→【今月のキャンペーン情報】車買取の一括査定の主要6サービスまとめ

タイムズカーシェアは使わない月があってもお得??徹底検証してみた

タイムズカーシェアは使わない月があってもお得??徹底検証してみた

本記事では基本的に月額料金のかかるタイムズカーシェアを利用するにあたって、全く利用しない月があったとしてもお得に利用できるものなのかを検証してお答えしています。

また、タイムズカーシェアを利用するにあたってのデメリットまで詳しく解説していきますので、是非とも最後までお読みください。

タイムズカーシェアをお得に使えるのは、年に10回~30回車を利用する人

まず結論から言うと、検証したところ年に10~30回程度車を利用する人であれば例え使用しない月があったとしてもタイムズカーシェアをお得に使えるということがわかりました。

わかりやすいように表にまとめてみましたので、こちらをご覧ください。

 

車の利用形態と使用頻度での年間費用

タイムズカーシェア レンタカー 自家用車
年に数回(3回と仮定) 36,430円 約27,000円 約288,000円
年に10回 87,260円 約90,000円 約295,000円
年に30回 237,060円 約270,000円 約315,000円
年に50回 386,860円 約450,000円 約335,000円

このように使用頻度が年に10回を超えるようであれば、レンタカーをいちいち借りるよりはタイムズカーシェアを利用した方がお得になります。

また年に50回を超える使用頻度であれば自家用車を持った方が費用が抑えられるでしょう。

ここからそれぞれの使用頻度ごとにかかる費用を詳しく解説していきます。

 

年に数回しか利用しない場合

長期休暇で帰省や旅行に行く時など、年に2~3回しか車を利用する機会がない人も意外に多いのではないでしょうか。

特に都市部に在住の方はこういった傾向が強いです。

年に数回しか車を利用しない人が、タイムズカーシェア、レンタカー、自家用車を利用する場合にかかる年間費用は以下のようになります。

ここではわかりやすいようにに年に3回、1回の利用は12時間、50㎞走行すると仮定して計算してみます。

年3回利用する場合の詳細年間費用

タイムズカーシェア レンタカー 自家用車
月額料金 1,030円×12ヶ月=12,360円 無し 無し
利用料 24,070円 約24,000円 無し
ガソリン代 利用料に含む 約3,000円 約3,000円
任意保険料 利用料に含む 利用料に含む 約50,000円
駐車場代 無し 無し 約120,000円
自動車税 無し 無し 約35,000円
車検代 無し 無し 約50,000円
メンテナンス費用 無し 無し 約30,000円
合計 36,430円 約27,000円 約288,000円

このように年数回しか利用しないのであれば、圧倒的に自家用車を持つことは損なんですね

最近の車を持つのではなく、レンタカーやカーシェアで利用する流れになってきているのも、この差をみれば納得ですね。

年3回程度の利用であれば、月額料金がかかる分カーシェアの方がレンタカーより若干高くなっています。

 

年に10回程度利用する場合

年10回程度利用する場合も同じようにかかる年間費用を計算してみましょう。

年10回利用する場合の詳細年間費用

タイムズカーシェア レンタカー 自家用車
月額料金 1,030円×12ヶ月=12,360円 無し 無し
利用料 74,900円 約80,000円 無し
ガソリン代 利用料に含む 約10,000円 約10,000円
任意保険料 利用料に含む 利用料に含む 約50,000円
駐車場代 無し 無し 約120,000円
自動車税 無し 無し 約35,000円
車検代 無し 無し 約50,000円
メンテナンス費用 無し 無し 約30,000円
合計 87,260円 約90,000円 約295,000円

年10回程度の利用を考えるとレンタカーよりもタイムズカーシェアの方がお得になります。

レンタカーの場合、利用料がカーシェアと比べると高いことと、ガソリンを実費で負担しなければいけないことが大きな要因となっています。

 

年に30回程度利用する場合

続いて年に30回程度利用する場合の費用を計算してみます。

年30回利用する場合の詳細年間費用

タイムズカーシェア レンタカー 自家用車
月額料金 1,030円×12ヶ月=12,360円 無し 無し
利用料 224,700円 約24,0000円 無し
ガソリン代 利用料に含む 約30,000円 約30,000円
任意保険料 利用料に含む 利用料に含む 約50,000円
駐車場代 無し 無し 約120,000円
自動車税 無し 無し 約35,000円
車検代 無し 無し 約50,000円
メンテナンス費用 無し 無し 約30,000円
合計 237,060円 約270,000円 約315,000円

年に30回なんで、月に2~3回利用するくらいの頻度ですが、これくらいの頻度になってくるとレンタカーと自家用車の差はほとんどなくなってきます。

むしろいつでも気軽に利用できる自家用車を持っておいた方がいいかもしれません。

それでもカーシェアと比べると10万円近く差があるのでどちらを利用するかは悩みどころですね。

 

年に50回程度利用する場合

それでは年に50回、だいたい1週間に1回くらい利用する頻度です。

この場合はどうなるでしょうか。

年50回利用する場合の詳細年間費用

タイムズカーシェア レンタカー 自家用車
月額料金 1,030円×12ヶ月=12,360円 無し 無し
利用料 374,500円 約400,000円 無し
ガソリン代 利用料に含む 約50,000円 約50,000円
任意保険料 利用料に含む 利用料に含む 約50,000円
駐車場代 無し 無し 約120,000円
自動車税 無し 無し 約35,000円
車検代 無し 無し 約50,000円
メンテナンス費用 無し 無し 約30,000円
合計 386,860円 約450,000円 約335,000円

ここまでくるとカーシェアを利用するよりは、自家用車を持った方がお得という計算になります。

ただしこれはあくまでも毎回12時間、50㎞走行すると仮定した場合なので、数時間、数キロだけの利用であればまだまだカーシェアの方がお得かもしれません。

タイムズカーシェアは、使わない月も月額料金がかかるがほとんど影響はない

タイムズカーシェアは使わない月であっても月額料金がかかります。

しかし月額料金は僅か1,030円なので利用しない月があったとしても、年間10回以上利用するならばレンタカーよりもお得になります。

そのため月額料金に関してはほとんど考える必要は無いといってもいいでしょう。

一部カーシェアサービスの中には月額無料で利用できるサービスもありますが、ステーションが少なかったり利用するにはまだまだ不便なものが多いです。

その点タイムズカーシェアは主要都市であれば利用に困ることはほとんどありません。

タイムズカーシェアサービスのデメリット

月額も安く、月2~3回の利用であれば非常にお得に利用できるタイムズカーシェアサービスですが、利用するにあたってのデメリットもあります。

まずはタイムズカーシェアサービスのデメリットをまとめてみましょう。

タイムズカーシェアサービスのデメリット
  • 予約が取れないことがある
  • 利用時間に縛られてしまう
  • ドアtoドアの移動ができない
  • 車の利用に制限がある

これはタイムズだけに限らないですが、カーシェアサービスでは以上のようなデメリットが考えられます。

それでは各デメリットに関して詳しく解説していきます。

予約が取れないことがある

カーシェアサービスは文字通り様々な人と車をシェアするサービスなので、使いたい時に車が空いていないという状況が考えられます。

急いで目的地まで向かいたいのに車が空いていない、という状況は自家用車では考えられないデメリットですね。

利用時間に縛られてしまう

カーシェアサービスでは基本的に利用時間ごとに料金が加算されていきます。

早く返したいのに渋滞にはまってしまって予想外の料金がかかってしまった、なんてことも考えられますよね。

早く返したいがために安全運転がおろそかになってしまうかもしれません。

こういった時間に縛られてしまうのもカーシェアサービスのデメリットといえるでしょう。

ドアtoドアの移動ができない

カーシェアサービスでは主に自宅近くのカーシェアステーションで借りて、目的地近くのカーシェアステーションに返却する(もしくはその逆)という利用をします。

そのため、自宅からカーシェアステーションまで、カーシェアステーションから目的地までの移動が必要になります。

近くにカーシェアステーションがあれば良いですが、ない場合の移動が少し大変なのもデメリットの1つです。

車の利用に制限がある

カーシェアサービスで貸し出してもらえる車は、あくまでも公共物なので喫煙であったり、ペットを乗せたりということは基本的にできません。

自家用車のように自由に使えないのもデメリットといえるでしょう。

タイムズカーシェアは利用回数が多ければ使わない月があってもお得

今回の記事ではタイムズカーシェアについて利用しない月があってもお得に利用できるのかを解説していきました。

タイムズカーシェアをお得に利用するまとめ
  • 年10回~30回の利用であれば使わない月があってもお得
  • 年10回~30回程度の利用頻度であれば自家用車より断然安い
  • カーシェアサービスには一部デメリットもある

このように例え使わない月があったとしても利用回数が年10回~30回程度であれば、カーシェアサービスを利用するのが圧倒的にお得です。

場合によっては自家用車を持つよりも年間20~30万円も安くなる場合もあります。

あまり車を利用しないけど車を持っているという方は、この機会にカーシェアサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。