車の下取り相場価格を知る方法

本田ノリオ
車の買い替えを予定しているのですが、ディーラーに今の車を下取りしてもらうときのために下取り相場を調べておきたいです。下取り相場価格を知る方法を教えてください。
一ノ瀬スバル

車の下取り相場価格を知るには、大手自動車メーカー公式サイトの下取りシミュレーションを利用するといいよ。

自動車メーカーは特約店契約を結ぶディーラーの指導的役割を果たしているので、的確な下取り相場価格を知ることができるんだ。

一ノ瀬スバル

それと、自分の好きなタイミングに利用できるので、リアルタイムで車の下取り相場価格を知ることができるよ。ただし、重要なのはどんな目的で下取りを利用するかということだよ。

下取りの基準や特徴を把握せずに利用すると車を買い替える際に損してしまうことも多いんだ。

一ノ瀬スバル

じゃあ今日は、車の下取り相場価格を知る方法とともに、実際に車を売るときの目的に落とし込み、しっかりと成果を上げられる車の売却方法について紹介しようか。

\100人中80人は知らない/

車の下取り相場価格の調べ方

車の下取り相場価格は、大手自動車メーカー「トヨタ自動車」「日産自動車」の公式サイトで調べることができます。

調べ方は、次の公式サイトをクリックし、「メーカー・車種」「年式」「ボディタイプ」「モデル」「グレード」「仕様」を選択することで簡単に下取り相場価格をチェックできます。もちろん、どちらの公式サイトも全てのメーカー・車種に対応しています。

ただし、自動車メーカー公式サイト以外で紹介されている下取り相場情報には注意が必要です。

例えば、メーカー系ディーラーのサイトで下取りシミュレーションや参考価格、相場価格を紹介していることもありますが、こちらは自社の下取り実績データを分析し、自社を利用する人に対して下取り相場価格を紹介しているだけです。実際はほとんどあてになりません。

自動車メーカーは自社ブランドの自動車を開発・製造することが仕事で、メーカーが直接車を販売することは法律で禁止されています。新車や中古車を販売するのは特約契約を結んだディーラーの仕事です。

自動車メーカー公式サイトの下取り相場価格シミュレーションは、全国の加盟ディーラーの下取り情報を収集分析し算出されたデータですので、的確な下取り相場価格を知ることができます。

車の下取り相場価格を調べる際は、信頼性の高い自動車メーカー公式サイトを利用するようにしてください。

\100人中80人は知らない/

車の下取り価格を決める基準

車を高く売るために、下取り価格の基準と特徴を把握しておくことが大切です。

そもそも下取りの基準は各自動車メーカーで統一されているわけではなく、店舗ごとに違いがあります。下取りはディーラーの特性に特化した内容となっているのが特徴です。

下取りを検討している人は、下取りの基準と特徴を把握した上で自分にとって利益があるのかを考えるようにしましょう。

下取りは買取より低い業者オークション相場が基準

買取店は中古車市場の適正価格を査定基準としていますが、ディーラーは買取店の基準である買取相場よりかなり安いオークション市場の相場を基準としています。

下取り車のほとんどは会員業者のみが参加できる業者オークション(オートオークション)で取り引きしています。

そのため、ディーラーの下取り査定では、自動車価格月報(通称:レッドブック)や中古車価格ガイドブック(通称:イエローブック)といったオークション相場が記されている資料を基に査定価格を決定します。

ディーラーは下取り車から利益を確保しようとは考えていません。下取り車の修理やメンテナンスにかかる費用を最小限に抑えるため、そのままの状態で出品されます。

ディーラーが業者オークションを通じて取引する際、バイヤー(※1)に卸売(※2)することが一般的で、ディーラーが手を加えない下取り車は一定のリスクがある代わりにかなり安い値段で取引されます。

オークションを利用すると高く売れるという誤った情報もありますが、オークションは商品を安く仕入れられることが最大のメリットです。

オークション相場を基準にする下取りは価格に期待できるサービスではないことは言うまでもありません。

車を高く売りたいと考えている人にとって下取りを利用するメリットはほとんどありません。車を高く売って少しでも多く購入費用の足しにしたいと考えている人は買取が最善の方法です。

※1貿易取引をする海外の買い手企業
※2大量に仕入れた商品を小売業者に売ること

\100人中80人は知らない/

下取りの相場はとても曖昧

ディーラーは査定基準そのものがあいまいで明確な下取り相場基準が定まっていません。

下取り価格は新しく購入する車の値引き額に合算されることが多く、詳細な査定見積書が提示されることはほとんどありません。あくまでも下取りは、販売サービスのおまけ的な存在です。

費用負担を少しでも軽減することが目的の下取りと、より高く売れる買取店を見つけることで相場より高額売却できる可能性を広げる買取では、中古車の価値に対する評価の仕方が全く違います。

そもそもディーラーの下取りを利用する人の多くは、査定価格重視ではなく手続きの簡素化が目的です。何よりも、車を高く売りたいと考えている人は、下取りに出してしまうと損することになりますので注意が必要です。

\100人中80人は知らない/

同じ車でも担当者により下取り査定価格は異なる

同じディーラーで同じ車種・メーカーの車を下取りに出しても担当者により査定結果が異なるケースもあります。

ディーラーで新車や中古車を購入する際は、担当となる営業マンが一人付きます。以前から同じディーラーと付き合いがある人は継続して同じ営業マンが担当します。

営業マンと一括りに言っても、役職付きで一定の権限を有すエリート営業マンから何の役職も権限もない一般営業マンまで様々です。

\100人中80人は知らない/

あくまでも下取りは販売サービスの一つです。

エリート営業マンの場合は「本体価格の値引きは○○万円で限界なので、下取り車で○○万円値引きに上乗せしましょう」という風に一存で決定することもできます。

しかし、一般営業マンは自分だけで査定額を決定することはできず、上司に相談して許可を得る必要があります。つまり会社の上層部やエリート営業マンが許可しないと下取り価格を決定することはできません。

担当者の力量次第で下取り査定価格に10万円以上の差が付くケースも珍しくありません。

ディーラーは購入する車の価格やグレードにより担当者を区分する傾向にあります。また、同系列のディーラーでも店舗の規模や地域により力のある営業マンがそろっている店舗もあればそうでない店舗もあります。

担当者により下取り価格が変化してしまうのは、下取りを利用する一つのデメリットと言えるでしょう。

ディーラーの営業マンはこんなことを考えて下取り価格を決める

営業マンが資料を基に下取り価格を提示することも多く、購入する車の価格や継続顧客になりうるのかなど、顧客に応じた態度を取ります。

エリート営業マンが値引きに強いとは言っても、車両本体価格の値引き額は車種やグレードに応じた限度額が定められています。

下取りは値引きではカバーできない部分を補うことを目的としていますが、営業マンが顧客にお得感を与える交渉材料として利用されてしまうのも下取りの特徴です。

また、新車を購入する場合は値引きを大きくできますが、中古車を購入する場合は値引きが小さくなってしまいます。あくまでも下取りはディーラーが特定の自動車メーカーの新車または中古車の購入代金の一部として割り引くことが目的です。

年式が古い、走行距離が多い、人気がないなど、営業マンが売れる見込みは薄いと判断した車には価値を示さないことがほとんどです。

\100人中80人は知らない/

下取りを利用すると高く売れない!

下取り査定では査定額0円(ゼロ査定)と評価されることもよくあります。下取りを利用すると車を高く売れることはまずありません! 反対にマイナスになってしまうことがほとんどです!

下取り査定額が10万円程度の車でも買取店に依頼すると50万円以上で買い取ってくれるケースも多くあります。もちろんディーラーでゼロ査定された車でも価値がないわけではありません。あくまでもディーラーにとっては価値がないだけです。

本来、車を売るとき「自動車税」「自賠責保険料」「リサイクル預託金」は国から還付金として返還されることが義務付けられています。また、廃車にする場合は加えて「自動車重量税」の返還を受けることができますし、鉄くず等(スクラップ)として売却することもできます。

還付金をまとめると10万円以上になるケースも多くあります。つまり、事故車や不動車、故障車など廃車寸前の車にも数万円以上の価値は残っているということです。

還付金は買取価格に加算されるのが一般的ですが、下取りでは手続き・手数料として相殺されることがほとんどです。ディーラーに言われるとそんなものかと納得してしまい、知らずのうちに損をしてしまっている人も少なくありません。

車を高く売りたいのなら、車の価値を正しく評価してくれる買取店に依頼する必要があります。

\100人中80人は知らない/

下取りではゼロ査定されることも多い!

車買い替えの際に今まで乗っていた車を下取りに出してしまうと、買取相場に比べてかなり安い値段で引き渡さなければなりません。実は、安い値段が付くどころか下取り査定を受けた結果、0円と評価されることも多いです。

ゼロ査定と評価された人の中には、後から気になって一括査定を利用して査定額を調べてみると○○万円で売れていたという驚愕の事実を知ったという人も珍しくありません。

下取りを利用すると、「新しい車にスムーズに乗り継げる」「ディーラーの担当者との仲を継続できる」というメリットがありますが、車を売ることに関してはディーラー下取りを利用するメリットはありません。

車を高く売ることで、次に買う車の購入費用に多く充てたり、ドライブ計画を立てたりと、新しい車購入後も金銭的な余裕が生まれます。

高く売れるはずの車をディーラーの下取りに出してしまうと結果的に大きく損をしてしまいます。

今乗っている車を売って新しい車を購入する際に、自分にとってどちらを利用した方が得するのかをはっきりさせることが大切です。

車を高く売るには買取業者に依頼することが必須

新しい車に乗り換える際「車を高く売りたい」と考えるのは皆同じです。下取りと買取の違いや仕組みを把握していない人の多くは、下取り相場価格=中古車の買取相場価格と誤解していることが多いですが、実際は全く違います。

下取りより買取を利用した方が良い結果になる理由は「車を高く売れること」です。買取店では査定無料が基本ですが、ディーラーの下取り査定を利用すると査定料が発生することも多いです。

車買取店では、ディーラー下取りにはない「インターネット無料査定」や「無料出張査定サービス」、「即日現金払いサービス」などといった魅力的なサービスが用意されていることがほとんどです。

下取り査定は出張査定に対応しておらず店舗まで車を乗って行き査定を受ける必要があります。買取と下取りの仕組みや特徴を比較すると、それぞれの特性が自然と見えてきます。

ディーラー下取りを利用した方がいいのか?車買取店に買取依頼した方がいいのか?悩んでいる人は買取を選択した方が確実に多くのメリットを得られるでしょう。

\100人中80人は知らない/

下取りと買取の違い

下取りと買取を同じようなサービスと思っている人も少なくありません。実際は、「販売サービスの一環である下取り」と「中古車の買取に特化したサービスの買取」という正反対のサービスです。

車を売ることに関して、下取りと買取の大きな違いは「中古車買取後の販路」です。販路は中古車を高く買い取るために欠かせない要素です。

買取店は、買取利用者の「車を高く売りたい」というニーズを満たすため販路の構築や開拓に力を入れており、店舗販売、海外販路、オークションなど多彩な流通ルートを確立しています。

一方、ディーラーは下取り車の販売に消極的で、下取り車のほとんどを業者オークションに流して元手を回収します。

車を売ることに特定していえば、買取を利用するメリットはたくさんあります。しかし、下取りにはデメリットしかありません。極端に言えば、買取は優良店を選びさえすれば相場以上に高く売れるけど、下取りで車を高く売れることはまずありません。

下取りは自動車メーカー全体で一定の基準が設けられています。そのため依頼するディーラーが違っても価格差は少ないです。

買取では各買取店が独自の基準を設けています。依頼する買取店によって高く売れるお店もあればそうでないお店もあります。依頼する買取店により買取価格に大きな差が生まれるケースも珍しくありません。

今の車を高く売って次の車の購入費用に多く充てたい、新しい車にスムーズに乗り継ぎたいなど、車を売る目的により買取と下取りのメリット・デメリットが大きく違ってきます。

下取りと買取どちらを選べばいいのかは、自分の目的に応じて効果的な方法を選びましょう。

車の買取相場はどうやって決まる

車の買取相場はそれぞれの買取店によって様々です。そもそも各買取店は利益に基づいて独自の買取基準を設けています。ネットで見る買取相場の情報は系列店または自社の買取相場であることがほとんどです。

車種・メーカーや年式、走行距離など一定の基準は定められていますが、車買取業界全体で適性な買取相場は定まっていません。

たとえ全国に数百店舗を展開する大手買取店でも、店舗ごとに運営する会社は異なりますので、店舗ごとに買取相場は異なります。

車買取店は、販路から生み出せる利益に基づいて買取基準を設定し、蓄積した買取実績のデータから相場を算出します。買取相場を調べるには各買取店の「買取実績」を見て判断することが一番適切です。

\100人中80人は知らない/

優良店に依頼すれば車の状態に関係なく高く売れる!

中古車買取業界の中でも多くの優良店が持つ強みは「海外販路」です。現在では、グローバルに活躍する車買取店も多く存在します。海外販路を確保している買取店に依頼することで車の状態に関係なく高く売れます。

海外では中古車が大人気です。特に、東南アジア、中国、欧州、南米など発展途上国からの需要が高く、毎年100万台以上もの日本製中古車が世界中に輸出されています。

日本では価値がなく、高く売れるはずがないと諦めてしまうような低年式車や過走行車、事故車、故障車等でも、海外市場では日本の相場以上に高値で取引されています。

日本製中古車が海外で大人気の秘密

日本車は世界トップレベルの技術力を誇っています。海外で日本製中古車が人気の秘密は耐久性や燃費性に優れていることだけではありません。

日本から輸出されてくる中古車のほとんどは、世界一厳しいと言われる車検制度をクリアしていることから品質が保証されています。

さらに時期尚早に売却されていることも重なり、耐久性の高い日本車は故障の頻度が極めて低いなど、日本製中古車の価値を高める様々な要因があります。

海外では走行距離30万㎞以上、20年以上、車を使用することが一般的です。日本では10年10万㎞が寿命と言われていますが、これは車そのものの寿命ではなく、性能を保てる一定の基準として用いられています。

日本で低年式車や過走行車と定義される中古車でも海外ではとても人気があります。また、修理やメンテナンスに部品取り車も多く必要とされていますので、事故車や故障車にも需要があります。

\100人中80人は知らない/

高く売るには複数の買取店の査定価格を比較する

車を高く売るには複数の買取店の査定価格を比較する作業が欠かせません。中古車買取サービスを提供する車買取店では、他店より高く買い取ることに力を入れており、競合他社との差別化と自社の強みを明確にしています。

会社規模や優れた販路の確立、自社整備工場と部品供給ルートの確立、サービスの充実度、マージン不要など買取店ごとに強みは様々です。

依頼する買取店が違うだけで査定額に十万円以上の差が出ることも珍しくありません。高額売却を有利に進めるためには、複数の買取店から査定価格を比較して、優良店を見つける作業が必ず必要になります。

\100人中80人は知らない/

車が高く売れる時期とタイミング

ポイント
3月が一番高く売れる!

中古車の価値は「需要(使用価値)と供給(交換価値)のバランス」により変化します。そのため、中古車の流通量が増加する時期は買取相場が上がります。

中古車の買取相場が上がる時期は、決算や新生活のスタートなど消費者の購買意欲が1年で最も高まる3月です。他にも、7月や9月、10月など中古車が多く売れる時期は車が高く売れやすい時期です。

ただし、車が高く売るために、時期とタイミングを選ぶ場合は注意が必要です。車を売るタイミングを見誤ると売却後に後悔することになりかねません。

自分の車が最も高く売れる時期とタイミングを見極めて、効率的に高額売却できるよう準備しておきましょう。

車を売りたいと思ったときがベストなタイミング!

車を高く売れるベストな時期は「車を売りたい」と思ったタイミングです。

中古車の買取相場が上がる時期に車を売って、少しでも高い値段で買い取って欲しいと考えている人も多いですが、実は車を売る時期を遅らせることでマイナスになる可能性が高まってしまいます。

というのも、査定ポイントの中に「年式」と「走行距離」という重要なチェック項目があり、売るタイミングが1ヶ月ずれるだけで5万円以上査定額がマイナスになることもあります。

また、高く売れる時期まで待っていると、車に不具合が発生することもありますし、事故被害に合うリスクがゼロとも言い切れません。

1年を通して高く売れる時期もありますし、高く売れる時期に売った方が良いいと紹介している車買取サイトも多いですが、実際は車を売るタイミングを遅らせるデメリットの方が大きいです。

高く売れる時期に車を売っても査定額が10万円以上アップすることはありませんが、今よりマイナスになることはあります。

もちろん、車を売ろうと考えたタイミングが中古車市場の繁忙期の間近であれば、少し待っていた方が高く売れますので待ちましょう。

しかし、高く売れる時期と1ヶ月以上違うときは車を売ろうと思ったときがベストなタイミングということを覚えておきましょう。

\100人中80人は知らない/

車を一番高く売るには一括査定が最適!

ポイント
一括査定を使えば高く売れる!

車一括査定の最大のメリットは「車を高く売れる」ことです。

一昔前までは、近くの買取店を回って少しでも高く買い取ってくれる店舗を探す方法しかありませんでした。この方法では、移動や査定に時間を取られてしまいますし、選べる買取店の幅はかなり限定されてしまいます。

ネットの普及により選べる買取店の幅が全国に広がり、いつでもどこでもネット査定を利用できるようになりました。

選べる買取店の幅が増えたことで高く売れる可能性も高まりましたが、一方で、数多くの買取店の中から一番高く売れる優良店を探す必要が出てきました。

そこで登場したのが一括査定です。最近では、車を高く売れる優良店を効率的に見つけられる一括査定が主流となっています。ただし、一括査定の本当のメリットを得るためには注目すべきポイントがあります。

一括査定のメリット・デメリットを把握しておくことで、一括査定の成果を最大限に引き出すことができます。

車一括査定を利用するメリット

車一括査定のメリットは、車を高く売れることはもちろん業界最高額も狙えることです。一括査定を利用すると一つの窓口で優良店に一括して査定をかけられます。そのため、買取相場より30万円以上高い買取価格で契約が成立するケースもあります。

自分で一番高く売れる買取店を探すため、多くの手間と時間を費やしても良い結果が得られる保証はありません。

買取店ごとに高額買取を得意とする車種・メーカーに違いがありますし、中古車買取市場は業界内の競争が激化しています。そのため優良店と言っても買取価格に大きな差が出ることもあります。

一括査定の運営会社は様々なデータに基づき最も旬な優良店をリアルタイムで厳選することで、どんな車種・メーカーにも高額査定できることが特徴です。

一括査定では、中古車を高額買取できる様々な機能が査定システムに盛り込まれています。

\100人中80人は知らない/

車一括査定の一番の強みは同時査定をかけられること

一括査定が数多くのユーザーから支持されている理由は、複数の優良店から査定を受けられるだけではなく、利用するだけで「同時査定」をかけられ査定額が吊り上がるためです。

一括査定では、優良店各社に同タイミングで査定をかけ、一括査定から申し込まれたことが通知されます。当然、申込者との交渉権や買取権を確保するのは一番高い査定額を提示した買取店のみです。

一括査定システムの同時査定によるメリットは、通常の査定で提示する価格ではなく、各社が上限ギリギリの査定額を出し合って競い合います。

自分だけで中古車買取市場のあらゆるデータを収集分析し、優良店を厳選できたとしても各社に同時査定をかけて業者間で競わせることはできません。

もちろん、同じ場所・時間に複数の買取店から査定を受けると各社に競争させることもできますが、交渉力が必要になりますし、同じタイミングで呼べる買取店には限りがあります。

つまり、一括査定を利用すると通常の買取相場を上回る高額売却が可能ということです。

車一括査定を利用するデメリット

車一括査定は、複数の買取店への査定を一括できるシステムがデメリットとなり得ることもあります。車一括査定のデメリットと言われているのが「迷惑電話」です。

一括査定を利用すると買取業者から一斉に営業電話がかかってくるという情報が出回っていますが、実は各社と価格交渉するためにあえて設けられたサービスです。

そもそも、一括査定の査定結果の通知方法は「電話」と「メール」の選択方式が採用されていることがほとんどです。

各社と価格交渉したい人は電話、どれだけ高く売れるのか査定額だけを知りたいという人はメールという風に自分にとって最適なものを選択することができます。

一括査定の仕組みさえ理解しておけばデメリットはありません。車を高く売るためだけに活用できます。

\100人中80人は知らない/

まとめ

今回は、車の下取り相場価格を知る方法と、しっかりと成果を上げられる車の売却方法について紹介してきました。

購入者から今まで乗っていた中古車を引き取るサービスで、下取り価格が重要ではなくスムーズな乗り継ぎに重点を置いています。

下取りを利用すると車を高く売れず損をしてしまうのが実情です。車を高く売るには買取を利用する必要があり、優良店を厳選することで相場以上の高額売却も可能となります。

特に、一括査定は車を高く売りたいと考えている人にとってメリットがとても大きいサービスです。

もちろん一括査定は何度利用してもOKですし、料金が発生することもありません。一括査定を利用すると誰でも簡単に数多くの車買取店の中で一番高い見積りを提示する優良店を見つけることができます。

自分の車がどれだけ高く売れるのか調べたい、今の車を高く売って新しい車の購入費用に充てたいという人は、車の一括査定はぜひ利用してみてくださいね!

\100人中80人は知らない/

車買取一括査定サイト

一ノ瀬スバル
僕が特におすすめできる一括査定サイトをご紹介します。 複数サイトに登録しておいた方が、多くの業者で価格競争をさせることができるので高額査定に結びつく確率がアップするよ!

  • 一位かんたん車査定ガイド

    ポイント!

    • 査定申込後、1秒で相場価格表示
    • 最大見積数 10社
    • JADRI加盟の優良企業だけが参加しているので安心
    • 上場会社が運営の査定サービス

    「ガリバー」「カーセブン」「アップル」「ビッグモーター」「カーチス」などの大手買取業者を含んだ最大10社からの査定額を1度に知ることができます。

    登録業者は多いですがどこも実績のあるところばかりなので特に安心感の高い一括査定サービスです。

    愛車を最高額で売りたいのなら「かんたん車査定ガイド」と「楽天・中古車買取査定」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    公式サイトへ
  • 二位楽天・中古車買取査定

    ポイント!

    • 最大見積数 9社
    • 大手買取業者が中心に加盟している安心感
    • 安心の楽天サービス
    • 売却成立で楽天ポイント1,500Pがもらえる

    知名度抜群の楽天が運営するサービス。35万円高く売れているケースもあります。売却成立で1,500楽天ポイントもらえます。

    愛車を最高額で売りたいのなら「楽天・中古車買取査定」と「かんたん車査定ガイド」の両方に登録しておけば間違いないですね。

    公式サイトへ
  • 三位ユーカーパック

    ポイント!

    • 最大2,000社の買取店が入札
    • オークション形式だから最高額がでやすい
    • 電話連絡はユーカーパックとだけ、対応はラク
    • ガソスタで1度査定すればOK

    一度の査定で最大2,000社が入札するので本当の最高額がわかります。ユーカーパックで35万円高く売れているケースもあります。最後の最後、お試しで価格を調べたいときにおすすめ!

    公式サイトへ