廃車寸前のボロ車が下取りしてもらえる理由

本田ノリオ
今度、新車を購入しようと考えています。そこで質問があるのですが、今乗っている車が10年落ちで車検の残りもわずかです。それと、故障している箇所もあるのですが、廃車寸前の車でも下取りしてもらえるのでしょうか?
一ノ瀬スバル

世間一般では「古い車は、売れない・値段が付かない」とよく噂されているけど、実際は、古くてボロボロの車とか故障して動かない車のような廃車寸前の車でも下取りしてくれるディーラーは多いんだ。

本田ノリオ
それを聞いて安心しました。よかった。
一ノ瀬スバル

今日は、廃車寸前の車でも下取りをしてもらえる理由を詳しく紹介していくよ!

そして下取りよりも、車を高く売る方法についても教えげあげるよ!

\相場を知って愛車を1番高く売ろう/

 

廃車寸前のボロ車が、下取りしてもらえる理由

廃車寸前の車は売れるのかという質問で特に多いのは、低年式車と過走行車についてです。

日本では、10年落ちの車を低年式車、10万㎞を超えた車を過走行車として「車の寿命」と考えている人が多いです。

さらに、新車登録から10年、走行距離が10万㎞を超えると、車が売れない、値段が付かないと思っていることがほとんどです。

もちろん、年式や走行距離は査定に重要なポイントですが、低年式車や過走行車の定義は車種や形状ごとに異なりますし、それを超えると安全に走行できないわけではありません。

ポイント
あくまでも、日本の自動車業界で車の劣化状態をはかるために設けられた基準でしかありません。

事故で大破した車やエンジンが故障してしまって動かない車を含め、廃車寸前の車でも修理やメンテナンスを行うことで中古車として販売することもできますし、エンジンや各パーツには再利用できる部品がたくさんあります。

廃車寸前の車=「売れない、売れても値段が付かない」と決めつけてしまい、中には廃車費用を支払ってまで処分している人も少なくありませんが、業者は廃車寸前の車を買い取り、中古車や中古パーツとして販売することで多くの利益を得ています。

廃車寸前の車にも価値があるため、ディーラーや買取店では低年式車・過走行車・事故車・不動車なども積極的に買取をしています。

\相場を知って愛車を1番高く売ろう/

 

ディーラーのうまみは、廃車で戻ってくるお金

ポイント
どれだけボロボロの車でも10万円以上の価値がある!

だからほとんど値段のつかない下取りや廃車は損でしかない。

ディーラーは引き取った下取り車に手を加えて販売することはしません。オートオークションを利用してそのままの状態で転売するか廃車にするかのどちらかです。

ディーラーが廃車寸前の車でも下取りしてくれる一番の理由は、どんなにボロボロで廃車寸前の車でも戻ってくるお金があるからです。

車を売るときは「自動車税」と「リサイクル預託金」が国から戻ってきます。

これを還付金と言って、廃車にするときは2つに加えて「自動車重量税」と「自賠責保険料」も還付されることになります。

さらに、車を鉄くず等(スクラップ)として売却することもできますので、還付金を含めると10万円以上になるケースも多いです。つまりこれが、廃車寸前の車でも引き取ってくれる理由です。

 

車の税金は新車登録から13年経過すると割増しになる

廃車寸前の車を廃車にするだけで多くのお金が手に入ります。

とは言え、売却を先送りにしてはいけません。

ガソリン車は13年、ディーゼル車は11年を過ぎると、燃費の悪い車に乗り続けることにより環境負担の大きい車として自動車税(または軽自動車税)が約15%も高くなります。

税金アップの対象車
  • ガソリン車……13年
  • ディーゼル車…11年

さらに、13年落ち(もしくは18年落ち)の車に乗っていると、新車登録以降2年分を前払いする必要がある自動車重量税が約40%も高くなってしまいます。

 

現在推進されているエコカー減税やグリーン化特例は、税金が大幅に減額されるのですが、簡単に説明すると「古い車を売って新しい車に乗り換える場合は税金を安くします!」という制度です。

日本の車は丈夫に出来ているので、定期的なメンテナンスをしっかりとしていれば20年以上は乗り続けることが可能です。ただし、古い車に乗り続けることによる税金の割増や維持費はかなり大きくなってしまいます。

新しい車に乗り換えることで燃費の向上や税負担軽減など経済的価値は大きいです。

税金が上がるタイミングを乗り換えの目安としている人も多いですが、いち早く売却することで廃車寸前の車でも高額査定を狙えます!

\相場を知って愛車を1番高く売ろう/

 

廃車寸前のボロ車を高く売る方法は1つ

はじめに結論から言えば、「買取り業者に売る」ことがもっとも高く売れます。

そして、車買取の一括査定サービスを利用すると買取価格を最大まで高めることができます。

\相場を知って愛車を1番高く売ろう/

 

廃車寸前のボロ車を処分する方法は次の通り3つあります。

廃車寸前の車を売る3通の方法
  1. 買取業者に売る
  2. ディーラー下取り
  3. 自動車解体(スクラップ)

ほとんどのケースで買取を選択した方が、廃車寸前の車を高く売ることができます。

というのも、下取りは手続きの手間が少ないというメリットがありますが高くは売れません。高く売れるのは確実に買取です。

また、「廃車買取業者」は車を鉄くず等として買い取る「自動車解体業者(スクラップ業者)」です。中古車買取業者とは全くの別物ですので間違えないように注意が必要です。何度も言いますが、自動車解体業者に依頼した場合は最低金額しか手にできません。

比較する対象は、下取りを行うディーラーと中古車専門の買取店です。

 

次の項目からは、下取りと買取の違いやそれぞれのメリット・デメリット、買取を利用した方がお得な理由について詳しく見ていきましょう。

 

廃車寸前の車の下取り最高額は10万円!?

下取りを検討している人は、様々なディーラーで下取りキャンペーンが実施されているのを見たり聞いたりすることが多いですよね。

ディーラーは下取りキャンペーンを年に数回行いますが、代表的なものに「下取り10万円キャンペーン」があります。

査定額がゼロ円の値段が付かない車でも10万円で下取りしますよというこのキャンペーン、実は、本来下取り価格に含まれるはずの還付金がほとんどを占めています。そのため、ディーラーは廃車寸前の車を10万円で下取りしても損をしません。

あくまでもディーラーは車の販売店です。中古車の買取・販売に消極的で、下取りは単なるオプションのようなものです。

下取りでは買い取れる金額に限界があり、廃車寸前の車を販売することはありません。下取りした廃車寸前の車のほとんどは廃車にしたり、オートオークションで海外バイヤーと取引して元手を回収することになります。

下取り10万円キャンペーンが実施されている時期であれば廃車寸前の車でも10万円で下取りしてくれますが、それ以外の時期は5万円以下になることがほとんどです。

\相場を知って愛車を1番高く売ろう/

 

廃車寸前の車を売るなら下取りはNG!「買取」なら高く売れる

下取りを利用するとすごく簡単に廃車寸前の車を処分できますが、安く売ってしまう危険性が高いのが実情です。

言うまでもありませんが、今乗っている車を少しでも高く売ることで、新車購入の費用負担を軽くできます。

下取りより買取を利用した方が断然お得です。その理由は下取りより買取の方が確実に高く売れるからです。

 

古くてボロボロの車は高く売れないと考えている人は多いですが、本当は意外と高く売れるのです。

廃車寸前の車がどうして高く売れるのか気になる人は多いと思いますので、その理由について見ていきましょう。

 

古くてボロボロの車でも、買取だと高く売れる理由!

海外ではボロ車でも大人気
海外の人からすると走行距離10万㎞や10年落ちの車は、まだまだこれからの新しい車と考えられています。海外からのニーズがあるので高く買い取ってくれるのです

日本では10万㎞、10万㎞の車は廃車寸前と言われ、中古車としての人気は限りなく低いです。そのため、日本の中古車市場では値段が付きにくい車となってしまいます。

ただし、これは日本国内の市場に限った話です。また、低年式車や過走行車なども日本の中古車業界に限った定義です。

海外では、50万㎞・30年は普通に乗ります。海外では、自分でメンテナンスを行って、完全に動かなくなるまで車を乗り潰すことが主流です。

ポイント
日本車は世界一の品質、だからボロボロの車でも評価が高い

さらに、日本から輸出されてくる中古車は、世界で一番厳しいと言われている車検制度をクリアしてきたため、海外ユーザーからすると品質が保証されているというメリットがあります。

日本の中古車が海外で人気の秘密はこの他にもたくさんありますが、海外市場では日本の中古車が国内市場の倍以上の値段で取引されることがほとんどです。実際に10万㎞・10年落ちの日本車が150万円以上で売られることも多くあります。

海外にも独自の流通ルートを確立し、日本で廃車寸前と呼ばれている中古車を輸出して大きな利益を生み出している業者は全国に数多く存在しています。

ただし、全ての買取業者が廃車寸前の車を高額買取できる強みを持っているわけではありません。廃車寸前の車の高額査定を狙うためには、買取業者が持つ強みに注目することがポイントです。

\相場を知って愛車を1番高く売ろう/

 

廃車寸前の車を売る際の下取りと買取のメリット・デメリット

下取りと買取どちらにもメリット・デメリットがあり、どちらの売却方法が望ましいのかは、考え方や状況によって変わります。

下取りと買取のメリット・デメリットを簡単に比較できるよう表にまとめましたので、判断材料としてお使いください。

メリット デメリット
下取り
  • 手間が少なく、次の車にスピーディーに乗り換えられる
  • キャンペーンを利用すると車の状態に関係なく値段が付く
  • ディーラーとの仲を継続できる
  • 中古車市場の相場よりかなり安くなってしまう
  • 現金は1円も手に入らない
  • 新車の購入手続きと並行する必要がある
  • 10万円より高く売れることはない
買取
  • 様々な市場で取引できるので廃車寸前の車を高額売却できる可能性がある
  • 無料出張査定を利用できるので動かない車でも大丈夫
  • 即現金化できる
  • 廃車寸前の車は依頼するお店によって査定金額が大きく異なる
  • 高額売却のためには多くのお店から査定を受けて一番高く売れるお店を見つける必要がある(一括査定を使えば簡単)

詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

車買取と下取りの違い、それぞれのメリット・デメリットを把握しよう!

 

高額買取してくれるお店を探すなら「車買取の一括査定サービス」の活用がベスト

 

車を高く売るなら、車買取の一括査定サービスの利用がもっとも賢く現実的な選択肢です。

自然と業者間の競争原理が働くので、価格交渉をしなくても最高額を引き出せるからです。

 

廃車寸前の車を高く売るためには、複数の買取店の査定額を比較して、限界金額を引き出す必要があります。

そのために、数多くの車買取業者の買取サイトの中から、廃車寸前の車でも高額査定できる強みを持つ業者を厳選しなくてはいけません。

さらに、限界金額を引き出すためには同時に査定依頼して業者同士で値段を競い合わせる必要があります。そんなときに便利なのが一括査定というわけです。

 

一括査定はネット査定をより効果的にしたサービスで、1つの申し込みで、一括査定サイトの運営会社が厳選した優良店に同時査定できます。

現在、誰でも簡単に高額売却を成功できる一括査定は、車売却方法の主流となっていますが、一括査定の加盟店はサイトによって様々です。

車をもっとも高く売るコツ
一括査定の効果を最大に引き出すコツは、複数の一括査定に同時申込みすること

複数の一括査定に同時申込みすることで、それだけ多くの業者に競わせることができますので、廃車寸前の車でも高額査定を狙えるチャンスがかなり広がります。

車を高く売るなら買取の一括査定を利用しよう! 車を高く売る方法、それは買取業者の「一括査定」で競わせることです

 

車買取の一括査定、おすすめサービスはこれだ!

一括査定は、運営会社各社が独自のメリットを用意しています。値段はもちろん、その他にも多くの利用特典を用意しているサイトが多いです。

どの一括査定に申し込めばいいのか迷ってしまう人のためにも、人気の一括査定サイトトップ2を紹介しておきます。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、株式会社エイチームが運営する車一括査定サービスです。

エイチームは、テレビ・ラジオのCMでもおなじみの「ナビクル」など、幅広い分野の比較サイト・情報サイトの企画・開発・運営を行う総合IT企業です。

かんたん車査定ガイドの提携会社は約50社と、他の車一括査定に比べて提携する会社の数は少ないですが、かんたん車査定ガイドの強みはJADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査をくぐり抜けた優良業者のみが加盟していることです。

かんたん車査定ガイドは、申し込みがわずか3分程度で完了する簡単入力フォームや申し込み後に相場が分かるという点も人気の秘密で、利用者数は80万人以上と圧倒的なシェアを誇る人気ナンバーワンの一括査定です。

かんたん車査定ガイドに申し込めば、優良店10社を競わせることができるため、廃車寸前の車でも高額査定の期待度がかなり高いです!

>>かんたん車査定ガイド

 

楽天オート(楽天・中古車買取査定)

楽天オート(楽天・中古車買取査定)は、皆さんもご存知インターネットショッピングサイト最大手の楽天が運営する一括査定です。楽天オートでは、全国100社以上の買取店に一括して査定申込みが可能です。

さらに、楽天オートにはガリバーやラビット、カーセブン、カーチス、ビッグモーター、ソッキン王など、大手の買取業者も数多く参加していて、申込者の地域や車の条件に合わせて対応可能な複数社に査定依頼ができます。

そのため、廃車寸前の車を高く買い取ってくれる業者を探すのに最も適しています。

自分の車を高額買取したいという業者のみを集めて競わせることができるのは楽天オートならではの強みで、車の高額売却は楽天オートだけで完結できると言われるほどです!

また、無料査定の申し込みや成約時にポイントがもらえたりと楽天ならではのお得な特典も満載ですので試す価値は十分にあります。

>>楽天・中古車買取査定(楽天オート)

 

ユーカーパック

ユーカーパックは最大2,000社の買取業者が入札する新しいシステムです。

一括査定に加えて最近人気が高まっている新しい車売却方法のオークションサービスを利用すると車を高く売れる確率がさらにアップします。

お勧めは、依頼した車を全国の車買取店でオークションにかけ、一度の査定で最大2,000社が入札する「ユーカーパック」です。

オークションサービスは一括査定と異なるシステムで、ユーカーパックで35万円高く売れているケースもあります!車の高額売却には押さえておきたいサービスです。

ユーカーパックは今までにないオークション形式のシステムを採用していますので、従来の一括査定とは異なる強みを持っています。最後にお試しで申し込むことをおすすめします。

>>ユーカーパック

 

廃車寸前の車の処分方法まとめ

今回は、廃車寸前の車が下取りしてもらえる理由と廃車寸前の車を一番高く売る方法について紹介しました。

廃車寸前の車でもディーラーは下取りしてくれることが分かりましたが、下取りに出してしまうと絶対に高く売れません。

しかし、車を乗り換える人の約6割が下取りを利用して車を売却しているのが現状です。言い換えれば約6割の人が大きく損をしていることになります。

廃車寸前の車を高く売る方法は、車買取の一括査定サービスを活用することです。

一括査定を利用することで、愛車が高く売れる可能性を簡単に高めることができます!さらに、複数の一括査定に同時申込することで、より多くの業者と比較することができるので高く売れる可能性がさらに高まります!

もちろん、一括査定は無料で24時間いつでもどこでも申し込みが可能です。

高く売ることをあきらめていた愛車を最高額で売却するためにも、「かんたん車査定ガイド」「楽天・中古車買取査定(楽天オート)」「ユーカーパック 」の3つの一括査定はぜひ利用してみてくださいね!

おすすめの車買取一括査定

一ノ瀬スバル
僕が特におすすめできる一括査定サイトをご紹介します。 複数サイトに登録しておいた方が、多くの業者で価格競争をさせることができるので高額査定に結びつく確率がアップするよ!

  • 一位かんたん車査定ガイド

    ポイント!

    • 査定申込後、1秒で相場価格表示
    • 最大見積数 10社
    • JADRI加盟の優良企業だけが参加しているので安心
    • 上場会社が運営の査定サービス
    • 査定額に納得がいかない場合はキャンセルも可能

    「ガリバー」「カーセブン」「アップル」「ビッグモーター」「カーチス」などの大手買取業者を含んだ最大10社からの査定額を1度に知ることができます。

    登録業者は多いですがどこも実績のあるところばかりなので特に安心感の高い一括査定サービスです。

    下取りするより平均16万円お得になる、買取業者の見積り額が最大65万円上がった例もあるサービスです。申し込みも45秒のカンタン入力!

    愛車を最高額で売りたいのなら「かんたん車査定ガイド」と「楽天・中古車買取査定」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    かんたん車査定ガイドへ
  • 二位楽天・中古車買取査定

    ポイント!

    • 最大見積数 9社
    • 大手買取業者が中心に加盟している安心感
    • 安心の楽天サービス
    • 売却成立で楽天ポイント1,500Pがもらえる

    知名度抜群の楽天が運営するサービス。35万円高く売れているケースもあります。売却成立で1,500楽天ポイントもらえます。

    愛車を最高額で売りたいのなら「楽天・中古車買取査定」と「かんたん車査定ガイド」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    楽天・中古車買取査定へ
  • 三位ユーカーパック

    ポイント!

    • 最大2,000社の買取店が入札
    • オークション形式だから最高額がでやすい
    • 電話連絡はユーカーパックとだけ、対応はラク
    • ガソスタで1度査定すればOK

    ユーカーパックは車のオークションサービスです。あなたが依頼した車を全国の買取業者でオークションにかけます。

    一度の査定で最大2,000社が入札するので本当の最高額がわかります。ユーカーパックで35万円高く売れているケースもあります。

    最後の最後、お試しで申し込んでおきましょう!

    ユーカーパックへ