自動車リースを個人が利用するメリット・デメリット!自動車リースは損をしやすい理由

本記事では、自動車リースを個人が利用するメリット・デメリットをご紹介します。

また、自動車リースは損をしやすい理由についてもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

自動車リースとは

自動車リースとは、まず契約者が選んだ新車を自動車リース会社が代わりに購入、契約者は月々の定額使用料を支払うことで契約期間中その自動車を利用できるシステムです。

車両の購入価格だけではなく、純正オプションやメンテナンス料金・消耗品なども自由に選択できて使用料に含めることが可能です。

すなわち、所有者は自動車リース会社で契約者は使用者となるため、借りているだけの状態となります。車検証上も同様に記載されます。

契約終了後は、手数料を支払い次の新車に乗り換え・車両返却のみ・再リース・残存価格を支払い車両買取(3年リース不可)から選ぶことが出来ます。

自動車リースを個人が利用するメリット

自動車リースは、事前に用意された自動車の中から選んで借りるというイメージを持つ方も多いと思います。

車両の購入価格だけではなく、純正オプションやメンテナンス料金も自由に選択できて使用料に含めることが可能なため、自由が利きます。

メリット
  • 自動車購入時の頭金不要
  • 月々の支払いを安く抑えられる
  • 定額使用料のため支払が均一(オプション)
  • ガソリンの割引が受けられるところも有り

また、オプションを付けることで車検整備や消耗品などもリース料に含めることが出来るため、毎月定額で維持できるメリットもあります。

 

自動車リースと自動車購入の違い

自動車リース 自動車購入
【購入時】登録諸費用 リース料に含む 購入価格に含む
自動車税 リース料に含む 自己負担
【車検時】重量税・自賠責保険 リース料に含む 自己負担
定期点検・一般整備・車検整備 オプション 自己負担
タイヤ・バッテリーなど オプション 自己負担

参考1:【日産自動車】https://www.nissan-fs.co.jp/carlease/mylease/merit.html

参考2:【コスモ石油】https://www.cosmo-mycar.com/first-guide/

自動車リースを個人が利用するデメリット

一見メリットだらけのように感じる自動車リースですが、実は落とし穴がいっぱいです。

返却時には、走行距離・キズ・汚れ・修復歴などリース料とは別で請求されるかもしれないリスクも生じるため、リスクも踏まえなければなりません。

目先のメリットだけを見ると魅力的に感じますが、トータルで見るとデメリットが大きいのも特徴です。

また、自動車リースはリース会社の利益も上乗せされるため支払総額は新車購入するよりも高くなるのが通常です。

デメリット
  • 支払総額が購入よりも高い
  • 残価設定の金額は相場より低い
  • 税金や付属品は本体リース料に上乗せ
  • 車両返却時キズや汚れがあれば別途請求
  • 走行距離が多ければ別途請求
  • 新車に乗り換える度、手数料が掛かる
  • 3年リースでは買取不可
  • 改造禁止(社外オーディオなど)
  • 中途契約解除不可
  • 他のローンの審査が難しくなるなど

参考1:【ORIX】https://www.carlease-online.jp/leaseinfo/index.html#anc-2

参考2:【IDEMITSU】https://www.idemitsu-autoflat.com/carlease/merit.html

メリットを強調してデメリットは分かりにくくする企業が多い中、しっかりとメリット・デメリットについて表記する企業もあります。

ローンではなく月額で借りているだけでも、住宅ローンの審査などで自動車リースがあると引っかかるという場合もあるため注意が必要です。

自動車リースでよくある失敗

良いと思って契約した自動車リースでも、説明をしっかりと理解していなかったことが原因で起こるトラブルが後を絶ちません。

いざ返却するときに、「こんなことなら契約をしなかったのに」とならないためにも、メリット・デメリットを理解する必要があります。

返却するよりも買取業者に売却した方がお得なケース

購入時に設定される「残価」とは、リース契約終了後の下取り価格の約束のようなものです。

契約期間が選べる中で、企業が確実に損をしない金額で設定されています。

企業が再販を考える際に、「〇年落ちの走行距離〇〇㎞以下であればいくらの値が付く」というのは想定できるため、リスクのない金額で設定されていることが多いです。

擦りキズや室内の汚れで別途金額を請求されるケース

検査基準に収まる状態であれば「〇年落ちの走行距離〇〇㎞以下であればいくらの値が付く」に該当しますが、内外装の評価基準を下げてしまう要因があれば修繕費用を請求されます。

修復歴の有無で別途金額を請求されるケース

擦りキズや室内の汚れなどは修理・クリーニングなどで対応できますが、修復歴(修復はしていない骨格の歪みなども含む)がある場合は再販価格が大幅に変動します。

そのため、修復歴が見受けられる場合は擦りキズや室内の汚れ以上に請求額が高いことが容易に予想されます。

契約時の走行距離オーバーで別途金額を請求されるケース

契約時に1,000km/月や1,500km/月など走行距離を設定してトータル走行距離を踏まえて残価を設定します。

そのため、契約時よりも多く走りすぎてしまった場合は超過分の差額が請求されます。

返却時の相場が下がり別途金額を請求されるケース

大手企業ではあまりないかもしれませんが、稀に返却時になり「残価設定した金額よりも相場が下がった」為に差額を請求される場合もあるようです。

例:【教えて!goo】https://oshiete.goo.ne.jp/qa/420416.html

自動車リースとマイカー購入比較

結局、自動車リースとマイカー購入であればどちらがお得なのかという疑問についてお答えします。

トータルコストを考えてもマイカー購入の方がお得です。

また、返却時の請求に怯えて神経をすり減らすことを考えると、断然マイカー購入をお勧めします。

リース契約により決められた安い残価で自動車を持っていかれるのであれば、ローンを組んでいても買取業者に高く買い取ってもらいローンを相殺する方が断然お得です。

 

自動車リースとマイカー購入のトータルコスト比較

自動車リース マイカー購入
車両本体価格 同等 同等
付属品 同等 同等
登録諸費用 同等 同等
自動車税 同等 同等
車検費用
(重量税・自賠責保険・整備費用他)
リース料金に上乗せ 掛かった分だけ
メンテナンス費用
(オイル・エレメント他)
リース料金に上乗せ 掛かった分だけ
消耗品費
(タイヤ・バッテリー他)
リース料金に上乗せ 安いもの・高いもの選べる
手数料 手数料は会社により異なる ローン手数料は選べる
売却金額
(返却金額の場合下取り価格)
安い 高い

自動車リースを個人が利用するメリット・デメリット!自動車リースは損をしやすい理由まとめ

自動車リースは、事前に用意された自動車の中から選んで借りるという堅苦しいイメージとは違い、今お金がなくても新車に乗れるというのがメリット。

車両の購入価格だけではなく、純正オプションやメンテナンス料金も自由に選択でき、使用料に含めることが可能なため自由が利きます。

ただ、説明をしっかりと理解していないことで起こるトラブルが多いです。

いざ返却するときに、「こんなことなら契約をしなかったのに」と後悔しないようにしましょう。

返却時には、走行距離・キズ・汚れ・修復歴などリース料とは別で請求されるリスクも生じる為、トータルコスト・安心して自動車を使用するためにもマイカー購入・買取業者への売却がおすすめです。

リース契約により決められた安い残価で自動車を持っていかれるのであれば、ローンを組んでいても買取業者に高く買い取ってもらいローンを相殺する方が断然お得です。

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

実際の査定額を公開!

事例1:トヨタランドクルーザーの買取相場
事例2:日産エルグランドの買取相場
事例3:ダイハツムーブの買取相場
相場を知って愛車を一番高く売ろう!車買取の一括査定サービスの利用をおすすめ!


車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。