ETC・ナビは、付けたままの方が高く売却できる?

今回はETCやナビは付けたままの方が高く売却できる?という質問にお答えします。

査定額への影響や、車を買い替えた際に必要なETCの豆知識なども解説していますので、ぜひ最後までお読みください。

ETCを車に付けたまま売却しても査定額には影響なし

車を売る際には、さまざまな面から査定を受けるために調べてみたりするものですよね。

中でも気になってくる点は、車に付けているETCやカーナビなどの、付属アイテムを取り外すべきか否か。

付けたまま売った方が高くなるのかな?このように考える方はとても多いと感じます。

しかし、結論を先に行ってしまうと、ETCに限っては付けたまま売却をしても査定額には、ほぼ影響しません。

一番の理由として挙げられるのが、「ETC車載器は安い」という現実があります。

ETCは新しいものでも1万円もあれば購入が可能。車関係のものは高いというイメージがあるものですが、ETCに限ってしまえばそれほどでもないのですね。

また、高速に乗ることがない方からすれば、ETCがあろうがなかろうがあまり意味がありません。これらの理由から、ETCを付けたままで買取店で査定をしてもらったとしても、プラス査定にもマイナス査定にもならないのです。

新車へのETC導入ケースによって選択しよう

では車を売却する際にETCの有無をどのように考えればいいのかといえば、新しく購入する車に付けるETCをどうするのか?といった点から考えるのが一番です。

それぞれのケースごとに、ETCをどうするべきなのか見ていきましょう。

新しく購入する車にETCが付いている場合

新しく購入する車にすでにオプションとしてETCが付いている。新車を購入する際には、このケースが一番多いかもしれませんね。

すでに新しいETC車載器が付いているのなら、売却予定の車に付いているETCは付けたままでも問題ありません。個人情報の流出などを気にする方もいるかもしれませんが、そもそもETC車載器には個人情報が登録されていません。

ETCカードを読み取ったりするための外部パーツだと考えられるので、付けたままでもこの点は気にする必要がないのです。

ETC車載器を取り外して、別個に売りに行くこともできるでしょうが、取り外しを自分でできない場合には取り外す際の工賃がかかってしまいます。ETCそのものの売却額がそれほど高くないので、自分で取り外せない場合は素直に付けたまま売却をする方がおすすめです。

新しく購入する車にETCが付いていない場合

では反対に新しく購入する車にETCが付いていない場合。そんなに高いものではないとしても、使いまわせるものは使いまわして費用を安くあげたいなんて方もいますよね。ETC本体の購入費用が掛からないので、この点はお得になります。

ただ、この際に気を付けなければいけないのは、古い車からの取り外し費用と、新しい車に付ける際のセットアップ料金。外すだけなら自分で外せる、このような方なら特に問題はないでしょう。

しかし、基本的にはプロにやってもらうことが一番。取り外し費用、セットアップ費用、ともにディーラーやカー用品店、またはガソリンスタンドなどでも対応してもらえますが、それぞれでかかる費用が変わってきます。

取り外しに関してはそこまで大きな違いはありませんが、ディーラー・カー用品店では、持ち込みのETCの取り付け・セットアップは割高料金になる事がほとんど。実際に工賃がどれだけかかるのかを調べたうえで、取り付けてもらう店舗を選びましょう。

新しい車を購入しない場合

ではもう新しい車自体を購入しない。このような場合はどうなるのかといえば、基本は新しい車にすでにETCが付いている場合と同じです。

車に乗ることがなくなってしまうのなら、わざわざETCを取り外したとしても売りに出すか、誰かに譲るくらいしか使い道がありませんよね。何度か紹介してきたように、ETC本体はそこまで高いものでもありません。

取り外しに費用が掛かるようなら、付けたままでの売却が一番簡単な方法だといえるでしょう。

車を買い替えた際に必要なETCの豆知識

ここまでは車を売却する際に、ETCをどうすれば一番お得になるのかを見てきました。

しかし人によっては、そもそも車を買い替えた際に、ETCにどのような対応が必要になるのか自体をよく知らない方も多いでしょう。

ここからは、ETCのちょっとした豆知識について見ていきます。

ETCのセットアップの仕方

ETCのセットアップとは、該当車両のさまざまな情報を暗号化したうえで、ETC車載器に書き込むこと。

ETCで使われている暗号化などのセキュリティは非常に高度なものになるため、指定された店舗においてのみセットアップができます。店舗としてはディーラー、カー用品店、または指定された一部のガソリンスタンドになり、一定の料金がかかることになりますね。

料金がかかるとなれば、セットアップも自分でできればいいのに…と考えがちでしょう。

確かに、ETC車載器を車に取り付けること自体は比較的に簡単なこと。しかしセットアップをするには、専門の機構と契約をする必要があり、この契約に数百万の費用が掛かります。

得をするために自分でしたいのに、別途契約費用がいるようでは意味がありませんよね。

ETCを取り付ける際には、必ず各専門店がETCのセットアップもしてくれます。無理に自分でしようと考えずに、プロの手に任せておきましょう。

ちなみにあらかじめセットアップされたETCをネットで購入することも可能。車に取り付けることが自分でできるのなら、ネットで新たに購入するやり方を検討してみるのもおすすめです。

ETCマイレージの継続方法

ETCを有効に活用している方からすれば、車の買い替えをすることによって、マイレージが無くなってしまうのではないか?といった疑問も出てくるでしょう。

確かに何もしなければマイレージの引継ぎは不可能です。しかし登録情報をきちんと変更しておけば引き継げるので、忘れないように変更をしておくことが大切なことですね。

ETCマイレージの引継ぎで必要になるのは、ETC車載器ではなくETCカードの情報です。ETCマイレージサービス公式サイトにログインした後、該当情報を変更していきましょう。変更情報は以下の通りです。

ETCマイレージの引継ぎ方法

新しく購入した車に、今まで使っていたETC車載器を使う場合 車両番号を変更
新しい車に新しいETC車載器を使う場合 車両番号・車載器管理番号を変更

ETC2.0とは?

ETC2.0とは、今まで使われてきたETCよりもさらに便利になってくる新しいETCサービス。

高速道路の料金を払うだけではなく、渋滞回避や駐車場料金の支払いなど、ETCを利用することでさまざまな交通上の利便さを上げるためのシステムです。

2016年から開始されているサービスですが、まだ実施されているのは首都圏のみ。

今後徐々にETC2.0へと移行していくことが予想されているので、新しくETC車載器を購入する予定がある方は、最初からETC2.0を選択するのもおすすめですね。本体価格は3万円程度なるので、車の売却の際をいい機会とすることもできるでしょう。

カーナビは年式・型式によって変わる

ここまでは車に付けるアイテムとして、ETCに関してみてきました。次に気になるのは、やはり現在の車には必須ともいえるカーナビです。

実際、カーナビは付けたままで買い取ってもらった方がいいのか?取り外した場合の査定への影響など見ていきましょう。

インダッシュ型ナビはプラス査定に

インダッシュ、といわれても何のことだかわからない方も多いですよね。インダッシュ型のナビとは、埋め込み型のカーナビのことになり、こちらのカーナビは基本的にプラス査定が期待できます。

なかでもHDD型、SD型の新しいナビは大幅なプラス査定になります。新しく購入する車にすでにナビがついている場合は、つけたままで買い取ってもらった方がお得だといえるでしょう。

また、インダッシュ型のナビは取り外すと、オーディオスペースが空いた状態になってしまいます。この状態は反対にマイナス査定となってしまうので、よほどこだわって選んだナビでもない限り、つけたままで買い取ってもらう方が査定額も期待できますよ。

古いナビはインダッシュ型でも査定外に

インダッシュ型のナビはプラス査定になる、と上記で紹介しました。しかし、同じインダッシュ型であっても、DVD型などの古いナビになるとプラス査定は期待できません。

ただし、古い型だからといってマイナス査定になる事もありません。オーディオスペースを埋めるためにも、つけたままでの売却がおすすめですよ。

メーカーラインナビ(純正品)は取り外しNG

インダッシュ型ナビの中でも、メーカー純正品を選んでいた際には取り外しは絶対にやめておきましょう。ディーラーの純正品とは違い、メーカーラインナビは車の製造工程中につけられるナビなので、エアコンなど他の機能と連動しているケースが多々あります。

ナビを取り外したことで、エアコンが使えなくなってしまったなんてこともあるほど。また、メーカ―ラインナビはその車専門のナビなので、取り外したとしても他の車種には付けることができません。

取り外してもほかの車には使えない上に、あちこちを故障させてしまう可能性もあるので、メーカーラインナビは絶対に取り外さないように気を付けましょう。

ポータブルナビは査定外

もっとも簡単に取り付けができ、安価なものが多いポータブルナビ。こちらは取り付けたまま査定に出したとしても、基本的に査定外のものとなります。

ある意味アクセサリーと同じ扱いになるので、車そのものの査定とは無関係になってしまうのですね。付けていても付けていなくても買取額には影響しないので、お好みで選択すればいいでしょう。

次の車に間に合わせとしてナビが欲しい。車の査定に響かないのなら、ナビだけ他の中古品店などで買い取ってもらう。もう必要ないからそのまま車に付けておく等、その時の状況によって選んでみてください。

まとめ

今回は車の付属品であるETC、カーナビに関してつけたままの方が高く売れるのか?といったところを解説してきました。

ポイントのまとめ
  • ETCは買取査定には影響しない
  • 新しく購入する車のETCによって選択する
  • カーナビは物によって査定額が変わる
  • インダッシュ型は基本プラス査定
  • ポータブル型は査定に関係しない

車を少しでも高く売却しようと考えれば、さまざまな点で気になってくることも多いと思います。

中でも、あったら便利なETCやカーナビは、付けたままの方が高く売れそうだと考えやすいアイテムの筆頭だといえるでしょう。

だからこそ今回紹介したことは、なかなかびっくりするような事実だったのではないでしょうか。メーカーラインナビ、インダッシュ型ナビ以外は、基本的に付いていても付いていなくても査定には関係しません。

新しく購入する車との関係も考えて、付けたままたにするか取り外してしまうのか、よく考えてみてくださいね。

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

実際の査定額を公開!

事例1:トヨタランドクルーザーの買取相場
事例2:日産エルグランドの買取相場
事例3:ダイハツムーブの買取相場
相場を知って愛車を一番高く売ろう!車買取の一括査定サービスの利用をおすすめ!


車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。