車の査定をしてもらった後の上手な断り方を教えてください

今回は車の査定をしてもらった後の上手な断り方について解説します。

断るときに使えるおすすめフレーズや注意点、査定後のトラブルを回避するためのポイントもご紹介しています。

ぜひ最後までお読みください。

車の査定後、上手な断り方は?

愛車を売ろうと考えた後、一番に必要になってくるのはどの業者に買い取ってもらうかでしょう。しかし、初めて買取をお願いするようなときは、一発で業者を決めるのは難しいものですよね。

査定をしてもらったけれど、もっと他に高く買い取ってもらえる場合があった。または、買取ではなく人に譲ってほしいといわれた。

このようにさまざまな理由が考えられると思います。

そもそもの問題として、査定後に契約を断る事自体は可能です。ただ、余計なトラブルを起こさないよう、スムーズに断ってしまうにはどのような断り方があるのかも気になるところですよね。

査定後のキャンセルを上手に行うためにはどんな注意点があるのか、ここから詳しく見ていきましょう。

断る可能性があるなら見積りの段階で止めておく

車の売却以外でも言えることですが、基本的に見積り段階でのキャンセルは自由となっています。

そもそも見積りとは契約を行う前段階であり、契約をするための条件を確認しているところ。実際に契約をするかしないかを検討している状態なので、見積り後のキャンセル自体に問題はないのです。

したがって、複数の業者に見積りをお願いしようと考えている場合は、安易に契約を決めてしまわないように気を付けましょう。最初の業者で契約をしてしまったけれど、後から受けた見積り額の方が高かった。

このような状態になった時、見積り段階ならば高かった業者の方と契約をすればいいだけの話ですが、最初の業者と契約をしてしまっていた場合には、契約をキャンセルする必要が出てくるのです。

いらぬ手間が増えてしまう上に、契約をしたうえでのキャンセルは難しいケースも多々あります。まずは、安易に契約をしてしまわないように気を付けましょう。

見積り段階なら電話での断りもOK

車を高く売ろうと考えていれば、複数業者に見積りをお願いすることは大前提といえます。なので、一度に複数業者に見積りをお願いする場合も多くあるでしょう。

このような時の断りは、電話で断ってしまえばそれでOK。いちいち店舗に訪れて断る事が労力もいりますし、時間がかかってしまうだけです。何より、直接顔を合わせて断るよりも気が楽ですよね。

見積り段階でのキャンセルは、特に問題もないので、電話で早々に断ってしまいましょう。

一括査定を利用した場合は電話、メールで

また昨今では車を売るために、一括査定のサイトを利用する方も多くなっていますよね。一括査定のサイトでも、基本的には訪問査定が必要となります。

この時も、上記までで紹介してきたように、安易に契約をしてしまわなければOK。本当に買い取ってもらいたい業者以外には、電話やメールで一括でお断りをしても大丈夫です。

直接会っての断りよりも電話、電話よりもメールで断る事ができればより手間をかけずに断る事もできるでしょう。一括サイトで見積りを頼む際には、電話がなくてもOKなサイトを選ぶのも便利ですよ。

電話での断り方、おすすめフレーズ

直接会って断るわけではないといっても、やはりスムーズに断ってしまうためのお決まりのフレーズがあるもの、一例ですが記載しておきますので、断る際の参考にしてみてください。

おすすめの断り方
  • ほかの業者に買い取ってもらうことが決まった
  • もう車の売却契約を終えて売ってしまった
  • やっぱり車を売るのを止めた
  • 親戚、知人に譲ってしまった

上記のように、そもそももう売る車がないとわかるようなフレーズがおすすめになりますね。

「A車よりもB社の方が〇万円高く買ってもらえるような話を聞いたから」このような曖昧な表現をすると「では、もう〇万円高くするので是非弊社に!」なんて言われてしまって、イタチごっこになってしまう可能性もあります。

もう車がないよ~といったフレーズでもって、しっかりと断りましょう。

ポイントは「きっぱりと断る」

どのようなケースでも同じことが言えますが、断ると決めたのならきっぱりと断る事が何よりも大切なポイント。もちろん横柄な態度をとってもいいわけではありませんが、業者はできるだけ安く車を買い取りたいのです。

曖昧な表現や、どっちともとれるような表現では、悪意がなくとも誤解をされてしまう場合もでてくるでしょう。

いらぬトラブルを引き寄せないためにも、端的に売ることはできない。ときっぱりと断ってしまうことが大切ですよ。もし電話越しでもきっぱりと断る事が苦手な方は、きちんと断る事ができる人に代わってもらう事も一つの手段です。

契約後でもキャンセルはできる

ここまでは見積り後のキャンセルに関して解説してきました。では、もう一段階進んでしまった場合、契約後のキャンセルはできるのでしょうか?

結果から言ってしまえば契約後でも、キャンセル自体は可能です。

ただし、見積り後のキャンセルとは違い、契約が発生してしまっている以上はいくらかの縛りが出てきます。

契約後のキャンセルをスムーズに進ませるためのポイント、注意点など見ていきましょう。

契約後のキャンセル連絡は早めに

契約後でもキャンセル自体はできますが、できるだけ早めに連絡をすることが鉄則です。車に限らず買取契約を結んだあとは、実際に買い取ったものを業者側のものにするための手続きが進んでいきます。

この手続きが進んでしまう前にキャンセル連絡をすることが、スムーズなキャンセルには必須です。したがって、買取契約を結ぶ際には、本当に解約を結んでいいのかをしっかりと見極めるようにしましょう。

買取後の手続きが始まる前ならば、比較的スムーズにキャンセルを行うこともできるでしょう。

タイミングによっては違約金が発生することも

上記で買取契約後のキャンセルをするには、なるべく早めの連絡が必要だと解説しました。

これは、連絡が遅くなれば遅くなるほど、買取後の手続きが進んでしまい、業者側に損が出てしまう事も考えられるから。こうなってしまうと、キャンセル自体はできても違約金が発生してしまうケースもあり得るのです。

業者側に損が出てしまうタイミングとは、買い取った車をオークションに出すための準備を始めるタイミングですね。車内清掃や小さな傷の補修など、買い取った車に対して行動を起こすタイミングです。

業者によっては、買い取ったその日に清掃を始める場合もあります。契約を結んだ後にキャンセルを行うのならば、できるだけ早くの連絡が必要になるのです。

また、キャンセルに対する違約金に関しては、契約を結んだ際の書類などにも明記されています。買取契約後のキャンセルが必要になった際には、まず契約書を確認してみるのもポイントの一つといえるでしょう。

契約キャンセルの猶予は店舗によって違う

契約後のキャンセルに関しては、契約は交わしたけれど車を引き渡していない。このようなタイミングであれば、基本的に違約金を払う必要はないことがほとんどです。

しかし、業者によっては契約を交わした瞬間から、車を引き渡していなくても車は業者側のものと考えることがあります。業者、フランチャイズ店の場合には店舗によっても、キャンセルの猶予が違うことは十分考えられるポイント。

一般的な答えだけを鵜呑みにするのではなく、いちいち確認する癖をつけておくのも、自身を守るためには有効な手段になるでしょう。

査定後のトラブル回避のためのポイント

最初からキャンセルを考えて動く方は少ないと思います。

実際には普通に契約をして、売却金の振り込みを待つものですよね。しかし今回紹介してきたように、さまざまな都合によってキャンセルをする場合も出てくるもの。

そもそも査定後にトラブルを起こさないためには、査定の前、途中、契約前、すべてのタイミングで気を付けておくことも大切です。

査定をしてもらうところから、トラブルそのものを寄せ付けないよう回避するためのポイントを見ていきましょう。

見積りは複数業者・一括査定を使う

最初に一番高く買ってくれる業者を見つけた!このような場合は、そもそも見積りの後にキャンセルをする必要もありませんよね。

したがっておすすめできるのは、複数業者の見積りを一度に見られる「一括査定サイト」です。

車買取の一括査定のメリット・デメリット、なぜ高く売れるのか?

一目で一番高値を付けてくれる業者を見分けることができますよ。また見積り段階ならば、お断りをする際にもいちいち顔を突き合わせる必要がありません。

迅速に自分の条件に合った買取店を見つけることが大切なポイント。一括査定サイトを上手に活用するのは、とても賢い方法といえるでしょう。

契約時には書類をしっかりと確認する

買取時だけのポイントではありませんが、契約を結ぶ際にはしっかりと契約書類を隅々まで確認することが何より大切なポイントです。

上記でも紹介したように、業者や店舗によって契約内容は細かなところが違ってきます。そして契約内容に書かれている以上、読んでいなかったでは話は通りません。

キャンセル以外にも、車を譲渡した後に見つかった不具合への対処など、お金が絡んでくる項目もあるでしょう。

そして車の売買においては、購入、売却に関係なく「クーリングオフ」の制度は適用されません。

もともとクーリングオフの制度は、無理やりなセールスや、圧迫めいた営業であったために断れなかった人のためにある救済制度です。

高いお金を動かすことが前提となっている車の売買においては、十分に考慮できる環境があらかじめあったはずですよね。

きちんと心構えも時間もあったのに、後から後悔をするような買い物をした人まで救済はできない。このような考え方から、車の売買においてはクーリングオフが使えないのです。

いつも以上に慎重に、書類内容を確認したうえで契約をするように気を付けてみましょう。

まとめ

今回は車の査定をしてもらった後の、上手な断り方についてご紹介してきました。

車買取のキャンセルまとめ
  • 見積後のキャンセルは可能
  • 断る時は電話やメールできっぱりと
  • 契約後のキャンセルも基本は可能
  • 業者側に損が出てしまうタイミングになると違約金が発生することも
  • 契約書類は隅々まで確認をして

見積り後のキャンセルに関しては、きっぱりと断る事ができれば基本的に心配ありません。どうしても一人では難しいようなら、交渉ごとに強い人と一緒にいてもらえばスムーズに断る事ができるでしょう。

また、契約後のキャンセルに関しても、基本的にはキャンセルができるようになっています。

ただし、早めの連絡とトラブルがおきないよう、契約書をしっかりと読み込むことは必須です。車の売買だけの話ではないので、書類はきちんと読み込む癖をつけておくのが一番ですね。

また、一括査定サービスを使用した際、電話がたくさん来るのが困ると感じる方もおられるでしょう。

そんな時におすすめの業者は「ユーカーパック」!

多くの業者から見積りをとれるけれど、連絡のやり取りはユーカーパックとだけなので、対応がとてもラクです。

あちこちから電話がかかってくるなんてことがないので、安心して査定を任せることができますよ。大切な車をスムーズに売るためには、買取金額ももちろんですが、トラブルの芽を摘んでくれるサイトを選ぶことも大切なポイントだといえるでしょう。

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

実際の査定額を公開!

事例1:トヨタランドクルーザーの買取相場
事例2:日産エルグランドの買取相場
事例3:ダイハツムーブの買取相場
相場を知って愛車を一番高く売ろう!車買取の一括査定サービスの利用をおすすめ!


車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。