【自動車税】1ナンバーの税金・保険料・車検費用は?変更するメリットはあるのか?

本記事では、1ナンバーの車の税金や保険料、車検費用について解説しています。

また、1ナンバーに変更するメリットもご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

1ナンバーは税金が安くなる

まず1ナンバーは維持費と税金の面でもメリットとは、2年ごとの維持費が安くなるという事です。

1ナンバーは「普通貨物自動車」で一定の基準を満たしていると、1ナンバーとして登録されます。その為には、1ナンバーの基準を知っておく必要があります。

普通自動車というのは、長さ4.7メートル、幅1.7メートル、高さ2.0メートル、排気量2リットルという枠を超える車両です。この枠以内に収まる車両は、「小型自動車」という枠になるので、いわゆる4ナンバーの車になります。

普通自動車なのか、普通貨物自動車なのかという違いは、税金の面でもメリットをもたらします。その違いを見ていきましょう。

自動車税の違い

1ナンバーの場合には、最大積載量によって自動車税が変化します。これは4ナンバーの車も同じで、3ナンバーや5ナンバーの場合は排気量によって自動車税が変化していきます。

1ナンバーや4ナンバー(普通及び小型貨物)の自動車税

最大積載量 自動車税
1t 8,000円
1t超2t以下 11,500円
2t超3t以下 16,000円
3t超4t以下 20,500円
4t超5t以下 25,500円
5t超6t以下 30,000円
6t超7t以下 35,000円
7t超8t以下 40,500円

もし最大乗車定員が4名以上の場合には、総排気量1リットル以下は5,200円、総排気量1リットル超1.5リットル以下は6,300円、総排気量1.5リットルを超える場合は8,000円が加算されます。

反対に3ナンバーや5ナンバーの車の場合は、排気量で自動車税が変化します。普通自動車の自動車税の一覧表は以下になります。

5ナンバーや3ナンバー(普通及び小型自動車)の自動車税

総排気量 自動車税
1L以下 29,500円
1L超1.5L以下 34,500円
1.5L超2L以下 39,500円
2L超2.5L以下 45,000円
2.5L超3L以下 51,000円
3L超3.5L以下 58,000円
3.5L超4L以下 66,500円
4L超4.5L以下 76,500円
4.5L超6L以下 88,000円
6L超 111,000円

一覧にしてみると、貨物自動車の方が自動車税が安い事が明らかです。

重量税の違いと車検費用

さらに車両にかかる税金として、重量税が挙げられます。1ナンバーとそれ以外のナンバーでどのように変わるかを一覧にしてみます。

1年間あたりの自動車税一覧

1年間の重量税 車両重量もしくは貨物車の車両総重量
2トンまで 2.5トンまで 3トンまで 4トンまで
1ナンバー車 6,600円 9,900円 12,300円 16,400円
3ナンバー車 16,400円 20,500円 24,600円
5ナンバー車 16,400円 20,500円 24,600円

こうした税金での違いを踏まえて、1ナンバーになるとどのように維持費が変わってくるのか、ランクル100を例にとって考えてみましょう。

大きなSUVの場合は1ナンバーにして維持費を抑える方法がとられることもありますが、どのように変化しているでしょうか?1ナンバーの場合は毎年車検ですが、ここでは便宜上2年間の費用を計上しています。

ランクル100 排気量4.7L 総重量3トン弱の場合の車検費用

1ナンバー 3ナンバー
自動車税 32,000円 176,000円
重量税 24,600円 41,000円
自賠責保険 44,100円 26,680円
印紙代 3,600円 1,800円
104,300円 245,480

このように一覧にしてみると、1ナンバーになると税金やそれに伴う維持費だけでも14万円ほどの差が出てくるのが分かります。

自動車保険は1ナンバーでどう変わる?

自動車保険についても考えていきましょう。車検や税金と共に保険料も、自動車の維持費で大きな金額を占める点です。

基本的には、1ナンバーの車は保険料が高くなります。

その理由としてダイレクト型の自動車保険が使えないという事があります。一般的にはダイレクト型の自動車保険の方が、代理店型の任意保険よりも保険料が安くなります。

しかしダイレクト型の保険が契約できない、もしくはできたとしても車両保険が使えないとなると、代理店型の保険に頼るしかありません。

4ナンバーや5ナンバーさらには3ナンバーであれば、ダイレクト型の自動車保険でも契約することができます。もちろんダイレクト型保険の安さだけではなく、補償内容や事故の際のサポートも比較検討する必要があります。

保険を比較する際には他の面からも判断していく必要がありますが、ダイレクト型保険が使えないというのは、大きな費用の差になります。

最近では、一括見積サービスも盛んになっているので、ダイレクト型の自動車保険から自分に合った保険料を抑えた保険を見つけることができます。そのサービスが使えないので、代理店で直接契約する必要があるのが、1ナンバーに変更した際のデメリットです。

高速料金が高くなるのが1ナンバー

さらに費用に差が生じるのが、高速代金です。高速道路では、軽自動車、普通自動車、さらに中型車や大型車という区分分けがされています。

3ナンバーの場合は小型車に属するのですが、1ナンバーは貨物の中型車に入ります。車両総重量が8トンまでの車は、中型車に属しますので、ここでは普通自動車と中型車で比較してみましょう。

常磐自動車道の三郷ICから水戸ICまで費用を考えてみます。

常磐自動車道の三郷ICから水戸IC
  • 普通自動車     2,500円
  • 中型車       2,970円

このように、1ナンバーになると高速料金も少し高くなるのが分かります。重量税や自動車税ほどの差額にはなりませんが、普段頻繁に高速道路を利用する方の場合は、高速代金の差も覚えておくとよいでしょう。

乗り換えするなら、今の愛車を少しでも高く売って頭金にあてましょう

今乗っている自動車から乗り換えを検討しているのであれば、次に購入する自動車の頭金として、今の車を高く売ることを考えましょう!

下取りだと、ほとんど価格がつかないか、付いたとしても安い価格になってしまいます。

同じ中古車だとしても同じ値段で売れる訳ではありません。その業者にとって欲しい車種なのか、走った距離や修理歴、買取に力を入れている車種などを加味すると数十万円以上の差が出る事も日常茶飯事です。

下取りしてもらった後に調べてみて後悔する事もよくあるので注意しましょう。

そうならないためにも、多くの業者で買取の査定をしてもらう事をおすすめします。しかし、1社ずつ回って査定してもらうのは現実問題、時間が掛かってしまいます。

詳しく話を聞きたいのは分かりますが、まずは車買取の一括査定をやってみてはいかがでしょうか?

車買取の一括査定であれば、一回の申し込みで2社以上の査定が出来ます。時間も掛かりませんし家から簡単に出来るので移動時間もいりません。

車を高く売るなら買取の一括査定を利用しよう! 車を高く売る方法、それは大手買取業者が参加する「一括査定サービス」で競わせること

結果もメールやネット、電話で分かるので無駄な手間はないのです。相場価格が分かってしまえば比較するのも簡単なので業者を絞り込むのも容易になるでしょう。

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。