10万キロを超えても車は大丈夫なのか?必要なメンテナンスとは?

本田ノリオ
今乗っている車が10万キロに近づいてきたんだ。
一ノ瀬スバル

大事に車を乗っているね。

本田ノリオ
それで車を乗り続けてもいいのか、乗り換えるのか考えている最中。
一ノ瀬スバル

なるほど、今の車は10万キロを超えても乗ることは全然可能だけど、メンテナンスしたほうがいい部品もあるね。10万キロを超えた車のメンテナンスを見てみよう。

10万キロを超えた車は大丈夫?

ポイント
結論から言うのであれば、10万キロを超えても走ることはできます。

でも日本では多くの方が10万キロを超えた段階で、乗り換えを検討しはじめます。どこか心の中で、10万キロを超えるともう乗り換えないといけないと感じてしまうのかもしれません。その理由として、タイミングベルトの存在があります。

平均的な使用で、10万キロになると交換しなければいけないとされています。工賃がかかるタイミングベルトの交換なので、交換するのであれば乗り換えを選択することが多いのです。

確かに、タイミングベルトの存在は大きいとしても、それだけで車を乗り続けるのか、決めるのはもったいない気がします。

海外では20万キロ30万キロが常識!?

海外に目を移すと、10万キロしか乗っていない車というのはまだ新しい方で、20万キロや30万キロなどの車もたくさん走っています。その違いは、それぞれの国での車への認識が異なるという点です。

日本では初回に3年、その後は2年ごと車検があり、定期的に車をチェックする必要があります。しかし海外では自分で車のメンテナンスをするものという認識になります。

日本では法律上の仕組みで車のチェックをするのですが、海外では車検というものが無い国もあり、車のメンテナンスは自己責任なのです。

このような国では、車が故障するのであれば自分で修理をして乗り続ける事が通常で、走行距離を日本ほど意識せずに車を乗ることが多くあります。

日本では廃車になるような車が、海外ではまだ新しい車として走っているという話を聞くのも、この意識の違いです。

10万キロを超えた車に必要なメンテナンス

もちろん日本の車は丈夫ですので、必要なメンテナンスをすれば10万キロを超えても走り続けることができます。10万キロを超えた車に必要なメンテナンスを、項目別にみていきましょう。

タイミングベルト

10万キロを目安にしてタイミングベルトを交換する必要がある部品です。車の使い方にもよりますが、10万キロに近づいた段階で交換する必要がある部品です。

もしタイミングチェーンであれば、チェーンでできているので切れるという心配がありません。かしタイミングベルトはゴムですので、いつ切れるのか予測をすることが不可能です。

タイミングベルトが切れてしまうと、他の部品も損傷することになり、エンジンオーバーホールが必要になるくらい壊れてしまいます。

タイミングベルト自体は交換するのが難しい部品ではないのですが、外す必要がある部品が多いので工賃は少し高くなります。しかしいつ切れるかわからない事を考慮し、早めに交換を勧められる部品です。

各種ゴム部品

他にも交換する必要がある部品として、ゴムの部品があります。

例えば、サスペンションについているブッシュなどは、年数が経過すると劣化していくので、交換する必要があります。場合によっては早期の交換が必要になりますが、10年という単位で交換を考えるとよい部品です。

ダストブーツの亀裂などがある時も、砂が入ってきて、ベアリングに損傷を及ぼす可能性があるので、交換しておきます。こうしたブーツやパッキンなどのゴムは年数の経過によって、定期的にメンテナンスする必要がある部品です。

オルタネーターなど

オルタネーターというのは、発電して電気を作る部品です。発電機の内部が摩耗していくと、電気を作ることができずにバッテリーに電気を送ることができなくなります。

内部をチェックする必要がありますし、普段はチェックしない細かな部分まで、走行距離が10万キロを超えた時には確認しておきたいものです。

エアコン

10万キロという走行距離はあくまで基準で、何年かけて10万キロを走ったかという事も部品の消耗に影響します。エアコンも10万キロ走ったからと言って、壊れる部品ではありません。

しかしコンプレッサーなど回転する部品があるので、ある程度の距離を走った段階で、エアコンに関する部品も確認しておきたいものです。

セルモーターやプラグ

セルモーターはエンジンをかける時に必要な部品です。セルモ?ーターが消耗すると、何回鍵を回してもエンジンがかからないという事になります。消耗する部品ですので、10万キロほど乗れば確認しておきたい部品の一つです。

またプラグも定期的に確認して、消耗しているのであれば、新しいものに交換します。プラグはそれほど大きな部品ではありませんし、簡単に交換できるので問題ないでしょう。

10万キロを過ぎた車は乗り続けていい?それとも廃車がいい

それでは走行距離が10万キロを超えた車は、乗り続ける方が良いのか、それとも廃車にした方が良いのでしょうか?この点は、走行距離が10万キロに達した期間とも関係があります。

何年で10万キロに達したか

まず考慮すべきなのは、何年目で10万キロに達したかという事です。普段の通勤でも車を利用する方の場合は、通勤と休日のお出かけに利用していると、早い段階で走行距離が10万キロに到達するでしょう。

まだ数年しか経っていないのであれば、10万キロに達したからと言って、多くの部品がまだ使えます。そのまま乗り続けても問題ないケースがほとんどですので、交換が必要な部品だけを交換し、乗り続けるのが良い選択でしょう。

もし週末の買い物しか使わずに、何年もかけて走行距離が10万キロに達したのであれば、多くの部品が劣化している可能性もあるので、乗り続けるのか、廃車にするのか考えてみるとよいでしょう。

税金の増額

車を所有していると税金がかかってきます。税金の一つに自動車税がありますが、自動車税は所有している期間が長いと増額されます。実際には、ガソリン車で13年経過すると増額し、ディーゼル車では11年経過すると増額されます。

増額幅は15%となっていて、毎年の負担が少し増えます。一般的な2000ccのエンジン自動車の場合は、39,500円の自動車税が45,400円に増額されます。

長く大切に乗っているのに、毎年の税負担が増えるという事です。廃車にして乗り換えを検討するタイミングとして、多くの人が”10万キロ”そして”13年”という年数を考える理由になります。

車買取一括査定サイト

一ノ瀬スバル
僕が特におすすめできる一括査定サイトをご紹介します。 複数サイトに登録しておいた方が、多くの業者で価格競争をさせることができるので高額査定に結びつく確率がアップするよ!

  • 一位かんたん車査定ガイド

    ポイント!

    • 査定申込後、1秒で相場価格表示
    • 最大見積数 10社
    • JADRI加盟の優良企業だけが参加しているので安心
    • 上場会社が運営の査定サービス

    「ガリバー」「カーセブン」「アップル」「ビッグモーター」「カーチス」などの大手買取業者を含んだ最大10社からの査定額を1度に知ることができます。

    登録業者は多いですがどこも実績のあるところばかりなので特に安心感の高い一括査定サービスです。

    愛車を最高額で売りたいのなら「かんたん車査定ガイド」と「楽天・中古車買取査定」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    公式サイトへ
  • 二位楽天・中古車買取査定

    ポイント!

    • 最大見積数 9社
    • 大手買取業者が中心に加盟している安心感
    • 安心の楽天サービス
    • 売却成立で楽天ポイント1,500Pがもらえる

    知名度抜群の楽天が運営するサービス。35万円高く売れているケースもあります。売却成立で1,500楽天ポイントもらえます。

    愛車を最高額で売りたいのなら「楽天・中古車買取査定」と「かんたん車査定ガイド」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    公式サイトへ
  • 三位ユーカーパック

    ポイント!

    • 最大2,000社の買取店が入札
    • オークション形式だから最高額がでやすい
    • 電話連絡はユーカーパックとだけ、対応はラク
    • ガソスタで1度査定すればOK

    一度の査定で最大2,000社が入札するので本当の最高額がわかります。ユーカーパックで35万円高く売れているケースもあります。最後の最後、お試しで価格を調べたいときにおすすめ!

    公式サイトへ