走行距離10万キロの車でも、買取や下取りをしてもらえますか?

今回は走行距離10万キロの車でも買取や下取りをしてもらえますか?という質問にお答えします。

走行距離10万キロの車が敬遠される理由や、10万キロの車を少しでも高く買い取ってもらう方法についてもご紹介しています。

ぜひ最後までお読みください。

走行距離10万キロでも、買取や下取りは可能

大事に乗ってきた愛車を売りに出すとき、走行距離によって買取価格が大きく変わってくることは、よく知られていることだと思います。

しかし、昨今では10万キロを超えたような車でも、積極的に買い取ってもらえる可能性があることをご存知でしょうか。

少し前までは10万キロは廃車の目安とも言われていましたよね。それが現在では十分に「売れる車」となっているのです。

何故10万キロの車でも買取はもちろん、下取りをしてもらえるようになったのでしょうか?日本車のスペックの高さ、ビジネスルートの幅広さをここから解説していきます。

買取専門店は、販路を豊富に持っているから高く買い取れる

昔は廃車の目安でもあった10万キロの車。現在では買取専門店はもちろん、下取りに出した際にも値段が付くようになってきています。

こちらの記事もどうぞ!

古いポンコツ車が下取りしてもらえる理由!車を処分する良い方法とは?

買取専門店の場合は10万キロ越えの車であったとしても、レトロカーであったり人気の高いモデルになってくると高額査定も期待できるほど。この高額査定の理由は、買取専門店は売却のための幅広いルートを持っているからこそですね。

レトロカーや人気のモデルは、少々走行距離が多めであったとしても、欲しがっている方がたくさんおられます。その車を探している人がいれば、買い取った後の販売のめどはすでに立っているともいえるでしょう。

また車としての価値がなかったとしても、車の部品としてのニーズが残っている場合もあります。ただ古い車だから、10万キロを超えた車だからといって、買い取ってもらえる可能性が0だと決まっているわけではないのです。

車買取の一括査定のメリット・デメリット、なぜ高く売れるのか?

そして下取りの場合でも値段が付きやすい理由は、昨今の国産車の性能の良さを上げることができます。実際問題日本の車の性能の良さは世界が認めるもの。10万キロの走行距離程度では、まだまだ車の性能に問題はないといえます。

このことから、下取りをした後にきちんとメンテナンスをすれば、十分に売りに出せる車なのですね。再販ができるのなら、下取りの際にも値段を付けることができます。

このように、一昔前まで言われていた「10万キロの車は廃車にするしかない」という言葉は、現在ではあまり現実味のない話になっているのです。

海外では走行距離10万キロでも、日本車が大人気

上記で日本の車の性能の良さは、世界に認められたものだと紹介しました。この言葉通り、海外では日本の車は大人気となっています。

10万キロ越え、20万キロ越えの車であっても、日本では人気のないモデルであったとしても、日本車だという理由だけで人気があるのです。

特に東南アジアなどでは、現代の日本では見られないような国産車が道路をたくさん走っている姿を見ることもできます。一部地域では日本車に乗っていることが、ステイタスになっている地域もあるほど。

日本では売れない車も、海外に行けば十分な需要があることから、10万キロの車でも買い取ってもらえます。

ちなみにこの日本車の人気の理由は、性能の良さはもちろん頑丈であることが挙げられます。少しくらい無茶な乗り方をしても、容易には壊れない、ボディがへこんでしまってもエンジンがきちんとかかる。

このように車に求められている、そもそもの機能が高い点が人気の高さに繋がっています。

メンテナンスの状況によって査定額は変わる

10万キロの車でも、十分に買い取ってもらえる可能性はあると紹介しました。しかし実際のところ、10万キロの車の査定額はぐっと下がることも事実です。

そして、査定額に大きく関わってくる点に「日頃のメンテナンス」を上げることができます。

10万キロの車であったとしても、日々大切に乗ってきた車と、車検時以外はメンテナンスをしたことがない車とでは、見えない場所の傷み具合は大きく変わってくるでしょう。

したがって10万キロの車を買い取ってはもらえても、査定額は必ずしも高くなるわけではないといえます。

10万キロ・20万キロを超えても車は大丈夫?必要なメンテナンスとは?

過走行車は、買取で不利

メンテナンスの他にも、日頃どのような乗り方をしてきたのか。といった点も査定の際には見られています。

特に走行距離の高い車において注目されるのが「過走行車」であるかいなか。過走行車とは、ただ長距離の走行をしてきた車ではなく、短期間で長距離を走行している車を指します。

過走行車・多走行車の買取で高額査定は得られる?そもそも値段はつくの?

そもそも車の一般的な1年間の走行距離は8千キロから1万キロ。したがって10年をかけて10万キロを走っている車は、標準的な乗り方をされてきたと判断することができるでしょう。

反対に5年間で10万キロの走行距離があった場合は、一般的車よりも2倍の距離を走っていることになりますよね。過走行の何が悪いのかといえば、一般的な乗り方よりも車そのものに負荷がかかっている可能性が無視できない点です。

どんなものでも休ませながら使用するのと、休む間もなく酷使するのでは、後者の方が損耗が激しくなるでしょう。この理屈と同じです。

ポイント
過走行車の基準は一律ではありません。

地域によって一般的とされる走行距離にも大きく隔たりがあり、地方では1万キロが当たり前でも、首都圏では一般的な走行距離は5千キロといわれていることも。過走行車に関してはあくまでも目安として参考にしてください。

走行距離10万キロの車が、敬遠される理由

ここまで10万キロの車でも買い取ってもらえる理由などを紹介してきました。

しかし、そもそも何故10万キロの車は敬遠されがちなのでしょうか?ここからは敬遠されてしまう理由について見ていきましょう。

車の寿命は10万キロというイメージが固定されている

最初でも軽く触れたように、そもそも車の寿命は10万キロだというイメージが大きな原因といえるでしょう。

実際、なぜ10万キロの車がいけないのかはわからないけれど、中古車を購入する際には走行距離が短いものを。このような考え方を多くの方が当たり前にもっています。

確かに昔の車は10万キロを超えてしまえば、廃車が当たり前でした。部品交換やメンテナンスに費用が掛かってしまうので、売るどころか維持をすることも難しかったのです。

この考え方やイメージが固定されていることから、10万キロの車は売れないと考えてしまいがちなのでしょう。

タイミングベルトなど「部品の寿命」がある

車の寿命が10万キロだという考えの裏には、タイミングベルト交換の時期がおよそ10万Kであったことも関係しているといえるでしょう。

タイミングベルトとは、車のエンジンが行う「吸気」と「排気」のバルブを動かす「カムシャフト」と呼ばれる部品を回すためのベルトです。このタイミングベルトが切れてしまうと、吸気も排気もできなくなることから、当然エンジンは止まってしまいます。

また、部品の劣化によるトラブルは車が止まっている時とは限りません。エンジンが動いているときにタイミングベルトが切れてしまうと、バルブそのものが曲がってしまったり、エンジンの破損を招く危険性も考えられるでしょう。

このようなリスクを避けるためにも、タイミングベルトの交換時期は、車の走行距離10万キロを目安に行われていました。そして車の部品交換は、なかなか高くつくもの。

タイミングベルトを交換してまで10万キロの車を乗り続ける意味があるのか、といった点から、余計に車の寿命は10万キロという考え方が広まったといえるでしょう。

走行距離10万キロの車を高く買い取ってもらう方法

ここからは、10万キロの車を少しでも高く買い取ってもらうためにできることを解説していきます。売却を考える前から気を付けておくべき点もあるので要チェックですよ。

乗っていた間のメンテナンスが重要

10万キロ超えの車を高く売ろうと考えるのなら、日頃のメンテナンスが欠かせません。

オイル交換はきちんとしているか、ブレーキパッドに過度な負担をかけていないかなど。特にオイル関係では、エレメントの交換を定期的に行うことも重要です。

車にかかっている負担は、日ごろから行われる些細なメンテナンスでも軽減することが可能。より良い状態を保つことで、売却時の査定を有利に運ぶこともできるでしょう。

見積りで一括査定を使う

車を高く売るには、多くの買取業車に査定してもらい、一番高値を付けた業者に売るのが賢い選択です。車買取の一括査定サービスを利用してみましょう!

買取一括査定とは、複数の買取業者から一度に見積りをもらうことができる便利なサイト。車の車種や年代、走行距離やグレードなどを入力することで、複数の業者がその車に対する見積りを提示してくれます。

業者によって抱えている販売ルートが異なってくるので、見積りを取る業者ごとで見積り額も変わってきます。一番高値を付けてくれる業者はどこなのか、自分の愛車の買取額が平均して今いくらなのかを簡単に見ることができるでしょう。

車買取の一括査定のメリット・デメリット、なぜ高く売れるのか?

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

実際の査定額を公開!

事例1:トヨタランドクルーザーの買取相場
事例2:日産エルグランドの買取相場
事例3:ダイハツムーブの買取相場
相場を知って愛車を一番高く売ろう!車買取の一括査定サービスの利用をおすすめ!


車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。

そもそも買い替えと維持費なら、どちらがコストを抑えられる?

ここまで10万キロの車を買い取ってもらうことについて解説してきました。

しかし、実際問題、売却をした後は新しい車を購入する必要があります。買い替えと今の車を維持していくことでは、コスト的にどちらがお得になるのでしょうか?

この問題は簡単に言ってしまえば、今まで乗ってきた車の車種や乗り方によります。

型落ちしても走行距離が長くても、一定の人気がある車種、俗にレトロカーと呼ばれるようなものですね。または現在は生産中止になっているような車種ならば、今売らなくとも未来でも値が付く可能性を残すことができます。

反面、人気の車種ではあるけれど短いスパンで新しいモデルが出ているような車種(ワゴンRやmove、普通車ではプリウスなどが該当)になると、時がたてばたつほど値落ちの可能性が無視できません。

また、メンテナンスに関してあまり意識を向けてこなかった場合になると、乗り続けた場合に起こる故障の可能性も考えなければいけません。古い車になればその分メンテナンスに関しても維持費がかさんでくるでしょう。

そして忘れてはいけないのが、自動車にかかる税金です。新車登録から13年、18年ごとに税金は値上がりしていきます。年に1回のこととはいえ、無視できない必要経費になってくることが考えられます。

これらのことを加味すれば、車種によほどの特徴がない限りは、買い換えたほうが長期的に見てもお得だといえるでしょう。

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

実際の査定額を公開!

事例1:トヨタランドクルーザーの買取相場
事例2:日産エルグランドの買取相場
事例3:ダイハツムーブの買取相場
相場を知って愛車を一番高く売ろう!車買取の一括査定サービスの利用をおすすめ!


車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。

まとめ

10万キロの車でも、買取、下取りともにしてもらえることがわかっていただけたと思います。

ポイントのまとめ
  • 買取業者は豊富な販売ルートを持っている
  • 現在の国産車は10万キロ程度なら余裕で動く
  • 海外では日本の車が大人気

昔の車と今の車の性能を比べてみれば、段違いであることは一目瞭然。日頃のメンテナンスや乗り方を丁寧にするだけでも、10万キロの車でも思っていなかったような高値を期待することもできます。

また、一括査定を活用すれば、複数業者の中から一番高値を付けてくれる業者を見つけることもできるでしょう。今では10万キロの車は廃車にするしかない、という考え方はナンセンスだともいえます。

大事に乗ってきた愛車を売却するのなら、より高額査定が期待出できる一括査定を活用してみましょう。