パレット(スズキ)の買取相場!車を高く売る2大ポイントと注意点!

広々とした車内スペースを擁する、スズキ・パレット。ハイトールワゴンの中でも先駆的な存在として、2008年に誕生しました。

現在では生産終了(後継車種はスペーシア)となっていますが、乗りまわしの良さや軽快さを感じさせるデザインなどから、今なお根強い人気のある軽ワゴン車です。

特に女性やファミリー層から人気の高かったパレット。中古車市場では、現在でも高い需要を誇る車だと聞けば、高く買い取ってくれそうな期待が持てますよね。

ただ、生産終了となった車の場合、高く買い取ってもらうにはいろいろと気を付けなければいけない点もあります。

そこで今回は、そんなスズキ・パレットを高く売るためのコツについて紹介していきます。

特にせっかく愛車を手放すのなら、できるだけ高く買い取ってほしい。こんな風に考える方は是非参考にしてみてくださいね。

 

パレットの買取相場

パレットSW(XS)の買取相場

年式 買取相場
2012年式 32.1万円
2011年式 31.1万円
2010年式 25.9万円
2009年式 25.4万円

出典:ナビクル

 

上記がパレットの平均的な買取相場。10年前のモデル、生産終了の車の買取だと考えれば、驚くような額だといえますね。

ここで紹介しているパレットのグレードは、人気車種の中でも購入時の費用は安価な物。だからこそこれだけの買取額が期待できるのなら、買取を検討する価値が十分にあると思いませんか?

古い車、まして軽自動車なんて買い取ってもらえないのでは?なんて心配はいりませんよ。

 

パレットが高く売れる2大要素とは?

同じパレットでもグレード等の違いによって、購入費用が変わってきますよね。買取に関しても、やはり対象となるパレットの人気具合によって買取額に差が出てきます。

ここではまず、パレットの中でもより高額査定が期待できる要素について見ていきましょう。自身が所有しているパレットと比べてみてくださいね。

 

人気グレードはSW

パレットの中でもスポーツ系の軽自動車として派生したパレットSW。ハイトールワゴンでありながら、走りそのものにもこだわったモデルとして高い人気を誇っています。

パレットの中では初の派生モデルであること、専用アルミホイールなどデザイン面のシャープさも人気の秘訣といえるでしょう。SWタイプのパレットなら、一般的なパレットよりもプラスアルファの査定が期待できますよ。

 

ターボ付きのパレットも高額査定が期待できる

ハイトールワゴンの一番の弱点は、どうしてもパワー不足を感じるところだといえます。背が高いことによる車内スペースの解放感は魅力的ですが、反対に背が高いからこそ制動力の弱さやパワーの不足が出てくるのです。

もちろん街乗りでしか使わない、こんな方には問題ないでしょうが、坂道が心もとないと感じる方も多いもの。この弱点を克服できるのが「ターボ車」であることです。

車内空間の広さと力強さを備えているターボ付きのパレット。これなら、中古車市場での愛車の価値を大きくあげることができますよ。

 

パレットで高額査定実現!査定前に知っておくべきこと

では実際にパレットを売ろうと考えた際、より高く買い取ってもらうためにできること。知っておくべきこととは何なのでしょうか?

せっかく大切に乗ってきた愛車を手放すのなら、返ってくる金額も大きい方がいいに決まっていますよね。

特にパレットは生産終了後も、中古車市場では人気の車。知らないうちに損をしてしまわないよう、査定前に知っておくべき点について見ていきましょう。

 

パレットの価値を事前に把握!そして希望する売却金額を決めておく!

まず最初に簡単にできることとして、自身が所有しているパレットの価値を把握。そのうえで希望売却金額を決めておくことです。

車のように大きな物、初期費用が大きいものの売買は、経験したことがない方が多いのではないでしょうか。今回初めて車の売却を考えている。こんな方の場合、実際に愛車がどのくらいで売れるものなのか?といった点は未知数に思えますよね。

だからこそ業者に任せておけば適正な査定額を出してくれるだろう。と安易に業者に投げ出してしまう方も多くなっています。

しかし、よく考えてみましょう。

業者もビジネスで車を買い取っている以上、できるだけ安く買い取ろうとするものです。

知識がない素人さんが事前に調べることすらしないで車を売りに来る、この状態は業者からすれば、まさしくカモがネギをしょってきた状態。

これでは業者の思うが儘に、愛車を買いたたかれてしまいます。だからこそ事前に愛車の価値を把握し「〇十万円以下では売れない!」と希望売却金額を決めておく必要があるのです。

専門家に任せることは大切なことですし、何もかも自分だけで行うことは無理を通すことにもつながるでしょう。

しかしすべてをお任せすることと、業者の豊富な販売ルートを利用して高値で買い取ってもらうこと。この2つでは利用の仕方が違うことを意識してみましょう。

ちなみに愛車の価値を確認する際に便利なのが「一括査定サービス」です。実際に愛車を売らなくても、情報を入力して個々の車の買取相場を確認することも可能。

便利、手軽にできることなので、一度利用してみるのもおすすめですよ。

 

相見積りは高額査定に導くポイント

次いで大切なポイントは、1社だけの業者の査定で満足しないこと。

どんなことに対してもいえることですが、1人の意見だけよりも、広く意見を募った方が良い解決策が出たりしますよね。

これと同じように1社だけではなく、複数社から見積りをもらった方が、愛車の価値をより正確に見極めることができます。また中古車の買取業者にも、買取の際に得意な車、不得意な車が存在します。

この得手不得手を素人が外側から判断するのは難しいもの。パレットの買取に強い業者を見つけるためにも、1社だけの査定で満足しないことが重要です。

この際に便利に使えるのが、中古車の一括査定サービスの利用。外側から見極める必要もなく、複数の業者に簡単に査定をお願いできます。

返ってきた査定額を見比べれば、どの業者がパレットの買取に強いのかも一目で判断できますよ。また手軽に一番高く買い取ってくれる業者を見つけることもできますね。

高額査定を引き出すためには、やはり一括査定サービスの利用が一番のおすすめですよ!

 

業者間で競争意識を高めてプラスアルファを引き出す

複数業者に査定をお願いする利点として、他にも競争意識からの査定額プラスを引き出す効果が見込めます。

自社だけがパレットの査定をしているわけではない。この点を強調することで、それぞれの業者が自社で買い取るために、ぎりぎりの査定額を提示してくれる期待が高まります。

複数業者を使う、そして一社だけではない点を強調する。このような交渉は車に限らず、査定をお願いする場合には必須の交渉術です。しかし、このような交渉は誰でも得意なわけではありませんよね。

何となく相手に相見積りであることを言いづらい。

ケチだと思われそうでなかなかいえない…。

こんな方におすすめになるのも、やはり一括査定サービスなんです!

実は一括査定サービスを利用すると、愛車の情報とともに一括査定サービスを経由した申し込みである事実が相手にも伝わります。

何もしなくても、勝手に業者間でのパレット争奪戦が始まりますよ!いろんな面から見て一括査定サービスは非常に便利に活用できます。少しでも高く買い取ってもらいたいと考えるのなら、ぜひとも利用してみましょう。

 

高額査定を引き出すための注意点とは

せっかく高く売りやすいパレットでも、売り方を間違えてしまえば高額査定は遠ざかってしまいますよね。

最後は高額査定を遠ざけてしまう、してはいけない注意点について見ていきましょう。

 

査定前は愛車をピカピカに磨き上げて

パレットを高く売りたいと考えるのなら、査定前にはしっかりと愛車の掃除をしておきましょう。内装、外装にこだわらずにピカピカにしてあげてくださいね。

査定をお願いした場合、パレットの現状を確認するのは、最終的には機械ではなく人がすることになります。汚い車を確認するよりも、きれいな車の確認の方が気分がいいことは人間なら当然ですよね。

何より車をきれいに掃除しておくことで、大切に丁寧に乗ってきた車であろうとイメージ付けることもできます。車のパフォーマンス面でも、乱暴に扱われてきた車より大切に扱われてきた車の方が長持ちするもの。

しっかりと掃除をしておくことで、マイナス査定を防ぐことはもちろん、プラスアルファに関しても期待ができますよ。

 

下取りは絶対にNG!高く売るには一括査定がマスト!

今回初めて車を買い取ってもらおうと考えた方は、今までは下取りを利用していたのではないでしょうか?

新車納車とのタイミングが合わせやすいなど、下取りにも便利な面はいくつかあります。

しかし、車を「高く買い取ってもらう」事を目的にするのなら、下取りは絶対におすすめできません。

なぜなら下取りは車を買い取ることをメインとしてないから。再販売のルートも貧弱なので、そもそも査定金額を高く設定することができないのです。

平均すれば買取と下取りではおよそ6万円前後の差が付きます。

パレットの買取相場から見れば、6万円の差は非常に大きいですよね。高く買い取ってもらうことを目的にするのなら、絶対に下取りではなく買取をお願いしましょう。

 

10年落ち、20万kmオーバーでも廃車にしてはダメ

古い車、過走行車は廃車にするしかないなんて思っていませんか?実際に昔は20万kmどころから10万kmを走った車は廃車にするしかない、何て雰囲気がありましたよね。

しかし現在では、20万km越えの車でも十分に需要があるのです。

そもそも現在の中古車再販売ルートは非常に多岐にわたり、海外からの日本車の需要はうなぎのぼりといっても過言ではないでしょう。

十分に売れる車をイメージだけで廃車にしてしまっては、大損どころの話ではありません。今まで持っていた車買取のイメージはいったん横において、古い車でも買取の検討をしてみてくださいね。

 

パレットを高く売りたいなら需要が高まっている今!

今回はスズキのハイトールワゴンの中でも、いまだ高い需要が見込めるパレットを高く売るための方法について見てきました。

パレットを高く売る方法まとめ
  • パレットの人気グレードはパレットSW
  • 高く売りたいなら一括査定がおすすめ
  • 査定前にはしっかりと掃除をしてピカピカにしよう
  • 下取りでは高く売れないので買取を活用して

以上のようになりましたね。

ハイトールワゴンの草分け的存在であるパレットは、生産中止になった現在でも十分に「高く売れる車」です。ただ新車や新モデルが出ない分、時間の経過が唯一値落ちに繋がる車ともいえるでしょう。

だからこそ、まだまだ需要が高い今のうちに買取を検討することが賢い選択の一つ。そもそも中古車市場は1カ月、1週間の違いで大きく相場が変わる不安定な市場です。少しでも高く売りたいと考えるのなら、早め早めの行動がおすすめですよ。

 

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!



「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用して「いいとこ取り」をする方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます!

実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

大手買取店・小規模買取店の"両方"から見積りを取るのが最大のコツ!


最高値を引き出すポイント!
大手買取店+地元密着の小規模買取業者の両方から見積りを取ることです。
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!

買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

車を最高値で売る!最強3ステップを公開!


  • STEP.1
    地元の小規模買取店に査定依頼(無料)
    まずは、精度の高いグー買取相場を参考にしましょう。

    その後、グー買取サイトで表示された地元の買取店に無料査定を依頼します。

    ここで最低1社は査定依頼しましょう!

  • STEP.2
    大手買取店に一括査定依頼(無料)
    かんたん車査定ガイドは、大手買取店が無料査定してくれる一括見積りサービス。

    1度の依頼で最大10社から見積りが取れるます。

    依頼は45秒もあれば完了するのでカンタンですよ!
  • STEP.3
    見積比較・売却先決定
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。

【まとめ】
グー買取相場(買取相場を確認・電話営業なし)
かんたん車査定ガイド(大手買取店にまとめて査定依頼可能)