第4回:車を売る時に必要な書類(買取業者編)

本ページでは、車を売却する際に必要な書類についてご紹介します。

実は、車検証の他にもいくつか用意する必要のある書類があります。

不足や不備があると最悪の場合車を売ることができなくなってしまうこともありますので、ぜひ最後までお読みくださいね!

車を売るときに必要な書類

今回は「小型・普通車」と「軽自動車」のふたつの場合について解説していきたいと思います。

小型・普通自動車を売る場合に必要になる書類一覧

小型・普通自動車を売ろうとする場合、必要書類は以下の通りです。

車の売却時に必要な書類
  • あなた自身の身分証明書(運転免許証に限らず健康保険証等の公的機関発行のものであれば可)
  • 自動車検査証(現住所・氏名記載のもの)
  • 印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(有効期限要確認)
  • 実印
  • 振込口座情報(キャッシュカード、通帳のコピー可)

小型・普通車はナンバー申請時に実印で登録を行うため、所有・移転登録を行う際には直近3ヶ月以内に発行された印鑑証明用に登録された実印を押印した「譲渡証明書」が必要となります。

買取業者やディーラーに買取を依頼する場合は、自分で譲渡証明書を用意する必要はありません。

なお、売却成約時には業者が用意している雛形への記名と押印が求められるため、必ず実印を用意しておきましょう。

車検証や自賠責保険証明書などは車両への積載が義務付けられているため、ダッシュボードなどに収納されているのが多いです。チェックしておきましょう。

もし、車検証・自賠責保険証・納税証明書といった必要書類が紛失していた場合は、管轄機関に再発行手続きを行うことで交付してもらえますので、査定当日になって慌てないためにも事前確認されることをおすすめいたします。

軽自動車を売る場合に必要になる書類一覧

続けて軽自動車を売却する場合に必要な書類について解説させて頂きます。

車の売却時に必要な書類
  • あなた自身の身分証明書(運転免許証に限らず健康保険証等の公的機関発行のものであれば可)
  • 自動車検査証(現住所・氏名記載のもの)
  • 印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書(有効期限要確認)
  • 印鑑(必ずしも実印である必要はなく認印でも可)
  • 振込口座情報(キャッシュカード、通帳のコピー可)

軽自動車を売る場合は小型・普通自動車とは異なり、実印でなく認印でも良いという点が挙げられます。

軽自動車は移転登録の必要がなく、印鑑登録証明書を用意しなくとも届出のみで対応することが可能となっている関係上、小型・普通自動車と比べると取引に関する手間は少なめとなっております。

その他の必要書類はおおむね小型・普通自動車と同じですが、印鑑証明の交付を受けに役所へ出向く必要はありません。

あなたの愛車を買取業者に査定してもらった後は、車両状態を判断して最終査定金額をもとに売るか売らないかの判断をすることになります。

もし買取金額に不満があればはっきりと断り、あなたが納得のいく買取金額が提示され売ってもいいと思えた際は、名義変更等の手続きのために様々な書類を用意する必要があります。

車検証はその最たる書類ですが、それ以外にも印鑑証明書・納税証明書といった公的機関が発行する書類も必要となります。

特に納税証明書や車検証は紛失してしまうと再発行に時間がかかるため、事前にしっかりと確認した上で時間的余裕を持って考えることが重要です。

事情によってはこんな書類も必要です!

ここまでは車を売る上で必ず用意しなければならない書類について紹介してまいりましたが、それ以外にも書類が必要なケースがあります。

住民票

引越しや単身赴任といった理由などにより、あなたの現住所と愛車の登録住所が異なっていた場合、売るためには「住民票」が必要となります。

登録時の住所と現住所が異なるだけであれば住民票の写し(抄本)でも構いませんが、2回以上の転入出歴がある場合は附表も求められますので、お心当たりのある方は謄本で住民票を請求しておくのが無難だと言えます。

戸籍謄本

結婚や養子縁組などで名字が変更になった場合、住民票と合わせて「戸籍謄本」を求められるケースがあります。

必ずしも必要となる書類ではありませんが、店頭持ち込みで買い取りを依頼する際に求められることが多いため、該当される方は買取査定申し込み時に相談しておくことをおすすめいたします。

委任状・譲渡証明書

ディーラーや買取業者に車を売る際は必要ありませんが、もしあなたが個人売買で愛車を売るつもりであるならば、必要書類に加え「委任状」「譲渡証明書」が必要となります。

車を取引する両者が一緒に運輸支局へ出向くのであればその限りではありませんが、どちらか一方だけで名義変更・廃車手続きを行う場合は委任状が必須ですので、忘れず用意しておきましょう。

以下に見本を公開させて頂きますので、必要に応じてプリントアウトしてご利用ください。

譲渡証明書
譲渡証明書の記入見本はこちらをクリック
委任状
委任状の記入見本はこちらをクリック

(画像をクリックするとpdfがダウンロードできます)

どちらか一方だけで手続きを行う際は、委任者(または代理人)欄にもう一方の記名・押印が必要となりますので、こちらも前もって用意しておくことをおすすめいたします。

中古車売却の際は必要書類を忘れず準備しましょう!

一ノ瀬スバル
これで必要な書類のことはわかってくれたかな?

その他にも「リサイクル券」というものが必要になることがあるけど、買取業者に売るならば一緒に手続きしてくれるから、今回は特に気にしなくていいよ。

本田ノリオ
はい、車検証の他にこんなに書類が必要なんて知りませんでした。
一ノ瀬スバル
そうだね。

僕が営業マンをやっていた頃、お客さんが売却当日になって書類がなくて大慌て、なんてこともよくあったから。

本田ノリオ
そうなんですか?

そうならないように、家に帰ったら嫁と一緒に書類確認しておくことにします!

一ノ瀬スバル
ノリオくんは本当に行動が早くていいね。

もしも足りない書類があったら再発行の仕方を教えるから、またその時は電話して。

本田ノリオ
わかりました、もしもの時はお願いしますね。
一ノ瀬スバル
よし、それじゃ次はいよいよ車を売る際の具体的な手順について教えていくね。
本田ノリオ
次回もよろしくお願いしますね!ありがとうございました!

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。

▼「車売却はじめて講座」の続き▼

第5回:車を売る流れを知ろう(買取業者編)