の買取業者から見積りを出させて比較する「相見積もり(あいみつもり)」が不可欠です。

正直、面倒な作業ではありますが、各社の査定額を比較して他社より高く売れる買取店を見つけないと満足のいく高額売却はできないと考えておいたほうがいいでしょう。

一括査定を利用することで、複数の買取店の査定見積りを比較して、どこの買取店が一番高く買い取ってくれるのか、評価の詳細を簡単にチェックできます。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

業者間で競い合ってくれるので相場以上に高く売れる

ただ単に査定を受ける買取店の数が多ければ相場より高く売れるわけではありません。買取店によって高額買取が得意、不得意の中古車があります。 車を高く売るときに重要なのは買取店選びですが、相場以上に高く売るには「優良店選び」が欠かせません。

一括査定は、中古車買取業界の情報を常に精査し、優良店を厳選することにとても力を入れています。市場が巨大で競争が激しい中古車買取業界では、人気店は日々変動しています。

一括査定を利用すると、リアルタイムに評価の高い人気買取店を利用できるというメリットがあります。ただ、一括査定のメリットはそれにとどまりません。

どの優良店も、「他の会社よりも高く買うので売ってほしい」と考えています。 優良店各社に一斉に査定をかける「同時査定」を応用することで、業者間で競わせて査定額をさらに吊り上げるシステムを取り入れています。

「普通に売るより確実に高く売れる」ことが一括査定を利用する大きなメリットと言えます。

車の売却方法の中で最もスムーズに現金化できる

車一括査定を利用すると、買取店の選定、査定依頼、各社とのやり取り、価格交渉など、色んな作業を省略できます。

本来なら、この作業工程だけでも一ヶ月以上必要になりますが、一括査定ではわずか1日あれば十分です。依頼から契約締結まで、車売却方法の中で最もスムーズに現金化できるのは一括査定です。

それだけではありません。車買取店の中には「即日現金払いサービス」を提供しているお店があることをご存知ですか?即日現金払いとは、その名の通り車を引き渡す日に全額現金で支払うサービスです。

一括査定では高く売れる要素と共にサービス面も重視して優良店を厳選しています。 さらに、買取店の選考で、即日現金払いサービスを実施していることが条件であることが多いです。

即日現金払いサービスの内容は、売ったその日に「全額現金払い」「全額振込み」または、車か必要書類のいずれかを渡して買取代金の半分を受け取る「半金支払い」の3つの方法から都合のいい方法を選択できます。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

車一括査定のデメリット

車一括査定はメリットづくしの売却方法のように思えますが、実はデメリットも存在します。とは言え、車一括査定のデメリットは必ずしも受ける必要はありません。

利用する前に回避法を知っておけば、一括査定のメリットだけを受けることも可能です。車を相場以上に高く売るためにも、車一括査定を利用する前にデメリットとその回避法を覚えておきましょう。

複数社とやり取りが必要になる可能性がある

車一括査定を利用すると、一度に複数の買取店から査定見積りを取り寄せることができます。

もちろん、複数の買取店は一括査定サイトが厳選した優良店ですが、「どこよりも高く買い取るので是非うちの会社に売って欲しい」という思いはどの買取店も同じです。

車一括査定は一度に優良店の査定額を比較できるシステム構成になっていますので、利用時は各社に一斉に査定をかけます。そして各社で競わせて査定額をさらに吊り上げるために一括査定から申し込みがあったことも通知します。

場合によっては各社から一斉に問い合わせの電話があることもあります。そうなると複数社とのやり取りが必要になり、多くの時間と手間が必要となります。

正直、これが面倒で一括査定を利用しないという人も少なくありません。 実は、一括査定の査定結果の通知方法は絶対に電話じゃなきゃダメというわけではありません!

車一括査定のデメリット回避法とは?

車一括査定では、査定結果の通知方法を「電話」か「メール」のどちらかを選択できることがほとんどです。

電話の選択に向いているのは、各社と直接やり取りして自分の車のポイントをアピールしたい、価格交渉にチャレンジしたい、など各社と交渉する目的がある人です。

メールの選択に向いているのは、面倒なやり取りは不要で、優良店各社の査定見積りだけを入手したいという人です。 自分好みの通知方法を選択すると、車一括査定にデメリットらしいデメリットはなくなります。

一括査定のメリットのみを引き出して「車を高く売ること」だけに活用できます。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

まとめ

今回は、車買取と下取りの違いとそれぞれのメリット・デメリット、それに加え一括査定のメリット・デメリットについて紹介しました。 車買取は、車を高く売ることに特化したサービス。

車下取りは、新しい車にスムーズな乗り換えとその後のサポートを受けられるサービスということが分かりました。

どちらもメリット・デメリットがありますが、下取りより買取を利用したほうが買い替えにも現金化にも有利なのが実情です。 そして、車買取のメリットを最大限に引き出せるのは車一括査定です。

つまり、車買取の成果を倍増できるのが車一括査定の特徴ということです。

車一括査定を利用しただけで相場より10万円以上高く売れたという成功事例は山のようにあります。 「確実かつ簡単に車を高く売りたい!」という人は、是非、車一括査定を活用して自分の車がどれだけ高く売れるのかチェックしてみてください。

\私の車、いくらで売れる?/

愛車の価格を調べる

車買取一括査定サイト

一ノ瀬スバル
高く売るコツは、複数の査定サービスに同時申し込みして、一度に多くの会社から査定を受けることだよ!

  • 一位かんたん車査定ガイド

    ポイント!

    • 査定申込後、1秒で相場価格表示
    • 最大見積数 10社
    • JADRI加盟の優良企業だけが参加しているので安心
    • 上場会社が運営の査定サービス
    公式サイトへ
  • 二位ユーカーパック

    ポイント!

    • 最大2,000社の買取店が入札
    • オークション形式だから最高額がでやすい
    • 電話連絡はユーカーパックとだけ、対応はラク
    • ガソスタで1度査定すればOK
    公式サイトへ
  • 三位楽天・中古車買取査定

    ポイント!

    • 最大見積数 9社
    • 大手買取業者が中心に加盟している安心感
    • 安心の楽天サービス
    • 売却成立で楽天ポイント1,500Pがもらえる
    公式サイトへ