車を高く売る4つのコツ!

車買取店に買取競争してもらうカンタンな方法は?

車買取の一括査定サイトを利用すればOK!

誰でもカンタンに車を高く売ることができます

車を高く売りたい!!

自動車をお持ちの方であれば誰しも一度は考えることですよね。

しかし、実際に車を売る場合、「持ち込み査定」や「出張査定」に加えて、ディーラー下取り・買取業者への売却・インターネットオークション出品などその選択肢の多さに戸惑ってしまいがち。

一ノ瀬スバル

そうした中、管理人がおすすめしたいのは、複数の大手買取業者を自動的に競合させられる「一括査定」というサービスを使うことです。

まずは、大手買取業者の一括査定を利用すると、なぜ車を高く売ることができるのか?その理由と特徴をお伝えしていきます。

 

\最大10万円のプレゼントキャンペーン(8月末までです)/

 

車を高く売る!大手買取業者の一括査定がベストな4つの理由

車を高く売る!大手買取業者の一括査定がベストな4つの理由

最近では手軽さや入札金額への上限がないことを理由とし、インターネットオークションなどを利用した自動車の売却が注目を集めております。

その一方で個人間取引にありがちなトラブルも多数あり、それなりに満足がいく価格で売却することができたとしても、後々のトラブル対応で労力に見合わなかった…という声も。

こうしたトラブル率の高さを考えると、できるだけ信頼できる中古車買取業者に依頼するのがベストですが、買取業者によって査定価格はまちまちになってしまいがち。

数ある売却方法の中でも管理人が特におすすめしたいのが大手買取業者による愛車の売却です。

以下、大手買取業者がなぜおすすめできるのか、4つの理由を挙げます。

大手買取業者が車を高く買い取る理由
  1. 複数の買取業者が査定するので価格競争が生まれるから
  2. 大手は販売ルートをしっかり確保しているから
  3. 中間コストがかからない分、買取金額への上乗せが期待できるから
  4. 積極的なキャンペーンにより、買取金額の上乗せが期待できるから

複数の買取業者が査定するので価格競争が生まれるから

複数の買取業者が査定するので価格競争が生まれるから

大手買取業者はそれぞれがライバル会社となっているため、競争意識が非常に高いのが特徴です。

査定をしても買取ができなければ、その後の販売に繋げられません。業績面で肉薄している買取業者同士であった場合はなおさらです。

ライバルを打ち負かすために限界ギリギリまで高い買取金額を提示してくれます。

こうした競争意識は、私たちにとっては非常に嬉しい好材料のひとつで、そこまで深い知識がないという方でも高額買取が期待できるポイントだと言えるでしょう。

「いつも定期点検などでお世話になっているから…」

「家から近いから…」

と身近な業者だけに選択肢を狭めず、複数の中古車買取業者に査定を依頼することで簡単に買取価格を競わせて高額買取が狙えます。

\最大10万円のプレゼントキャンペーン(8月末までです)/

 

大手は販売ルートをしっかり確保しているから

大手買取業者の場合、業者間取引(業者オークション)、自社店舗販売といった複数の販売ルートを持っています。

そのため、在庫を抱えるリスクを徹底的に排除し、最大限の買取価格を出せるインフラが整っています。

リスクヘッジが買取価格に大きくフィードバックされ、ディーラー等とは比べ物にならないほどの高値を提示できるのが大手買取業者の特徴だと言えるでしょう。

一方、地域密着型の中古車販売店や新規参入の小さな買取業者などに愛車の買取を依頼した場合、

「おいくらくらいになると思います?」

といった返し方で、足元を見てくる業者も中にはいます。

小規模な中古車買取業者の場合、自社店舗の限られたスペース内でしか販路がないため、在庫を抱えるリスクに対し過剰な安全マージンを取ろうと身構えるためです。

「売れ残り」のリスクを考えると致し方ない部分もあります。

 

中間コストがかからない分、買取金額への上乗せが期待できるから

ビジネスモデルの違いが、買取価格の差に繋がる
  • ディーラー:車を売って利益を上げるモデル、下取りで利益を上げるビジネスではない
  • 大手買取業者:買い取った車を整備して再販売することで利益を上げるビジネス

車の乗り換えを考えるとき、多くの方の頭に真っ先に浮かぶのは、ディーラー・中古車販売業者による下取りだと思います。

しかし、ディーラー・中古車販売業者は、あくまでも「扱っている車を売ることで利益を上げる」というビジネスモデルであるため、買取・下取りに関しては赤字が出ないよう最低限の価格しか提示できず、サービスの範疇を出ないことがほとんどです。

一方、大手買取業者の場合は「買い取った車を整備して再販売することで利益を上げる」ビジネスモデルです。

売る車がなくてはビジネスとして成立しません。商材となる自動車を買い取ることが、最優先事項です。

だから、売り手が納得して手放すことを決意してくれる金額を提示する努力を惜しみません。

また、大手買取業者は自社経営店舗による販売を始め、業者オークションへの出品などによって再販売化への中間コストを徹底的に排除しており、その中間マージンを抑えた結果を買取価格に反映できるのが最大の武器となっております。

小規模業者では決して真似が出来ないことです。

 

積極的なキャンペーンにより、買取金額の上乗せが期待できるから

大手買取業者は、「どの時期に、どの車が売れるか」を徹底的に分析して市場ニーズを把握しています。

だから、売れると分かっている車種を率先して買い取りしたいと考え、様々なキャンペーンを展開しています。

こうした「買い取り強化車種の指定」や「高額買い取りキャンペーン」というプラス材料も大きな魅力のひとつで、あなたの愛車を高く売るための好材料となります。

特に「かんたん車査定ガイド」や「ユーカーパック」はキャンペーンが非常に多いため、愛車を高く売りたいとお考えの方にとっては非常に有効な選択肢だと言えるでしょう。

中古自動車市場は車種によっての相場の変動が激しく、常に価格の変動がある市場です。

例えば、春先から夏にかけてはレジャー用途でSUV車の需要が高まるなど、売る時期によっても車種の相場は大きく異なります。

地域密着型の小規模中古車買取業者では、このような市場動向を把握しきれません。

\最大10万円のプレゼントキャンペーン(8月末までです)/

 

愛車を高く売るにはどうすればいいの?

多数の大手買取業者へ一括査定に出すのが車を高く売る上でのベストな選択肢ですが、単純に愛車を査定してもらうよりもポイントを押さえた事前準備を行うことにより、高額買い取りへ繋がる期待値を高めることができます。

とは言ってもわざわざ不具合のある箇所を査定前に修理に出す、といった大掛かりなものではなく、ちょっとした手間をかけるだけで済むものばかりですので、実践するだけの価値は大いにあります。

以下、愛車を高く売るために押さえておきたいポイント4つを簡潔に説明させて頂きます。

車を高く売るために押さえておきたいポイント4つ
  1. 売る時期・タイミングを見計らう
  2. 整備記録簿(メンテナンスノート)を用意
  3. 純正・オプションパーツもみてもらう
  4. 洗車・室内清掃は入念にする

 

売る時期・タイミングを見計らって大手の買取業者に打診しよう!

売る時期・タイミングを見計らって大手の買取業者に打診しよう!

2018年現在、大手中古車買取業者のほとんどは自社経営による実店舗を展開しており、商材となる中古車の買い取りを促すためのキャンペーンを実施し、売れ筋車種を「買い取り強化車種」に指定するなど、様々な経営努力をしております。

こうしたお得なキャンペーンを利用すると、平常時と比べ10%以上買い取り金額が割り増しとなることが多く、それ以下の場合でも成約時にその場で商品券プレゼントといった余禄がついてくることも。

冬の終わりが見えてくる春先は税金の関係で乗り換え需要も多いため、軽自動車もキャンペーン対象となりやすいため、好機を逃さず捕らえたいところです。

一括中古車査定サービスを利用すると、そうしたお得なキャンペーンを展開している買取業者を楽に探し出すことができますので、情報収集目的で利用するのも大いに有効だと言えるでしょう。

 

整備記録簿(メンテナンスノート)を用意しておこう!

整備記録簿(メンテナンスノート)というのは整備士が記録する書類のことを指し、主に自動車の法定点検やリコール・キャンペーンなど整備を行ったことを証明する大切な書類です。

大手買取業者は自社店舗での販売を前提として査定を行うため、この書類の有無で提示される金額は大きく上下します。

整備記録簿は、車検証とセットで車内保管することが義務付けられておりますので、買取査定申し込み時は車検証と共にその有無をチェックしておきましょう。

 

純正・オプションパーツもみてもらう

買取査定に合わせてわざわざ購入する必要はありませんが、純正のオプションパーツは買取査定の際に非常に大きなプラス材料となることはご存知でしょうか?

有名ブランド製の高価なスポーツマフラーもそれなりのよさがありますが、「中古車」という商材として見た場合はその限りではなく、どちらかと言えばプレーンな状態のノーマル車が好まれる傾向にあります。

そのため、所有しておられるカスタムカーを高く売りたいのであれば、買取査定前に保管している純正パーツを一通り用意しておき、査定時には合わせて見てもらいましょう。

純正パーツ有りの場合は、カスタムパーツは単純にプラス材料として買取金額への上乗せが見込めますので、カスタムカーオーナーの方は労を惜しまずチェックしておきましょう。

最近では軽キャンピングカーなどの「コンプリートカー」もありますが、こうした車両も購入時の付属品等を揃えておくと買取査定に良い影響を及ぼすと言えます。

 

洗車・室内清掃は入念に

洗車・室内清掃は入念に

一部で「どうせ販売前に洗うのだから、買取査定に洗車は関係ない」という噂がありますが、これははっきり言って全くのデタラメです。

実際に買取査定を行ってくれる査定士の方もひとりの人間です。綺麗な車を見れば商材としての価値を見出す意欲も上がります。

綺麗な車は、査定士に好印象を与えるので高額買取につながりやすくなります。

反対に、泥まみれで汚れが目立つ車両の場合、(これほど車が汚れているのに気にしないオーナーということは、見えない部分もさぞひどいのだろうな…)と警戒心を抱かせてしまい、実際の傷み具合以上に低評価を下されてしまう原因となってしまいます。

2時間も3時間もかけて手洗いで洗車する必要はありませんが、車高く売りたいのであれば、好印象を与えられるよう入念なクリーニングをされることをおすすめいたします。

\最大10万円のプレゼントキャンペーン(8月末までです)/

 

買取査定の際に注意しておきたいポイント

中古買取業者の査定士は、毎日のように車を見て買い取るプロ中のプロです。

車に関しての知識はディーラーの販売担当者以上であり、私たち一般人には及びもつかない眼識の持ち主ですが、事前にあなたの愛車に関する情報を仕入れてから挑むことにより、査定結果はまた変わってきます。

大手買取業者であればそこまで警戒する必要はありませんが、実際に買取査定に来る査定士もそれぞれ違うため、査定士のトークに押されてしまわない程度の予備知識は仕入れておきたいところ。

以下、買取査定における注意しておくべきポイントをご案内します。

車の買取査定で注意すべきポイント
  1. 修理箇所はできるだけ詳しく説明しておこう
  2. 査定金額に不満がある場合ははっきり「NO」と意思表示をしよう
  3. 「もう一声」が欲しい場合は、交渉もあり
  4. 必要書類を揃えよう
  5. 契約内容をしっかり把握した上での合意する

 

修理箇所はできるだけ詳しく説明しておこう!

修理箇所はできるだけ詳しく説明しておこう!

査定の際、修理箇所・修理履歴は、包み隠さず査定士に伝えましょう。

査定中に見つかっただけならばまだしも、買い取り成約後にそれを隠していたことが発覚した場合、状況によっては詐称(詐欺)となってしまうこともあります。

愛車の不具合が買い取り査定に不利になることを懸念するあまり、カー用品店などで購入できる安価なリタッチペンでケアするオーナーも多いのですが、素人目には上手く隠せていてもプロの目は誤魔化せません。

修理箇所を隠していたことが査定時に発覚し、疑いの目で見られ車両評価を下げてしまうよりも、オーナーであるあなたご自身が打ち明けることで好印象を与えマイナスを最小限にとどめることができます。

 

査定金額に不満がある場合ははっきり「NO」と意思表示をしよう!

査定金額に不満がある場合ははっきり「NO」と意思表示をしよう!

買取査定額に納得いかない場合、はっきり「NO」の意思表示をしましょう。そして帰ってもらうことをおすすめいたします。

(せっかく足を運んでもらったのに悪いかな…)と心を痛めてしまう方も少なくないかと思われますが、中古車買い取りは売主であるあなたと買い手である中古車買取業者との「商取引」の場でもあります。

売買契約書にサインした後、それ以上の買い取り価格を提示できる業者が見つかったとしても契約撤回は困難を極めますので、買い取り金額が気に入らない場合ははっきりと断るようにしましょう。

昔の今の買取の違い

オーナードライバー歴が長い方の場合、買い取り金額に不満があっても査定士のトークに流されてしまい、(そんなもんなのかな…)と信じ込んでそのまま買い取りに合意されたという経験があるのではないでしょうか?

 

インターネットが普及するよりも前であれば、中古車買取業者の査定士はほとんどこうしたタイプの担当者であったため、クチコミ等の情報も出回らないためこうした取引がまかり通っていました。

 

しかし、現在ではネットの普及率の上昇もあり、こうした不当に車両価値を低く見積もって買い叩こうとする買取業者は激減し、本来あるべきの価格競争が行われるようになりました。

 

「せっかく査定に来たのに手ぶらでは帰れない」といってごねる業者も以前はいましたが、現在では法整備によってこのような行為は違法です。

\最大10万円のプレゼントキャンペーン(8月末までです)/

 

「もう一声」が欲しい場合は、交渉もあり!

その担当者との相性次第、という面もありますが、もし人当たりがよくて誠実そうな査定士が買取査定に来てくれた場合、提示価格に不満があったら「もう一声」と交渉してみましょう。

このご時勢、体面を気にして言われるがままの価格が全てと考えてしまう方も多いのですが、中古買取業者の買取価格はある程度の安全マージンが取られており、それが妥当な範囲の要望であれば査定士の裁量で上乗せすることも可能です。

特に一括査定サービスを利用して車を売る場合は、「他社に負けるな!」と上司から厳命されて派遣されてくる査定士がほとんどであるため、上手に交渉すれば「もう一声」は十分に期待できます。

(口下手だから交渉する自信が…)という方は、「もう○○円高くしてくれるなら御社に任せます」の一言だけでも十分ですので、失敗を恐れず気軽に交渉してみることをおすすめいたします。

この言葉は査定士にとっては殺し文句のひとつで、(売る気があるオーナーさんだ)と判断できる言質となっております。

さすがにその希望金額を上回ることは難しいかも知れませんが、売主であるあなた自身が「本気で売りたい」という気配を見せることにより、査定士も限界ギリギリの買取価格を提示してくれる可能性が高まります。

 

必要書類を揃えよう!

必要書類を揃えよう!

車を売るときは、必要な書類が様々あります。

書類が漏れていたり、不備があった場合、どんなに高価な車種でも中古車としての価値が激減してしまいますので、買取査定申し込み前にはその有無を確認しておきましょう。

以下、車を売る際に必要となる書類をご案内します。

自動車売却時に必要な書類
  • あなたご自身の身分証明書(運転免許に限らず健康保険証等の公的機関発行のものであれば可)
  • 自動車検査証(現住所・氏名記載のもの)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(紛失時は再発行も可能)
  • 実印(軽自動車の場合は認印でも可)
  • 振込口座情報(キャッシュカード・通帳のコピー可)
  • 印鑑登録証明書(普通自動車の場合)

普通自動車と軽自動車とで若干用意する書類が異なります。

上記が揃っていれば問題なく買い取りは可能だと言えます。

買い取り査定を申し込む前にはこれらの必要書類を確認し、査定当日になって慌てないようしっかり準備しておきましょう。

第4回:車を売る時に必要な書類(買取業者編)

 

契約内容をしっかり把握した上での合意を!

契約内容をしっかり把握した上での合意を!

細かな文字がたくさん書かれた契約書は、読む方にとっては神経を消耗する面倒な代物。

そのため、多くの方が通り一遍の流し読みでそのままサインしてしまいがちですが、目を通した上で契約書にサインしてしまうと後からの撤回はまず不可能となってしまいます。

自動車の売却は車両の引き取りだけではなく、法的な所有権・課税などが絡む重要なことですので、どんなに面倒であったとしても全ての事項にしっかりと目を通しておきましょう。

特に売却成約から実際の支払いまでの期間やその方法など、重要事項の確認は後のトラブルを防ぐポイントとなります。

買取金額の振込みが一ヶ月後にもかかわらずそのままサインしてしまった…といった憂き目に合わないよう、自衛策として確認しておくことをおすすめいたします。

\最大10万円のプレゼントキャンペーン(8月末までです)/

 

車を売る方法は他にもある!それぞれのメリット・デメリット

他にも車を売る方法があります
  • 下取り
  • ネットオークション
  • 個人売買

車を売ることをご検討中の方であれば、前述したインターネットオークションなどでの個人売買といった選択肢もお考えになったことがあるのではないでしょうか?

インターネットが普及した現在、そうした多くの選択肢があることは皆様もよくご存知の通りですが、自動車・バイクはその他の商品とは異なり、法的な義務が課せられる特殊な商品でもあります。

そのため、扱い方を間違えて安易に売却した場合、後々になってトラブルに巻き込まれてしまうことも多く、売値の高さ=お得とは決してならない事情があります。

以下、売却手段別のメリット・デメリットをご案内します。

 

手間は少ないけれど査定額が低くなる「下取り」!

一般的なカーオーナーの方が車を売る際、真っ先に思いつくのが「ディーラーでの下取り」です。

車を売る方のほとんどが次の車への乗り換えを意識する関係上、新車を販売する正規ディーラーは手間なく乗り換えできるというメリットがあり、納車までの間は代車を用意してくれるといったメリットがあることも否定できません。

その一方、ディーラーはあくまでも「新車を売ることで利益を上げるビジネスモデル」であるため、下取りはあくまでも新車を売るためのサービスの一環でしかなく、自店舗での再販売化を踏まえた高値をつけられない点が大きなデメリットです。

手間なく車を乗り換えられるという点では秀逸ですが、下取りだからといって特別有利なオファーが出されることは期待できず、差し引きで考えるとデメリットの方が大きいというのが実情だと言えます。

 

落札金額は青天井だけども、安心できない「ネットオークション」!

近年では常識となりつつある自動車・バイクのインターネットオークションですが、顔の見えない相手との取引には危険も潜んでおります。

特に多いのが、落札後の値下げ交渉や名義変更問題といったトラブルです。

他にも、愛車を引き渡した後も廃車・名義変更手続きを問題なく行ってくれるかどうか?といった不安の種も残るため、取引後も油断することができません。

取引終了後、数ヶ月経過してから「どこそこに不具合が出た。不具合を隠して売ったあなたの責任だ」と難癖をつけてくるといったトラブルも決して少なくはなく、安心して愛車を手放すにはリスクが高い売却手段と言わざるを得ません。

インターネットオークションは落札価格が青天井であるというのが強みですが、そうした後々の不安の種を内包していることも考えると、決しておすすめできる取引でないことは確かです。

 

友人ならば信頼性は文句なし!ただし手続きが面倒な「個人売買」!

インターネットオークションでは顔の見えない相手との交渉となるため不安が大きいのですが、ご自身が信頼できるご友人・知人であればその不安はなく、売却する選択肢としては非常に有効です。

ただし、個人売買は、廃車手続きや名義変更といった手続き全てを当事者同士の手で行う必要があり、平日に運輸支局(陸運局)へ出向く必要もあるため、一般の方が考えておられるよりもかなり手間がかかります。

また、仲の良いご友人・知人であればあるほど価格の引き上げは難しく、相手も安く売ってくれるからということで取引に乗ってくれることがほとんどであるため、「車を高く売る」という観点から見るとややマイナス面が強いと言えます。

\最大10万円のプレゼントキャンペーン(8月末までです)/

 

当サイトがオススメする一括査定サイトはこちら!

当サイトがオススメする一括査定サイトはこちら!

おすすめの売却手段は、大手買取業者の出張買取査定サービスを活用して売ることです。

「知識がない素人でも安心して買い取ってもらえる」

「簡単手順で誰でも高額買取が期待できる」

忙しい私たちでも、カンタンに高く車を売ることができるからです。

信用・企業イメージを大事にする「大手」であることにより、小規模買取業者に見られるような買い叩き・手続き不備といった心配もなく、交渉やタイミング次第で通常より高額な取引も期待出来る大手買取業者は、ライバル社と競合することでさらなる高値を提示してくれる可能性があります。

(調べるうちに選択肢が広がりすぎて何が一番良いのかわからなくなってしまった…)という方は、ぜひ当サイトの記事を参考に愛車を高く売るコツを掴んで頂ければ幸いです。

以下は管理人が実際に利用してみた上でおすすめできる優良一括査定サービスです。

車買取一括査定サイト

一ノ瀬スバル
僕が特におすすめできる一括査定サイトをご紹介します。 複数サイトに登録しておいた方が、多くの業者で価格競争をさせることができるので高額査定に結びつく確率がアップするよ!

  • 一位かんたん車査定ガイド

    ポイント!

    • 査定申込後、1秒で相場価格表示
    • 最大見積数 10社
    • JADRI加盟の優良企業だけが参加しているので安心
    • 上場会社が運営の査定サービス

    「ガリバー」「カーセブン」「アップル」「ビッグモーター」「カーチス」などの大手買取業者を含んだ最大10社からの査定額を1度に知ることができます。

    登録業者は多いですがどこも実績のあるところばかりなので特に安心感の高い一括査定サービスです。

    愛車を最高額で売りたいのなら「かんたん車査定ガイド」と「楽天・中古車買取査定」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    公式サイトへ
  • 二位楽天・中古車買取査定

    ポイント!

    • 最大見積数 9社
    • 大手買取業者が中心に加盟している安心感
    • 安心の楽天サービス
    • 売却成立で楽天ポイント1,500Pがもらえる

    知名度抜群の楽天が運営するサービス。35万円高く売れているケースもあります。売却成立で1,500楽天ポイントもらえます。

    愛車を最高額で売りたいのなら「楽天・中古車買取査定」と「かんたん車査定ガイド」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    公式サイトへ
  • 三位ユーカーパック

    ポイント!

    • 最大2,000社の買取店が入札
    • オークション形式だから最高額がでやすい
    • 電話連絡はユーカーパックとだけ、対応はラク
    • ガソスタで1度査定すればOK

    一度の査定で最大2,000社が入札するので本当の最高額がわかります。ユーカーパックで35万円高く売れているケースもあります。最後の最後、お試しで価格を調べたいときにおすすめ!

    公式サイトへ