車検の種類をご紹介!自分に適した車検の選び方とは?

本田ノリオ
スバルさん、車検を受けようと思ったら自分にあったとこを選ぶのがいいんですよね?
一ノ瀬スバル
そうだね。車検と一言で言ってもたくさんの種類があるし、業者によって費用も大きく変わってくるからね。
本田ノリオ
ですよね。僕は費用が安くてしっかり安全点検もしてくれるところがいいんですけど…、わがままですかね?
一ノ瀬スバル
みんなそんな風に思うもんだよ。じゃあ今回は、車検の種類と選び方を教えてあげるね。

 

車検の種類と特徴

2年、または3年に1回必ず受けなければいけない車検ですが、一言で車検といってもたくさんの種類があることをご存知ですか?

お財布に厳しいからもっと安く車検を受けたい。費用は掛かってもいいから、安全性のしっかりとした車検を受けたいなど、人によって車検への考え方がたくさんであるように、車検の種類も昨今では非常に多岐にわたっています。

自分にとって一番合っている車検は何になるのか、これをしっかりと把握していれば満足できる車検を受けることができますよね。

以下がたくさんある車検の種類と、簡単な特徴になります。

 

車検の種類と特徴

車検の種類 特徴
ディーラー車検 点検、整備ともに質の高い車検を受けられる。反面費用は高め。
整備工場 点検、整備ともに質の高い車検を受けられるが、整備工の腕の見極めが難しい。費用も幅広い。
車検専門店(フランチャイズ) 均一的な整備、点検の腕を持つので平均的な車検を受けられる。費用もわかりやすい。地方によっては店舗がない場合も。
カー用品店車検 均一的な整備、点検が受けられるが、ディーラー、車検専門店ほどの仕上がりは難しい。費用体系は非常にわかりやすい。
ガソリンスタンド車検 均一的な整備、点検が受けられる。ただし店舗によってできる整備の幅は不明。費用体系はわかりやすいが比較的高めの傾向。
ユーザー車検 店舗に持ち込まず、自身で整備、点検、車検をする方法。費用は非常に安く済むが、専門知識が不可欠。
車検代行業者 点検、整備ともにできない。国の車検を受ける際の書類作成、検査ラインを通すとこだけ代行してもらえる。費用はユーザー車検の次に安価。

それではそれぞれの車検の種類・特徴を、ここから詳しく見ていきましょう。

 

ディーラー車検

ディーラーといえば新車を購入する際に訪れる場所。そんな風に感じる方も多いでしょう。実は、そんなディーラーで車検を受けることも可能となっています。

実際にディーラーから車を購入したことがある方なら、車検の時期にディーラーから「車検はどうしますか?」なんて聞かれたこともあると思います。

トヨタ、スズキ、日産など、メーカーの看板を背負っての車検となるので、非常に質の高い車検を受けられる点が特徴といえるでしょう。安全面はもちろん、車の足回りの微調整やタイヤの空気圧など、細やかな点まで点検、整備を行ってくれます。

安全面はもちろん、車そのもののポテンシャルを上げるような点検を受けたいのなら、ディーラー車検が一番ですね。

 

反面、ディーラー車検のデメリットは費用が高い点。

ディーラーで車検を頼み、部品交換などが発生した場合、必ず純正品が使われます。純正品を使われることで、より安全面は確保されますが費用も跳ね上がることに。ディーラー車検が高くなる原因として、こういった面も無視できない面となるでしょう。

高い安全性のために費用が掛かるのだと考えられますね。

 

整備工場

○○整備工場、○○モータースなどの看板を見たことがありませんか?いわゆる町の民間整備工場が、こちらに当たりますね。

ディーラーよりも安価に、車のメーカーを問わない点が大きな特徴といえるでしょう。地域に根差した工場も多く、自分の家族はみんなこの整備工場で車検をお願いしてきた、なんてケースも多いですね。

 

ただ点検、整備の腕に関しては非常に見極めにくい点が特徴的です。ディーラーやフランチャイズのように、一定のレベルを保つための教育システムがないので、整備士の心がけ一つで良くも悪くもなる点も大きな特徴でしょう。

長年お願いしている町工場である。知人、友人からの紹介でもない限り、新規で依頼するにはあまりおすすめできないともいえますね。

 

車検専門店(フランチャイズ)

車検のコバックなど、全国展開している車検専門の業者ですね。もともとは街の整備工場であったところが、フランチャイズによって車検専門店になったところも多くあります。

フランチャイズ店であることから、車検の腕に関しては均一して一定以上のレベルのサービスを期待することが可能です。

また、車検の際の点検整備の立ち合いを推奨しているところも、安心して任せられる理由の一つといえるでしょう。技術的な面から言えばディーラー車検には劣りますが、安全面のみが心配であるなら、車検専門店もおすすめできますね。

 

ただしフランチャイズであることの弊害として、店舗によってサービス内容が大きく違っている可能性も否めません。依頼を検討する際には、事前に店舗への確認も必須といえるでしょう。

 

カー用品店車検

オートバックスやイエローハットなど、大手のカー用品店では車検も受けられるようになっています。

日頃から車のアイテムやタイヤをカー用品店で用立てている方なら、気軽に車検を頼むこともできるでしょう。またカー用品店によっては、車検を受けることでもメンバーズカードのポイントがたまることも多くなっています。

行きつけのカー用品店があるのなら、トータルしてお得な車検を受けることもできますね。

車検の腕に関しても、全国展開している店舗なら一定水準以上のレベルを保っています。もちろんディーラー車検に比べれば劣りますが、安全面の担保が欲しいだけなら十分だといえるでしょう。

 

ガソリンスタンド車検

こちらも出光やエネオスなど、車を運転しているのなら身近な存在といえますね。大手のガソリンスタンドはもちろん、多くのガソリンスタンドで車検も受けられるようになっています。

大手のガソリンスタンドに関しては、基本的に一定したレベルの車検を期待できるでしょう。しかし、ガソリンスタンドはあくまでもガソリンを売ることが主たるビジネス。

 

車検における点検、整備に関しては常駐している整備士の腕に依存します。このことから整備士の腕に関してはピンキリであると考えられるでしょう。整備工場と同じように、飛び込みでの車検はあまりおすすめできないといえますね。

また、費用面に関しては車検専門店やカー用品店に比べると、比較的に割高である点も否めません。

 

ユーザー車検

業者に頼むのではなく、自分自身で定期検査や車の整備を行うもの。点検整備を行った後、自身で国が設けている検査場に車を持ち込んで車検を受ける方法です。

車に関する専門知識がある、平日昼間に動くことが可能な方であれば、一番費用を抑えた車検を受けることができますね。

そもそも車検における費用の半分は法定費用となるので、削ることができません。しかし、あと半分の業者に任せる部分の費用をすべて省くことができるので、費用面で言えば圧倒的にユーザー車検がお得になります。

 

ただし、上記で触れたように車の専門知識がある方限定です。素人が無理にユーザー車検を行おうと考えれば安全面はもちろん、かえって時間、費用が余計にかかってしまう可能性もあります。

安くあげたいからといって、安易な気持ちで行うことはやめておきましょう。

ユーザー車検と代行車検の違いとは?

 

車検代行業者

上記で紹介したユーザー車検の、「国が設けている検査場に車を持ち込んで、代わりに検査を受けてくれる」のが車検代行業者です。

名前だけを読んで誤解する方が多いのですが、車検代行業者は点検、整備は一切してくれません。そもそも点検整備には専門の資格がいるので、車検代行業者は点検整備をすること自体が法律上で許されていないのです。

ユーザー車検の最後の仕上げである、検査を受けるところだけを代行してもらう。または普段からメンテナンスをしているから十分車検を通る自信がある。こんな方が使う業者だといえますね。

 

車検業者の選び方

ここまで各車検の種類に関して、特徴などを紹介してきました。しかしたくさんの種類があれば反対に、自分に合う車検の種類はどれなのだろうか?なんて考えてしまいますよね。

ここからは、車検に関して何を重要視するかによって変わる、おすすめの車検を見ていきましょう。

 

スピード・費用重視の場合は車検専門店で車検を受けるのがおすすめ

毎日車に乗っているから、できるだけ早く車検を終わらせてほしい。そしてできるなら費用も抑えめがいいと考える方には、車検専門店での車検がおすすめ。

車検に特化しているからこその、システム化した点検、整備を行うことができ、1台の車に対して複数人で対応できることがスピードアップの秘訣です。

また、立会見積もりができる店舗が多いので、費用面に関しても納得して依頼することができるでしょう。

 

安全性・車のポテンシャルを一番に考えるならディーラー車検がおすすめ

では車検に対して一番に考えることが安全性、そして車自体のポテンシャルである場合は、どこで車検を受ければいいのでしょうか?

上記まででも紹介してきたように、高い安全性をとるのならディーラー車検が一番です。メーカーの看板に恥じない徹底した点検、整備を受けることができるでしょう。また、この徹底した点検整備があるからこそ、車自体のポテンシャルをあげることにも繋がります。

毎日乗る車だからこそ、いつでも新車に乗っているように大事にしたい。このように考えるのなら、ディーラー車検一択だといえるでしょう。

 

業者を選ぶ際には慎重に

ここまで車検の種類やおすすめの車検など紹介してきました。実際のところ、家族と暮らしている場合は長年付き合いのある車検工場にお願いする、なんてことが多いと思います。

しかし、親元を離れて今回初めて自分だけで車検を選ぶ、こうなれば話は別ですよね。

ディーラー車検からユーザー車検まで幅広い選択肢がありますが、どの車検を選んだとしても、気を付けるべきは車検をお願いする業者です。

全ての業者が車検に対してしっかりとした考えを持っている。残念なことに、こう言い切れないのが現実です。安さを前面に出していた業者が、最低限の点検整備もしていなかった。安全性を重視しているといった業者の料金がぼったくりだった。

このようなことがあったとしても、その車で事故を起こしてしまえば責任をとるのは業者ではなく自分自身です。しっかりと安心できる車検を受けるためにも、車検の業者は慎重に決めましょう。

口コミや実績も重要ですが、できれば実際にその業者を使った人に感想を聞くのが一番ですよ。

 

車検の種類・適した種類まとめ

今回は車検の種類、自分に合った車検がどれになるのか?こういったところを紹介してきました。

 

車検の種類、適した種類とは
  • 車検の種類はたくさん、目的、費用で選んでいこう
  • 安く早い車検を望むなら「車検専門店」
  • 安全第一、車の状態も良くしたい方は「ディーラー車検」
  • 最終的に責任をとるのは自分、業者選びは慎重に

以上のようになりました。

何年かに必ず受けなければいけないとは言っても、車検を身近に考える方は少ないようにも感じます。できるだけ自身の望みに合った車検を叶えるためにも、種類や特徴をしっかりと把握しておきましょう。

自分が住んでいる地域でどこがおすすめなのかよくわからない…。こんな方は、車検の一括見積サイトを使ってみるのもおすすめです。

さまざまな条件から、自分に一番合った車検を選ぶことができます。情報収集と一緒に活用してみて下さいね。

車検に必要な書類とは?

おすすめの車買取一括査定

一ノ瀬スバル
僕が特におすすめできる一括査定サイトをご紹介します。 複数サイトに登録しておいた方が、多くの業者で価格競争をさせることができるので高額査定に結びつく確率がアップするよ!

  • 一位かんたん車査定ガイド

    ポイント!

    • 査定申込後、1秒で相場価格表示
    • 最大見積数 10社
    • JADRI加盟の優良企業だけが参加しているので安心
    • 上場会社が運営の査定サービス
    • 査定額に納得がいかない場合はキャンセルも可能

    「ガリバー」「カーセブン」「アップル」「ビッグモーター」「カーチス」などの大手買取業者を含んだ最大10社からの査定額を1度に知ることができます。

    登録業者は多いですがどこも実績のあるところばかりなので特に安心感の高い一括査定サービスです。

    下取りするより平均16万円お得になる、買取業者の見積り額が最大65万円上がった例もあるサービスです。申し込みも45秒のカンタン入力!

    愛車を最高額で売りたいのなら「かんたん車査定ガイド」と「楽天・中古車買取査定」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    かんたん車査定ガイドへ
  • 二位楽天・中古車買取査定

    ポイント!

    • 最大見積数 9社
    • 大手買取業者が中心に加盟している安心感
    • 安心の楽天サービス
    • 売却成立で楽天ポイント1,500Pがもらえる

    知名度抜群の楽天が運営するサービス。35万円高く売れているケースもあります。売却成立で1,500楽天ポイントもらえます。

    愛車を最高額で売りたいのなら「楽天・中古車買取査定」と「かんたん車査定ガイド」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    楽天・中古車買取査定へ
  • 三位ユーカーパック

    ポイント!

    • 最大2,000社の買取店が入札
    • オークション形式だから最高額がでやすい
    • 電話連絡はユーカーパックとだけ、対応はラク
    • ガソスタで1度査定すればOK

    ユーカーパックは車のオークションサービスです。あなたが依頼した車を全国の買取業者でオークションにかけます。

    一度の査定で最大2,000社が入札するので本当の最高額がわかります。ユーカーパックで35万円高く売れているケースもあります。

    最後の最後、お試しで申し込んでおきましょう!

    ユーカーパックへ