4WDなら雪道も安心!?雪道に強い駆動方式は4WDなのか考察

本記事では、雪道に強い駆動方式は4WDなのか?について考察しています。

また、4WDの燃費おすすめのスタッドレスタイヤ雪道に強い4WD車もご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

4WDなら雪道に強い?

ポイント
4WDは4つのすべてのタイヤを駆動させて進みます。2輪駆動との違いは、駆動タイヤの数にあり、動かすタイヤが増えると雪道で安定して走行することが可能です。

結論から言うのであれば、4WDの車は雪道に強いです。対して2WD車の場合には、2つのタイヤしか駆動させません。FF駆動の場合には、前輪を駆動させ、FR駆動の場合には後ろのタイヤを駆動させていきます。

雪道という観点で考えた時の、それぞれの駆動方法の特徴は以下の通りです。

FFは前輪で引っ張るので比較的良い

前にあるエンジンで、前輪タイヤを駆動させるFF駆動の場合には、雪道でも比較的安定して走行できます。もちろん4WDには敵いませんが、それでも安定して走行できる部類に入ります。急に切り込む動作に注意して雪道を運転するのが良いでしょう。

FRは雪道に不利な構造

FR駆動は、雪道に一番適していない構造と言われています。フロントにエンジンを搭載し、後輪を駆動させるのですが、フロントにエンジンがあるという構造上、駆動軸に路面との摩擦が伝わりにくくなります。

それが雪道では顕著に表れるので、雪道には適していないと言われています。

4WDが雪道に強いと言われる理由や燃費との関係

では4WDで雪道を走るメリットを考えてみます。

先ほども考えたように、すべてのタイヤを駆動させるという事は、駆動力を4つに分散して路面に伝えることが可能です。エンジンの出力を路面に伝える時に、すべてのタイヤが駆動しないといけない訳ではありません。

しかし低ミュー(滑りやすい)の雪道を走行するには、効率よく駆動力を路面に伝えることが大切です。雪道だけでなく、山道や泥道で4WDが優れていると言われているのは、どれも低ミュー(滑りやすい)の路面だからなのです。

かつては4WDであれば、燃費も悪いと言われていました。

しかし最近は電子式のセンターデフを装着する車も多く、通常の舗装路では2WDで滑りやすい路面になると4WDになる方式を採用している車も多くあります。

もちろんプロペラシャフトを装着する必要があるので、車両重量が重いという欠点はあります。しかし技術の向上で、必要な時に4WDになる構造のおかげで、実燃費では以前ほど燃費が悪いという印象を持ちません。

4WDで油断はできない理由とは?

比較的安全に雪道を運転できる4WDですが、油断はできないと言い切れる理由は何でしょうか?

それは、車は滑り出したら止まらないという点です。

4WDであろうと、2WDであろうと、雪道で滑り出してしまうと止まるまでは何もすることができません。つまり、滑り出しにくいように運転したり、車自体が滑り出しにくくなることが重要です。

もちろん雪道で滑るのか、それとも滑らないのかは運転技術にも左右されます。

簡単に雪道での4WDの挙動を説明すると、前輪はFFの挙動をし、後輪はFRの挙動をします。

それぞれの駆動方式の悪い点が、カーブを曲がる時に顕著に現れます。それで、4WDであったとしても、油断をせずに運転することが求められます。

おすすめのスタッドレスタイヤ3選

ブリジストン BLIZZAK DM-V2

スタッドレスタイヤとして人気のブリジストンは、SUVなどの4WD用のスタッドレスタイヤでも人気です。タイヤ表面にある微妙な凹凸が、氷上性能を向上させるので、雪道でも安定して走行することが可能です。

車高が高いSUV用に、通常のスタッドレスタイヤよりも走行安全性を高めた構造をしているので、雪道でもグリップ力と走行安全性のバランスが保たれています。

悪路で走行が不安定になりやすいSUVの特性を理解したうえで、スタッドレスタイヤが開発されています。4WDで雪道を走るのにおすすめのスタッドレスタイヤです。

ダンロップ WINTER MAXX SJ8

ダンロップでも、SUVなどの4WD用にスタッドレスタイヤが開発されています。このタイヤは車種専用のモデルとなっているので、その車種に合わせた性能を期待することが可能です。

SUVな?どの4WDは走行できるシーンが多いので、通常のスタッドレスよりも4WD車に向けて開発されたスタッドレスタイヤの方が安心することができます。

ヨコハマ iceGUARD SUV G075

ヨコハマのスタッドレスタイヤも、性能が高い事で注目されていますが、SUV専用のランナップも用意されています。都市型のSUVで4WDなのですが、街乗りも良くするという使い方を想定して、燃費性能や静粛性も考慮したタイヤ構造になっています。

街乗りでも雪道でも使いやすいスタッドレスタイヤですので、通常の街乗りでも満足できるスタッドレスタイヤです。接地性や氷上での制動力が高くなっているモデルです。

雪道に強い4WD車3選

スバル レガシィー

雪道を走るのであれば、スバル車というのは定説です。スバルのレガシィにはX-MODEというシステムが搭載されています。滑りやすい路面や、モーグル路でも安全に走行できるように、運転手をサポートしてくれます。

安全装備が充実しているのも魅力です。アイサイトを搭載しているので、ステアリング操作のアシスト、誤後進の抑制などの機能があるので、視界が悪い路面を運転する際の運転手の負担が軽減されます。

レガシィだけでなく、スバル車には悪路や雪道に強い車がたくさんあるので、選択肢が広がります。

スズキ エスクード

スズキエスクードには、スズキ独自の電子制御システムの「ALLGLIP」が搭載されています。4つのモードから走行場面に合わせてモードを選べますが、もちろん雪道用の「SNOW」モードも搭載されています。

スタックしそうな場面では、「LOCK」モードを選べるなど、雪道で遭遇しやすいシチュエーションに合わせてモードを使い分けることができます。レーダーブレーキサポートで衝突を防止する機能もあるのも、安心して運転できるポイントです。

トヨタ ランドクルーザー

世界中で愛されているランクル。4WDと言えばランクルというほど、トヨタのランドクルーザーは4WDのトップに君臨する存在です。見るからにパワフルなランクルは、雪道でもその性能をいかんなく発揮します。

滑りやすい雪道でも、オフロードでも安心して走行できる「マルチテレインセレクト」が搭載されています。本格オフロードでも耐えられるラダーフレームを採用しているので、強靭な骨格も魅力です。