【車の個人売買】必要書類と手続きの流れ

本記事では車の個人売買に必要な書類や手続きの流れについてご紹介します。

また自動車保険の名義変更・譲渡手続き車を高値で売る方法も詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお読みください。

車の個人売買に必要な書類

昨今ではさまざまな車の処分方法があります。なかでも、自分でできることは自分でと考える方は「個人売買」が気になるのではないでしょうか。

車を高く売れる、仲介業者を使わなくてすむ。このようなメリットがあるからこそ、徐々にメジャーになってきている方法だと感じます。

しかし、実際に個人売買をしようと考えた際には、さまざまな手続き、書類をそろえる必要があります。手落ちがあっては話が進まないので、まずは車の個人売買に必要となる書類を確認していきましょう。

買い手側、売り手側の両者で必要な書類を紹介していきます。

ちなみに個人売買のメリットやデメリットに関しては、以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみて下さいね。

車の個人売買をするメリット・デメリットは?

必要書類をチェックしよう

売り手側が用意する書類
  • 自動車検査証(※名義変更に必要)
  • 自動車損害賠償責任証明書(自賠責保険)
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書(※名義変更に必要)
  • 印鑑証明書(※名義変更に必要)
  • 委任状(車の名義人以外が名義変更をする際に必要な書類※名義変更に必要)
  • 住民票(車検証と現在の住所が違う場合に必要)
  • 戸籍謄本(車検証に記されている住所から、複数回転居した場合に必要)
  • 実印
買い手側が用意する書類
  • 車庫証明
  • 印鑑証明書(※どちらも名義変更に必要)
  • 実印

契約書も必ず準備を!

個人間で車を売買するには、上記必要書類の他にも「契約書」を作っておきましょう。

後々のトラブルを回避するために大切なポイントとなりますが、実は個人間の売買に関する契約書は決まった形式が存在しません。

したがって、基本的にはお互いの間で必要と思われる点を契約書にしておくだけです。

しかし、一から契約書を作るといっても大変ですよね。

下記に契約書に記載する最低限の項目を記しているので、作成の際に参考にしてみて下さい。

契約書に記載する最低限の項目
  • 車両に関する情報
  • 価格に関する情報
  • 代金の受け渡しに関して
  • 車の引き渡しについて
  • 自動車税に関して
  • 瑕疵担保責任について
  • 署名、捺印をする

・車両に関する情報

売買する車両の情報を車検証から書き出します(型式名、車体番号など)

・価格に関する情報

売買車両の価格、いくらで売った(購入した)のかを明記。

・代金の受け渡しに関して

いつまでに、どのような形で払うのかをしっかりと明記。また代金を受け取った際の領収書の有無などに関しても書き出しておきましょう。

・車の引き渡しについて

いつ、どこで、どのように車を引き渡すのかを明記。

・自動車税に関して

年度の途中で車を手放した場合、売り手側は自動車税の還付を受けることができます。ただ、売却した場合には還付は受けられませんよね。したがって、自動車税の還付はあきらめるのか、買い手側が車体価格に上乗せするのかを取り決めておきましょう。

また名義変更がスムーズになされず、翌年度の自動車税が売り手側に請求された場合、買い手側に払ってもらうなども取り決めておきましょう。

・瑕疵担保責任について

瑕疵担保責任とは、売却した車がすぐに壊れてしまった場合に、誰が責任を負うのかを問う大切なポイント。ただ、個人売買においては「現状渡し」が原則であることから、基本的には売り手側に責任が発生することはありません。

現状渡しとは、今現在の状態に納得したからこそ売却・購入をすることです。したがって売却した次の日に壊れたとしても、買い手側はこれに納得していたとされるのですね。買い手側は、このようなリスクがあることも分かったうえで個人売買を利用しましょう。

契約書においては現状渡しであることを示すためにも「瑕疵担保期間は0日」と明記する必要があります。もちろん、いくらかの間は担保してあげようと考えるのなら、考えに合わせた日数を記入することも可能です。

この場合は、修理の際の負担割合も併せて明記しておきましょう。

・署名、捺印をする

契約書にはしっかりとお互いの住所、氏名、捺印が必要です。契約書全てをしっかりと読み通し、納得がいかない部分がないかを確認して記入、捺印しましょう。

車の個人売買の手続き・流れ

では続いて実際に売買をする際には、どのような流れになっているのかを見ていきましょう。

既存にある売買サイトを使った場合、純粋に個人間で行った場合の2通りを紹介していきます。

売買サイト(オークションなど)を利用する場合

まずは売買サイトを使用した場合。有名なところではヤフーオークションなどでしょうか。

サイトを使った場合のメリットは、購入希望者を自分で探さなくていいという点が挙げられますね。

サイトを使った個人売買の流れ
  1. サイトの利用規約に従い出品
  2. 出品物管理、商談
  3. 契約成立
  4. 車の引き渡し
  5. 名義変更
  • STEP.1
    サイトの利用規約に従い出品
    サイトごとに利用規約は違います。最初にしっかりと確認してから利用するようにしましょう。
  • STEP.2
    出品物管理、商談

    あなたの車を欲しいと思ってくれた人は、書かれている点以外のことが気になればあなたに質問してきます。この質問に答えたり、必要であれば別途画像をアップするなどの工程になります。

    特にサイトを介した売買では、買い手側は購入前に車の現物を見て確認することができません。最初の出品段階で画像をできるだけたくさんアップする、質問には丁寧に答えるなど誠実な対応を心がけましょう。

  • STEP.3
    契約成立
    売却相手が決まったら、出品しているサイトのやり方に従って契約を結びます。 
  • STEP.4
    車の引き渡し

    サイトによっては、車の引き渡しもサイト側が手配してくれる場合もあるそうです。ただすべてのサイトで手配してくれるわけではないので、引き渡し方法はしっかりと交渉しておきましょう。

    また、車の引き渡し時に、車と交換で料金を受け取ると、トラブル回避の一助になるのでおすすめですよ。

  • STEP.5
    名義変更
    これは買い手側が行うことですね。名義変更をしない限り、自動車税の支払い義務は売り手側になります。きちんと手続きをしてもらえるよう注意しましょう。

個人間での売買の流れ

続いては純粋な個人間での売買の流れ。知人、友人に譲る場合が多いので、車の引き渡しがスムーズに行いやすい点がメリットになります。

個人間における車売買の流れ
  1. お互いが車の状態を確認。納得できる車両価格を決定します。
  2. 自動車税など、車両本体以外にかかる費用についても確認、合意を。
  3. 契約書を交わします。
  4. 車の引き渡し、代金の支払い
  5. 名義変更

  • STEP.1
    車両価格決定
    お互いが車の状態を確認。納得できる車両価格を決定します。
  • STEP.2
    費用確認
    自動車税など、車両本体以外にかかる費用についても確認、合意を。
  • STEP.3
    契約書を交わす
    知人や友人、親戚など親しい関係になると、契約書を疎かにしがちです。しかし、車の売買には大きな金額が動くことがほとんど。あとからトラブルを寄せ付けないためにも、仲良しだからと考えずきちんと契約書を交わしましょう。
  • STEP.4
    車の引き渡し、代金の支払い
    車の引き渡しと代金の支払いは同じタイミングでするのがベター。お互いの都合のいい日をすり合わせてみましょう。
  • STEP.5
    名義変更
    買い手側が名義変更。一緒に手続きができるのなら、車の引き渡しと同時に行うとより安心できるでしょう。

自動車保険に関する手続き

ここからは、個人売買そのものとは少し違った面である、保険に関する手続きを見ていきましょう。

便利な反面、もしもの事故が怖い車。

いざという時に困らないよう、しっかりと把握しておいてくださいね。

自賠責保険の名義変更

きちんと売却できたのなら、車本体以外の名義変更も済ませておきたいところですよね。

ただ、自賠責保険の名義変更は、無理に済ませる必要はありません。そもそも自賠責保険は人ではなく「車」にかけられた保険。

名義人がだれであっても、その車が事故を起こした際にはきちんと保険料が支払われます。

なので車両の名義変更ほど神経質になることは無いでしょう。ただ、できないわけではないので下記に必要書類、手続き方法を記載しておきます。

自賠責保険の名義変更に必要な書類
  • 自賠責保険承認請求書(保険の窓口でもらえます)
  • 自賠責保険証明書(原本)
  • 譲渡証明書など譲渡意思の確認ができるもの
補足説明
手続き自体は上記必要書類をもって、保険の窓口に提出すれば大丈夫。郵送は基本受け付けていない場合が多いので、時間の都合がつく際に行えばいいでしょう。

任意保険の解約・譲渡手続き

任意保険の解約自体は非常に簡単。

かけていた保険の担当者に電話をすれば、必要な手続きは保険会社が行ってくれるでしょう。

ただ、車を売却した後にもう車には乗らない、このような場合以外は解約するのはおすすめできません。

一度解約をしてしまった場合、再契約の時には下がった等級での契約となってしまいますよね。実は保険には「中断証明」と呼ばれる、一時的に保険をストップできる方法もあります。

手元に車がなくても保険の手続きはさまざまな方法があります。車にまだ乗る場合には、安易に解約しないように気を付けましょう。

また、車の個人売買の相手が親族であった場合。条件に同居をしている必要がありますが、保険の譲渡も可能です。こちらの手続きも契約している保険会社に連絡すれば、必要書類を送ってくれますよ。

後はもれなく記入して保険会社に送るだけ。簡単な手続きで保険料を抑えることができるので、条件に当てはまる場合は検討してみてはいかがでしょうか。

手続きが面倒だったり、トラブルを避けたいなら車買取店への売却がおすすめ

ここまで車の個人売買の流れに関して紹介してきました。

こうやってみてみるとなかなか大変そうに感じた方も多いと思います。

実際問題、普段の生活をしながら個人売買をするには、時間や手間がもったいないものです。特に仕事に忙しくてあまり自分の時間が取れない。こんな方にはあまり向いていない売買の方法だといるでしょう。

なので、手間を省き高く愛車を売りたいのなら、個人売買よりも買取店の利用がおすすめです、特に一括査定サイトを使えば、自身は家にいるままで愛車の売却を終わらせることも可能ですよ。

忙しい方にとって時間の価値は高いもの。無理に個人売買をするよりも、買取店を上手に使ってスムーズな売却をかなえてみましょう。

【プロが教える】最高値で売却するための最強クルマ売却術!

プロが教える!最強の車売却方法
「自分の愛車、出来ることなら、なるベく高く買い取って欲しい!」

あなたもそう思いますよね?

誰だって、トクをしたいのは当たり前です。

しかし、トクする方法を知っているのと知らないのとでは、結果は明らかに変わります。キモチだけでは、あなたの車は高く売れません。

では、どうしたらいいのか・・・?

それは、ズバリ!

2つのサービスを同時に利用する方法です!

これから、当サイトが推奨する最強のクルマ売却術をお教えます! 実際にこの通りに行動を起こせば、現時点で最高額に近い価格帯で売却できる可能性が高まります!

複数の買取店から見積りを取るのが、高値売却の最大のコツ!

最高値を引き出すポイント!
複数の買取店から見積りを取ることが、高値売却の最大のコツ!
スマホを使って、自宅にいながら誰でもカンタンにできますよ!
買取店により、買取価格に差がつくことは本当によくあるんです!

なぜなら、買取店ごとに得意・不得意があるからです。

だからこそ、大手買取店・地元の小規模な買取店を含めて様々な業者から見積りを取得して比較することが大切です。

あなたは見積り金額を比較して、もっとも高値をつけた業者に売却すればいいだけです!

自宅にいながらPC1つで無料査定を依頼してみましょう!

実際の査定額を公開!

事例1:トヨタランドクルーザーの買取相場
事例2:日産エルグランドの買取相場
事例3:ダイハツムーブの買取相場
相場を知って愛車を一番高く売ろう!車買取の一括査定サービスの利用をおすすめ!


車を最高値で売る!最強3ステップを公開!

  • STEP.1
    車査定を依頼(無料)
    次の2つの大手無料査定サービスを使います。

    それぞれ1分もあれば登録は終わり、最大10社以上から見積りが取れますよ。

  • STEP.2
    見積比較
    複数の買取店から見積りを取得したら買取価格を比較しましょう!余計な交渉は入りません。単純に見積額の高い業者を見つければOK!
  • STEP.3
    最高値で売却
    最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。

車の個人売買における手続きのポイントまとめ

今回は車の個人売買に関して、必要書類や売買の流れに関してご紹介してきました。

必要書類や売買のポイント
  • 車の個人売買には必要書類がたくさん
  • サイトを使った個人売買は誠実な対応を
  • 知人、友人間の売買でも契約書は必須
  • 手間をかけたくないなら個人売買より買取店で

上記のようになりました。

車の個人売買にはメリットも多くありますがデメリットも多くあります。手間がかかったり、何よりトラブルがあった際にも自分ですべて解決しなくてはならないのです。

忙しい方からすれば、そこまで旨みの多い売買方法だとはいえないでしょう。

せっかく長く乗ってきた車を手放すのです。愛車にかかわる最後の思い出が悪いものにならないよう、個人売買よりも買取店を利用することをおすすめします。

一括査定はぜひ利用してみてくださいね!