車下取りの引き渡し/ガソリン無しでも大丈夫?

今回は車を下取りに出すときの最適なガソリン量や査定への影響、新車にお得に乗り換える方法についてご紹介していきます。

下取りにはレンタカーサービスとは異なるマナーがあり、ガソリンを満タンにしておく必要はありません。

また車を高く売るときに、下取りよりも「買取」がおすすめの理由も解説します。

ぜひ最後までお読みください。

車を下取りに出すときのガソリンの量は、少ないほうが良い!

車を下取りに出す際にわざわざガソリンを満タンにしておく必要はありません。むしろガソリン量は少ないが良いです。

下取りはレンタカーサービスとは異なるマナーがあります。下取りの引き渡しのときに警告灯が点く程度しかガソリンが入っていなくても全然問題ありません。

もちろん、ガソリンが少ないことを理由にディーラーから嫌な顔をされることはありませんし、ガソリンの量で査定額が変わることもありません。

ディーラーや担当者によっては、「下取りの引き渡し日までにガソリンを減らしてきてくださいね。もったいないですから」と教えてくれることもあります。

下取り査定や買取査定のとき、ガソリン量は全く影響しない

車査定は、査定士が車の状態を取り調べ、各チェック項目を点数評価しトータル的な査定金額を決定することです。

車査定には大きく分けて「下取り査定」と「買取査定」の2つがありますが、いずれにしても車査定には「ガソリン量」に関するチェック項目がありません。そのため、どれだけガソリンが残っていても査定額が変わることはありません。

また、下取りを利用する人の中には、ガソリンが少ないと非常識、気を悪くしたディーラーに車を低く評価されそう、という不安の声もありますが、非常識だと思われることはありませんし、低く評価されることもありません。

ガソリン量は車の品質に全く関係しません。そのため、査定額にも一切影響しませんので残量を気にする必要はありません。

給油ランプ(エンプティランプ)が付いてから50㎞程度は走る

一般的な車は給油ランプ(エンプティランプ)が点灯した直後であれば50㎞程度は走行できます。

補足説明
車種によって異なる場合もありますが、ガソリンの残量を知らせてくれる給油ランプが点灯した直後はタンクに大体5~10リットルのガソリンが残っています。

目安として、給油ランプが点灯してすぐなら近くのディーラーに運ぶ程度の距離は十分に走行できます。

ただし、ディーラーに運ぶ道中でガス欠になってしまうと、給油にガソリンスタンドの出張費用(一般的に1,000円)が必要になってしまいますので、心配という人は少しだけ余裕を持たせておきましょう。

下取りに出す約2週間前から給油は1,000円単位で調整する

基本的に、ディーラーにお願いしても下取り車に残っているガソリンは抜いてくれません。担当者から、「うちではできませんのでスタンドでやってください」と言われることがほとんどです。

下取り車のその後は、「中古車として販売される」か「廃車にされるか」のどちらかです。つまり、残っているガソリンは次の購入者が使うか業者が抜き取って廃油として処分することになります。

ガソリン代を無駄にしないためにも、下取りに出す前に準備しておくことが大切です。

ディーラーに車を引き渡す2週間ほど前から1,000円ずつ給油してガソリンの残量を調整するようにしてください。実際に、今まで下取りや買取を利用したことがある人の多くは、この方法でガソリン量を調整しています。

もし、引き渡し日までにガソリンを使いきれない場合に、もったいないのでガソリンを抜きたいと思う場合は、ガソリンスタンドで500円程度の費用を払えば抜いてもらえます。

また、すぐに入れ替えしない人にはあまりおすすめできませんが、灯油ポンプ(通称シュポシュポ)とビニールホースを使うと自分でも簡単に抜き取ることができます。

ご注意
ただし、ガソリンは軽油や灯油より揮発性が高い燃料です!取り扱いには十分に注意しましょう!

車を高く売りたいなら、下取りよりも「買取」がおすすめ!

下取りは、新車にスムーズに乗り換えられるサービスですが、ディーラーの下取りだけで車を売ってしまうと大幅に損をする可能性が高いです。

車を高く売るためには、中古車を高く買い求めている買取業者に依頼する必要があります!

車の査定額は、走行距離や年式、グレード等の基本情報や地域、得意とする車種など、様々な条件を基に算出されます。下取りの査定額が安くなる理由は、ディーラーが設けた独自の査定基準に基づいて査定が行われるためです。

下取りが安くなる一番の要素は、ディーラーは最も低いオークション基準を基に査定額を決定するためです。オークション相場は買取相場より約10~20%低い値段帯です。

さらに、下取り査定ではプラス査定となる要素を査定額に反映しないという大きなデメリットがあります。

車買取と下取りの違い、それぞれのメリット・デメリットを把握しよう!

そもそも、ディーラーは車を売ることが目的で、下取りは次に購入する新車価格の値引きの一環として「不要な車を引き取る」サービスです。

買取業者の「中古車を売って欲しいので高く買い取ります」というサービスと、ディーラーの「不要になる車を引き取ってあげますよ」というサービスで値段に差が付くことは言うまでもありません。

補足説明
買取業者は、世界中の市場調査に基づいた独自のデータを持ち、専門の査定士が様々な観点から車を査定してくれます。

さらに、国内外に確立した多彩な販路を活用して、様々な車種・状態の車を高く販売することができます。中古車専門と言われるほど、専門の知識や実績はディーラーと比べると格段に違います。

車買取の一括査定サービスを利用して相見積を取れば、自然と最高額を引き出せる

買取業者に依頼すると下取りと比べて査定額が格段に高くなります。

しかし、買取業者が持つ強みは様々です。そのため、買取業者によって高額査定を得意とする車に違いがあります。

補足説明
車をより高く売るコツは自分の車を欲しがっている買取業者に依頼することです。さらに、自分の車を欲しがっている買取業者だけを集めて競合させればもっと高く売れます!

業者同士で査定額を競わせることを「競合」と言うのですが、業者同士で競合させるためには複数の買取業者から一斉に査定をかける「相見積り」が欠かせません。最高額を引き出すためには、3~5社程度から相見積りを取るのが理想です。

しかし、そのためには多くの時間と手間がかかってしまい、自分で愛車の高額買取が得意な業者を複数社ピックアップし、相見積りを取るとなると相当な苦労が必要です。

複数の店から車の出張査定を受ける時のコツ

そこで活用したのが、車買取の一括査定サービスです。一括査定は、一度の申し込みで10~100社以上の買取業者から相見積りを取ることができます。

愛車の最高額を引き出すために一括査定は必須アイテムです。愛車をできる限り高く売りたいと考えている人は、まずは一括査定を利用してどれだけ高く売れるのかをチェックしておきましょう。

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

実際の査定額を公開!

事例1:トヨタランドクルーザーの買取相場
事例2:日産エルグランドの買取相場
事例3:ダイハツムーブの買取相場
相場を知って愛車を一番高く売ろう!車買取の一括査定サービスの利用をおすすめ!


車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。

車下取り時のガソリンに関するまとめ

今回は、車下取り時の最適なガソリン量や査定への影響、新車にお得に乗り換える方法について紹介しました。

車を下取りに出すときのガソリン量は、ディーラーとの関係や査定額に全く影響しませんので、ガソリンがほとんど残っていなくても問題ないことは分かりました。

しかし、下取りを利用すると車をかなり安く手放さなくてはいけません。

新しい車にお得に乗り換えるためには、複数の買取業者から相見積が取れる一括査定が必須です。

より多くの買取業者に競わせて業界最高額を引き出すためにも、ぜひ利用してみてくださいね!