車の売却後、自賠責保険の残存期間分の支払いは戻ってくる?

本田ノリオ
車の売却をした後って、自賠責保険はどうなっているんでしょうか?
一ノ瀬スバル

今まで乗っていた車にかけていた自賠責保険のことかい?

本田ノリオ
そうそう、自賠責保険は絶対にかけないといけない保険じゃないですか。強制的にかけさせられて、保険がある状態で車を手放したら損だよなあと思って。
一ノ瀬スバル

うん、そう考えてしまうよね。でも自賠責保険は実は車そのものにかけられている保険になるから、返金にも条件があったりするんだよ。

本田ノリオ
ん?僕がかけている保険だけど、保険がかけられているのは車ってどういうことですか?
一ノ瀬スバル

わかりにくいよね。じゃあ今回は車の自賠責保険に関して教えてあげるよ。そもそも車に保険がかけられているのがどういうことなのか、根本的なところも教えてあげるね。

車を「売却」した際、自賠責保険は返金されない

自賠責保険とは、車を持つすべての人が加入しなければいけない保険。

そもそも自賠責保険に入っていなければ車検を受けることができないので、強制的な保険だともいえるでしょう。

この自賠責保険ですが、強制的に加入させられるうえに、保険の内約を選ぶこともできません。また保険金を支払う際には原則一括支払い。この上、満期になる前に売却をしたとしても保険金が返金されないとは、どういうことなのでしょうか?

愛車を売却した際の自賠責保険は、どのような扱いになるのか。返金に関して少し詳しく見ていきましょう。

自賠責保険が返金されない理由

車を売却しても自賠責保険の返金がされない、と上記で紹介しました。

そもそも自賠責保険は生命保険のように「人」に対してかけられる保険ではなく、車そのものにかけられる保険です。したがって売却をしただけでは解約ができないので、生命保険を解約した際のような返金は受けることができません。

自賠責保険とは、被害者のためにある保険。車が「乗れる状態」に保たれている以上、保険を解約することはできないのです。

例えば車を売却した後、業者がちょっとした移動のために車を運転し、この時に被害者が出る事故が起きないとは誰にも言えませんよね。

そしてこの時に自賠責保険が解約されていれば、被害者に対する補償が薄くなってしまいます。万が一の際、最低限の補償を被害者が受けられるようにするためのものが自賠責保険。

解約をすることができない以上、売却をして手元に車がなくなっても、自賠責保険からの返金は受けられないのです。

返金はされないが査定額のプラス要因になる

しかし未経過分が確実にある状態なのに、車を手放すだけとなってしまえばとても損をした気分になってしまうでしょう。ここでポイントとなるのが、車を売却した際の「査定額」。

実は車を売却した際には、保険からの返金は受けられなくても、車の査定額に未経過分が上乗せされているのです。

車を売却した金額と、自賠責の返金が別個になるのではなく、まとめられていることになりますね。このことからわかるように、車を売却した際には、自賠責の返金額が査定額に含まれているのかをきちんと確認する必要があります。

多くの業者は自賠責の返金を含むことを大前提としています。

しかし悪質な業者になれば、自賠責保険の返金が受けられることを依頼者に教えないケースも見られるのです。

損をしないためには、業者任せにするのではなく、依頼側も知識を集める必要があるといえるでしょう。

また、自賠責保険の返金額を査定額に含める際には、残り月数によって決められた基準があります。以下はその一例。

自賠責保険の残月数に応じた査定評価

自賠責保険
の残月数
1

2

3

4

5

6

7

8



10

11

12

普通車 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
軽自動車 0 0 1 2 3 4 4 5 6 7 8 9

【参考】日本自動車査定協会 http://www.jaai.or.jp/

自賠責保険の返金の計算式は「日本自動車査定協会(JAAI)」が公開しています。一度確認してみたいと考えた場合には確認してみるのもいいでしょう。

売却をする際には自賠責保険の名義変更が必要

何度も言ってきたように、自動車を売却したとしても自賠責保険は解約されません。

このことから、万が一にも売却した車でトラブルを起こしたくないと考えるのなら、車を売却した際には自賠責保険の名義変更もしておきましょう。

実際には、売却後に車を購入した人が事故を起こしても、保険は車そのものにかかっているので、名義変更をしていなくても通常通り保険は効力を持っています。

このことから、多くの場合自賠責保険の名義は売却をした後でも変更されることはありません。

したがって、自賠責保険の名義変更もしたいと考えるのなら、自分で動く必要が出てきます。

業者によっては、名義変更をしたいと伝えれば業者が手続きをしてくれる場合もあります。ケースバイケースによって変わってくるので、都度確認することを忘れないようにしましょう。

自賠責保険の名義変更手続きは以下の通りになります。

必要書類
  • 自賠責保険承認請求書(譲渡人・譲受人の押印が必要)
  • 自賠責保険証明書
  • 譲渡意思が確認できる書類
  • 本人確認書類
  • 譲渡人の印鑑証明書
  • 譲受人名義の車検証

上記のものをもって、自賠責保険がかけられている保険会社の窓口で申請しましょう。

また、必要書類、手続きのやり方は保険会社によって変わってくる可能性もあります。都度該当保険会社への確認も怠らないようにしましょう。

[myphp file=’main-pinpoint’]

車を「廃車」にすれば、自賠責保険の残金が返金される

ここまで車を売却した際の自賠責保険に関して解説してきました。

売却では自賠責保険は解約できない、と知って驚いた方も多いと感じます。

では実際、自賠責保険が解約できるケースにはどのような物があるのでしょうか?

ここからは、自賠責保険を解約できる車の「廃車」に関してみていきましょう。

廃車にしないと自賠責保険は解約できない

上記までで紹介してきたように、自賠責保険は車が「乗れる状態」にある場合は、だれが持ってようと、日本のどこにあったとしても解約できません。

しかし、この条件をよく見てみるとわかることがありますよね。「乗れない状態」においては、自賠責保険は解約できるということでもあります。ここまでで何度か紹介してきたように、自賠責保険は車そのものにかけられた保険です。

保険をかけるべき車がなければ、自賠責保険もかけることができないのです。したがって、自賠責保険を解約したいと考えた際には、該当車両を廃車にする必要がでてきます。

自賠責保険が解約される廃車の種類

廃車と一言で言っても、実は車を廃車にするにもいくつかの種類があります。自賠責保険が解約できる廃車の種類は次の通り。

自賠責保険が解約できる廃車の種類は3通り
  • 一時抹消登録
  • 永久抹消登録
  • 輸出抹消登録

廃車にも種類がある事を知っている方は少ないかもしれません。この3つの廃車とはどのような状態になるのか、少し詳しく見ていきましょう。

一時抹消登録

基本的に車の廃車に関しては、名前の通りの状態になる事を指します。一時抹消登録とは、その名の通り一時的に廃車にすること。ナンバープレートを外すことで、機能的には運転できるけれど、公道を走ってはいけない状態にすることですね。

車の売却をした際などに取られる廃車措置でもあります。新しくナンバーを申請すればすぐに乗れるようになるので、車を売却したくないけれど、一時的に税金をストップする際などにも使われます。

永久抹消登録

こちらこそ名前の通りだといえるでしょう。車そのものをスクラップにすることで、名実ともに乗れない状態にする廃車の方法です。「車を廃車にする」と聞けば、こちらを思いつく方も多いかもしれませんね。

輸出抹消登録

新車ではなく、中古車として海外に輸出される際に用いられる廃車の種類です。海外では車として利用されることになりますが、日本国内では乗ることができない状態になります。

上記3種類の廃車にすれば、自賠責保険は自動で解約されます。廃車手続きをすることで、保険会社にも廃車になった事実が伝達されるので、解約手続きそのものは別途行う必要はありません。

しかし本題である「自賠責保険の未経過分の返金」を受けることは、自動には行われません。別途自分で動く必要があるので、未経過分があるようならば忘れないように手続きを行いましょう。

自賠責保険の残金を返金してもらう手続き方法

廃車にした場合は自賠責保険の未経過分が返金されるのはうれしいところですが、実際は自分で動く必要がある、と聞けば手続き方法も気になるものですよね。

少し面倒くさいですが、必要書類、手続き方法は以下のようになります。

必要書類
  • 自賠責保険の原本
  • 抹消登録書のコピー
  • 認印
  • 返金額振込口座の情報

手続き方法

自賠責保険をかけている保険会社の窓口に、上記書類をそろえて手続きを行う必要があります。手続き自体は簡易なものですが、特に中古車を売却した場合など、自賠責保険をかけている保険会社が地元にない場合もあります。

移動のために費用が掛かるようならば、返金額と天秤にかけて手続きを行ってみてもいいでしょう。また、一部解体業者では自賠責保険の返金手続きの代行を請け負っている場合もあります。

解体を頼むようならば、一度確認してみることもおすすめですよ。

まとめ

今回は車を売却した際、自賠責保険は返金されるのか?といった点を解説してきました。

解説内容のまとめ
  • 売却をしても保険会社から直接の返金は受けられない
  • 売却時の査定額には上乗せされる
  • 保険会社から直接返金を受けるには、廃車にする必要が

売却においてもきちんと未経過分が返上乗せされているのなら、安心して愛車を売却することもできますね。ただ、業者によっては、返金分をあいまいにしてしまう業者もいるよう。

きちんと自賠責保険の返金がなされているのか、しっかりと確認をする必要はありそうですね。

また、廃車にすることでも返金を受けることはできますが、自分でこれらの手続きをするには非常に時間をとられることとなってしまいます。

なにより廃車にするしかないような車でも、一括査定を活用すれば値段が付きやすいことも事実。

自賠責保険の返金額も大切ですが、一括査定を活用して、よりお得に愛車を売却してみてはいかがでしょうか。

車買取の一括査定のメリット・デメリット、なぜ高く売れるのか?

こちらの記事もご覧ください。

車を売却する時、自動車保険はいつ解約すればいい?自動的に解約になる?