ユーザー車検と代行車検の違いとは?

本記事では、ユーザー車検と代行車検の違いについて解説しています。

またユーザー車検と代行車検のメリット・デメリット費用の目安もご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

専門知識があるなら代行車検より「ユーザー車検」の方が安心

何年かに1回受ける必要がある「車検」。

法定費用を含めるとなかなか大きな出費となるので、車検が近づくと憂鬱な気分になる方も多いことでしょう。

しかし、昨今では車検の種類も豊富に増えていることから、費用を抑えた車検も可能となっています。

補足説明
また、平成7年の法改正により「使用者の自己管理責任」が明確にされたことから、ユーザー車検にもスポットが当てられていますよね。

ユーザー車検の他に費用を抑えられる車検といえば、「代行車検」が一番にあげられるでしょう。

ではこのユーザー車検と代行車検には、実際のところ費用以外にどのような違いがあるのでしょうか?

一番大きな違いは、車に関する専門知識を持った方がユーザ車検をした場合と、代行車検では安全面が大きく違う点。

どういうことなのか、ここから詳しく見ていきましょう。

\品質を下げずに車検を安くできる/

ユーザー車検と代行車検のメリット・デメリットを比較!

ユーザー車検と代行車検の違い

安全性 費用 車検に
かかる日数
ユーザー車検 △~◎ △~〇
車検代行

ユーザー車検の安全性に幅があるのは、点検整備をするユーザーの腕に左右されることから、△から◎となっています。

もともと車の知識が豊富で資格も持っている、こんな方ならわざわざ整備工場に出すより自分で点検したほうが早く、優秀な車検を行える点がメリットといえます。

ただ「車の知識が豊富な」と条件が付いていることからわかるように、素人が見様見真似で点検をしただけでは安全を保つことは難しくなります。使用者の自己管理責任が問われるとはいえ、現実的にはなかなか難しい方法でもあるでしょう。

また、代行車検は車を「国の車両検査に出す」ところを任せるだけ。点検や整備は一切しておらず、まさに車検を受けるために検査場に行くところを代行しているだけなんです。

ご注意
したがって普段からメンテナンスをしている方でなければ、代行車検ではそもそも車検を通らない可能性もあります。

ただし、国が運営している検査場は平日しか検査を受け付けていません。代行業者に任せることで、わざわざ休みを取らないでいい点はメリットといえますね。

簡単に言ってしまえば代行車検とは、ユーザー車検と組み合わせて利用するのが最も便利な方法といえるでしょう。

\品質を下げずに車検を安くできる/

車検済みの車でも安全とは限らない

上記で軽く触れたように、代行車検は車検を代行するだけであって点検、整備は行っていません。

実際のところ車検代行業者自体にもさまざまな種類があり、自社で工場を持ち、整備点検ができる施設を抱えた業者から、本当に車検の代行だけをしている業者とさまざまです。

認定整備の資格を持っていない業者の場合、分解工程のある点検や整備をすることは法律違反となってしまうので、実質的に点検や整備をすることができないのです。

したがって、国が定めた車検を受けたからといって、見えない場所の故障がないとは言い切れません。知識の甘い方が行うユーザー車検、代行車検では、車検を通ったからといって安全な車とは言い切れないでしょう。

ユーザー車検・代行車検の費用目安

安全面では少し不安が残るユーザー車検、代行車検ですが大きなメリットはやはり車検にかかる費用が安いこと。この点に尽きるでしょう。

実際のところどの程度の費用になるのか、目安を見ていきましょう。

ユーザー車検、代行車検の(普通車・プリウスクラス)費用目安

ユーザ車検 車検代行
自動車重量税 32,800円 32,800円
自賠責保険料 25,830円 25,830円
印紙代 1,200円 1,200円
定期検査料
完成検査料
車検代行料 10,000円
合計 59,830円 69,830円

定期検査料、完成検査料を払わないでいいところから、なかなか安価に抑えることができますね。

あくまでも一例なので、別途部品交換などが発生すれば費用は変わってくる点を把握しておいてくださいね。

\品質を下げずに車検を安くできる/

安全面を一番に考えるならディーラー・認証工場での車検

ここまでユーザー車検、代行車検に関してみてきました。

車の知識が豊富な方や、費用を安く抑えたい方からすればとても便利な車検の種類でしょう。しかし、実際のところ車検の目的は、車両の安全性を考えればこそ。

自分や周りの人を守るためには、安全面を一番に考えたい方も多いでしょう。そんな方におすすめな車検はディーラー車検。

トヨタやホンダ、スズキなど自社の看板を背負っているだけに、徹底した点検、整備を受けることができますよ。

費用的には決して安価とはいえませんが、何より安全を求める方にはディーラー車検がおすすめだといえるでしょう。

\品質を下げずに車検を安くできる/

買い替えを考えるのも、一つの手

そもそも車検が迫った車ともなれば、何年か乗り続けてきた車ですよね。そんな時にはいっそのこと、買い替えを考えるのも一つの手です。

車検が迫った古い車を買い取ってもらい、新車を購入すれば車検に関して煩わしい思いをする必要もありません。

また、車検が短くなった車は買い取ってもらえないなんてこともありません。

実は車の買取に車検の残り期間はほとんど関係ありません。反対に車検が切れてしまった車でも問題なく買い取ってもらえるほどですよ。

車検に出す面倒さを避けるのなら、買い替えも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

\品質を下げずに車検を安くできる/

車検を安く済ませたいなら、車検の比較サイトを利用しよう

今回は車検の中でもユーザー車検、代行車検の違いなどに関してみてきました。

ユーザー車検、代行車検の違いのポイント
  • ユーザー車検は自分で点検、整備から車検まで受けるもの
  • 代行車検は、車を車検に出すことを代行してくれるだけのもの
  • 車検を通っているからといって安全な車とは限らない
  • 安全面を考えるのならディーラー車検

上記のようになりました。

ユーザー車検や代行車検は、車の素人さんには中々敷居の高い方法だと思いますよね。しかし、これら車検の費用の安さは無視できない点でもあるでしょう。

安全で安心感のあるディーラー車検も、数年に1度のこととはいえ高い車検費用はお財布にダメージに。

そこで検討してもらいたいのが、車検の比較サイトです。

\品質を下げずに車検を安くできる/

安全面はもちろん、できるだけ費用を抑えた車検を受けるにはどこがいいのか?

一目で見つけることができるます

もちろん自宅から近い業者、サービスが豊富な業者など、自身にとって一番適切な業者を見つけることも可能。

数ある車検業者の中から一つ一つ選ぶよりも、賢く便利なサイトを使ってみましょう!

\品質を下げずに車検を安くできる/