中古車オークション代行で車を売るメリット・デメリットは?

本田ノリオ
車の売却について、ちょっと聞きたいことがあるんですけど、聞いてもらえます?
一ノ瀬スバル

どうしたんだい?もちろんわかることなら何でも教えてあげるよ。

本田ノリオ
実はですね。車を高く売りたいならオークション代行がいいって聞いたんですけど、本当にオークション代行なら高く売れるのかなって思って。
一ノ瀬スバル

ああ、確かに徐々に人気が出ているね。じゃあ今回はオークション代行に関して教えてあげるよ。本当に高く売れるのかが気になるみたいだから、良いところや悪いところと一緒に、そもそもオークション代行で車を売るっていうのがどういうことかも教えてあげるね。

\100人中80人は知らない/

オークション代行で車を売るメリット

今ある車を売却しようと考えた際、簡単に思いつく方法は、ディーラーでの下取り、中古車買取店に買い取ってもらうなどでしょうか。あまり選択肢が多いとはいえませんよね。

しかし昨今では、さまざまな場所で、さまざまな人が自由にビジネスプランを作り出せることから、車の売買に関しても多くの選択肢が取れるようになっています。

そんな選択肢の一つに含まれるのが「オークション代行」。あまり聞きなれない売却方法ですが、まずはどのようなメリットが考えられる売却方法なのか、この点を見ていきましょう。

\100人中80人は知らない/

売却額が高値になる可能性が高い

オークション代行で車を売る一番のメリットといえば、やはり高値で売れる可能性が高い点だといえます。

オークション代行で車を売る際の価格の付き方は、一般的なオークションと同じです。その車を欲しいと考えている複数の方・業者の中で、一番高値を付けた方が買い取るシステム。

したがって、オークションに参加している方が多くなれば多くなるほど、落札価格が高くなる可能性があるのです。また、参加人数が多くなればそこには「競争意識」が芽生えやすくなります。

このことから、特に人気車種やレトロカーなどになると、落札価格が青天井になってしまうことも珍しくありません。

中間手数料を抑えることができる

オークション代行では、一般的な売却方法として挙げられる、ディーラーでの下取りに比べて中間手数料が少なくなります。だからこそ最終的に売却価格を高くできるメリットも考えられるでしょう。

あまり知られていませんが、ディーラーでの下取りが安くなってしまう原因に、この中間手数料が高いという点を挙げることができます。場合によっては、中間手数料だけで十数万も引かれていることも少なくありません。

しかし、オークション代行ならば、売却を依頼した側と代行業者の間の手数料のみ。きちんとした業者を選べば、かかる手数料も最初に確認をとることもできます。あとから法外な手数料を引かれる心配も少ないでしょう。

消費税分だけ高額への期待も

オークション代行で車を売ると、消費税分の料金も受け取ることができます。業者に依頼をしているので、購入する側は業者に対して消費税を払う必要が出てくるのですね。

例えば50万円で決済されたとしたら、4万円の消費税がプラスされることになるのでとてもお得だといえますね。

また、この消費税がかかる額に関しては、落札価格全てにかかる場合と、中間手数料を抜いた額にかかる場合の2ケースがあります。そして消費税の取り分についても、業者によって変わってきます。

消費税の取り扱いに関しても、しっかりと明示された業者を選ぶことがポイントだといえるでしょう。

\100人中80人は知らない/

オークション代行で車を売るデメリット

高く売ることができるメリットは、やはり魅力的に映るものですよね。しかし、高く売ることができても、他の点でトラブルが起きて損をしてしまっては意味がありません。

愛車の売却をスムーズに終わらせるためにも、きちんとデメリットに関しても把握しておくことが大切です。ここからは、オークション代行におけるデメリットについて解説していきます。

必ずしも落札されるとは限らない

オークション代行で車を売る際の一番のデメリットが「落札されるとは限らない」ことです。売却をしたいからこそオークションに出品しているので、そもそも売れないのでは話にならないと感じる方も多いでしょう。

しかし実際問題、オークションとは必ず売れると担保されている売却方法ではありません。あっという間に売れてしまう品があれば、いつまでたっても売れない品があるのも当たり前。

その時に出品されている品と、購入者側の希望がマッチするか否かは出品してみなければわからないのです。

\100人中80人は知らない/

落札されなくとも手数料はかかる

必ずしも落札されるわけではないデメリットと合わせて、落札をされなくとも手数料は別途かかる点も大きなデメリットといえるでしょう。

特に大きなデメリットとなってしまうのが、ただ車の処分方法としてオークション代行を利用するわけではなかった場合。現金が必要だからこそ車を手放す場合は、必要な現金が手に入らずにお金が出ていくだけになってしまう危険性もあるのです。

必ずしも落札されるわけではない、車の落札に関係なく手数料がかかる点は、しっかりと把握しておきましょう。

先に車を業者に預ける必要がある

業者によって変わってきますが、オークションに出品する車は事前に業者に預けるケースが多くなっています。写真を送ればそれでOKな業者もありますが、車を預けてしまう業者の方が落札価格は高値になる傾向も。

これは、業者側が落札されやすくするために、車の簡単なメンテナンスも行ってくれるからですね。

落札されやすくなる傾向はありがたいことですが、売却が決まる前に車を手放すことを不安に思う方が多いことも事実です。また、きちんと落札されたとしても、新車購入前の場合は車を利用できなくなるデメリットもあるといえるでしょう。

悪質な業者を選んでしまうとトラブルが起きやすい

中古車オークションの市場は、比較的に参入基準が低い傾向があります。

中古車販売店や買取専門店のように、車の整備のために必要な設備や土地を必ずしも準備する必要がないので、知識さえあれば簡単に業者として開業ができるのです。

そしてオークション市場に新規参入しやすいからこそ、業者の質もピンキリになってしまう傾向がみられます。悪質な業者を選んでしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性も高くなるといえるでしょう。

故意に詐欺行為を働く場合だけではなく、新規参入だからこその不手際なども考えられます。業者を選ぶ際には慎重になる必要がありますね。

\100人中80人は知らない/

オークション代行を活用した車の売却とは?

そもそもオークション代行とは、どのようなシステムで車を売っているのでしょうか?まだ新しい形態の売却システムであるだけに、あまり理解している方も多いとはいえないでしょう。

実は車のオークションは、古くからある車の売買形態の一つ。その道のプロだけが利用していたシステムであり、中古車販売店などで売られている車も、こういったオークションを経由して店舗に並んでいるものも多くあります。

「オークション代行」とは、このプロの集まりの中に素人も売却、購入で参加できるようにされたシステムのことですね。

買取専門店や中古車販売店に売った後、売られた車は買い取った業者が、オークションにかけることもあります。しかしそれならば、売りたい人が直接オークションをする人に車を預けたほうが中間手数料が少なくなると思いませんか?

こういったところに目を付けてできたシステムが、車のオークション代行です。いってみれば魚市場での競りと同じような物。素人では参加できないので、プロに預けて売って(購入)してもらう仕組みになります。

売り手側と購入側の希望がマッチすれば、高値で売りやすく、購入側はレアな車を見つけやすい市場でもありますね。

\100人中80人は知らない/

車のオークション代行でおきやすいトラブル

オークション代行のメリットともに、トラブルがおきやすいデメリットがあると解説しました。しかし、トラブルがおきやすいといわれても、どんなトラブルが考えられるのかがわからなければ対策も打ちにくいですよね。

そこでここからは、オークション代行で考えられるトラブルに関してみていきましょう。事前に把握しておくことで、快適に利用することもできますよ。

落札価格の虚偽申告

まず考えられるトラブル例としては、実際の落札価格より低い額を申告されることです。多くの場合、車のオークション代行では、Yahoo!オークションなどのように実際の落札価格をリアルタイムで確認することができません。

したがって虚偽の申告をされていたとしても、売却側は確認のしようがないのですね。あまりにも低い金額であった場合など、虚偽の申告をされている可能性が高いといえます。

聞かされていない手数料が発生する

次いで多いトラブルとしては、落札が決まった後から聞かされていない手数料が発生するケース。「落札が決まったからこそ、成約の手数料が発生する」このような名目が多くなります。

しかし、実際に成果報酬制を取り入れている業者も存在します。業者を決める際には、手数料がどのような名目でどれだけかかるのか、最初にしつこいくらいに確認をしておきましょう。

\100人中80人は知らない/

車 or 代金の持ち逃げ

昨今ではあまり聞きませんが、オークション代行が広まった当初に聞かれたトラブルの一つです。

オークション代行では、オークションに出品する前に多くの場合業者に車を預ける必要があります。そして、実際に落札されて初めて売却価格が決まることに。このタイムラグの間に、連絡がつかなくなってしまったケースなどですね。

最初に紹介したように、昨今ではこのような悪質極まる業者は少なくなっています。しかし、まったく危険がなくなったとはいえないので、トラブルの一つとして把握しておきましょう。

トラブルを回避するには業者選びを慎重に

上記までで紹介してきたトラブルを回避する一番の対策法は、業者選びを慎重に行うことです。中古車販売店や買取専門店のように、大手のオークション代行はまだまだ少ないもの。

だからこそ、オークション代行の業者の質はさまざまになります。プロとしての意識をしっかりと持っている業者から、新規参入したばかり、最悪は詐欺目的といった業者もいるでしょう。

大切な愛車を任せることになるのでトラブル回避を考えるのなら、何よりも業者選びを慎重に行う必要があります。あまりにも手数料が安すぎる、または手数料が明示されていない業者は避けたほうが無難ですね。

また実績の数や口コミなどもしっかりと調べておきましょう。

\100人中80人は知らない/

まとめ

オークション代行という、ちょっと珍しい車の売却方法に関してみてきました。

中古車オークション代行による売買のメリット
  • 高額落札も期待できる
  • 中間手数料を抑えることができる
  • 消費税分だけ高額になる期待も

売却価格に関してはなかなか期待できそうでしたね。反面、業者選びを慎重に行わなければ、デメリットも大きいように感じたことでしょう。

そんなデメリットがあるオークション代行で、いま徐々に人気が出ている業者が「ユーカーパック」です。

査定は提携ガソリンスタンドでOK、最大2000社の買取業者から入札を受けることができ、連絡相手もユーカーパックだけ。したがって一括査定のように、電話がじゃんじゃんかかってくることもありません。

また、買取申し込みがあった際には、サイト上で申込額の確認もできます。確認のしようがなかった入札額を知れる点はとても大きいといえるでしょう。

オークション代行に興味はあるけれど、デメリットが怖い…。このように感じるのなら、ユーカーパックを検討に入れてみてはいかがでしょうか。

\100人中80人は知らない/

車買取一括査定サイト

一ノ瀬スバル
僕が特におすすめできる一括査定サイトをご紹介します。 複数サイトに登録しておいた方が、多くの業者で価格競争をさせることができるので高額査定に結びつく確率がアップするよ!

  • 一位かんたん車査定ガイド

    ポイント!

    • 査定申込後、1秒で相場価格表示
    • 最大見積数 10社
    • JADRI加盟の優良企業だけが参加しているので安心
    • 上場会社が運営の査定サービス

    「ガリバー」「カーセブン」「アップル」「ビッグモーター」「カーチス」などの大手買取業者を含んだ最大10社からの査定額を1度に知ることができます。

    登録業者は多いですがどこも実績のあるところばかりなので特に安心感の高い一括査定サービスです。

    愛車を最高額で売りたいのなら「かんたん車査定ガイド」と「楽天・中古車買取査定」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    公式サイトへ
  • 二位楽天・中古車買取査定

    ポイント!

    • 最大見積数 9社
    • 大手買取業者が中心に加盟している安心感
    • 安心の楽天サービス
    • 売却成立で楽天ポイント1,500Pがもらえる

    知名度抜群の楽天が運営するサービス。35万円高く売れているケースもあります。売却成立で1,500楽天ポイントもらえます。

    愛車を最高額で売りたいのなら「楽天・中古車買取査定」と「かんたん車査定ガイド」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    公式サイトへ
  • 三位ユーカーパック

    ポイント!

    • 最大2,000社の買取店が入札
    • オークション形式だから最高額がでやすい
    • 電話連絡はユーカーパックとだけ、対応はラク
    • ガソスタで1度査定すればOK

    一度の査定で最大2,000社が入札するので本当の最高額がわかります。ユーカーパックで35万円高く売れているケースもあります。最後の最後、お試しで価格を調べたいときにおすすめ!

    公式サイトへ